• TOP
  • FASHION
  • 「インコテックス」と「PT01」は、なぜお洒落な大人たちに支持され続けるのか?

2018.06.05

「インコテックス」と「PT01」は、なぜお洒落な大人たちに支持され続けるのか?

オトコのファッションは、パンツ選びこそがキモである。それを教えてくれたのがインコテックスでした。そして、そのパンツ選びの選択肢を広げてくれたのがPT01。押しも押されぬ地位を確立した両ブランドの魅力を、改めて紐解いてみましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

イタリアを代表する、いや、もはや世界屈指のパンツ専業ブランド

かつてイタリアは、フランスをはじめとしたヨーロッパにおけるファクトリーでした。名だたるビッグメゾンのOEMなどで培った技術力をもって、自らがブランドとして打って出たのが1970年代のこと。1972年に第1回目が開催されたピッティウォモは、まさしくその転換期です。そしてその後のイタリアブランド躍進を牽引してきたのは、専業ブランドといえるでしょう。

イタリアには多くの専業ブランドがありますが、なかでも注目されているのがパンツ専業ブランドではないでしょうか。皆さんお馴染みの「インコテックス」と「PT01」がまさにそう。両ブランドがなんたるかを、今更説明する必要もないでしょう。オトコの美脚スラックスにおける2大巨頭です。

パンツ専業としては1970年代からですが、ファクトリーとしては1951年から歴史を紡ぐ老舗のインコテックス。PT01は、トリノで4代続く生地メーカーの名門コーベル社のブランドで、ブランド創業は2008年。クラシック一辺倒だったドレスパンツ事情に、トレンド性を求めることで革命を起こしました。

両者の性質は異なりますが、イタリアひいては世界的なメンズのパンツ事情の今昔において、それぞれがベンチマークとなっていることは共通しています。

また、当たり前ではありますが、パンツ専業ブランドだけあって美しいシルエットとはき心地は他を圧倒します。ストレッチ素材やゆったりシルエットなど、さまざまな楽ちんパンツが今トレンドですが、本当の楽ちんパンツとは、仕立てや素材にとことんこだわった、この2ブランドのパンツなのではないでしょうか。

NEXT PAGE2/ 5

インコテックスの魅力に迫る!

◆ インコテックス 

今あるオトコの美脚パンツという概念は、ここが作った!

インコテックス 工場内観
1951年にイタリアのヴェネチアで創業。パンツ専業となったのはもうすこし後になってですが、パンツ作りにおいては60年以上のキャリアを誇ります。つまり、イタリアのクラシックなドレススラックスにおける、指針となるブランドといって良いでしょう。

同ブランドの魅力は、何と言ってもオトコの脚を美しく見せるパターンの巧みさ。なかでも、モデルJ35は、下がり気味で横に広がる日本人のヒップをコンパクト&立体的に見せ、さらにストンとシャープに落ちるテーパードシルエットによって脚長効果を発揮。ビジネスジャケパンの下支えにおいて同モデルを紹介する際には、不動・懐刀・鉄板・大定番といった絶賛の言葉が並びます。
インコテックス 工場内観
一方で、昨今はカジュアルパンツにも注力しており、ストレッチ生地やドローコードのイージーパンツなど、楽ちんスラックスのラインナップも充実。カジュアルラインとなるインコテックス レッドとともに、メンズパンツ全般で支持を拡大しています。

まぁざっくり言えば、どんなスタイルにおいても「ここの1本を買っときゃ、まず間違いない」、そんなブランドといって良いでしょうね。

NEXT PAGE3/ 5

インコテックスのおすすめはこの3本

パンツ3万6000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
3万6000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
30や36といった名モデルも捨てがたいですが、日本人の体型に最もフィットするモデルといえば、やはりN35です。立体感に欠け横に広がり気味な日本人特有の平尻を美しく見せるヒップ周りや、テーパードを効かせたスマートなシルエットが、オトコの美脚パンツの火付け役となりました。
パンツ3万4000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
3万4000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
ドレススラックスにおける不動の地位を築きながらも、カジュアルパンツでの実力も高いインコテックス。こちらの1本は、ストレッチ生地とシャーリングウエスト、そしてテーパードによって、楽ちんなはき心地と洗練されたはき姿をともに楽しませてくれます。
パンツ3万7000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
3万7000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
こちらも、すっきりとまとまったテーパードシルエットが見どころ。ストレッチを効かせた生地は、薄手でドライな質感に。メランジ調のネイビーとともに、夏コーデに打ってつけの1本です。ゴムを内蔵したシャーリング仕様のウエストも、イージーなはき心地を提供します。

NEXT PAGE4/ 5

PT01の魅力に迫る!

◆ PT01 

パンツはイタリア、それを改めて世に証明した革命児

PANTALONI TORINO。創業地であるトリノの名を冠したPT01。もちろん01は、ナンバー1を目指すという意思の表れです。ブランド創業は2008年と、インコテックスと比べれば後発。しかし、その母体となるコーベル社は、トリノで4代も続く老舗の生地メーカー。しかも、その同社の元でPT01を設立したマリオ・ステファノ・マラン氏は、元々インコテックスのマーチャンダイザーだった人物です。ブランド設立自体は新進でありながらも、そのバックボーンには確かな経験があったのです。

ちなみに写真のイケメンは、ファッション業界ではお馴染みのドメニコ・ジャンフラーテ氏。現在、PT01のディレクターを担当しており、人気のジェントルマン フィットなども彼に替わってから生まれたフィッティングなんです。
イタリアンパンツの素晴らしさをまず世に知らしめた第1世代がインコテックスなら、PT01はそれをさらに広めた第2世代と言えるでしょう。クラシックなドレススタイルから大胆に転換し、トレンド性を色濃く反映したデザインによって、今にある「パンツはイタリアブランド」という確固たる地位を決定づけたと言えます。もちろん、クラシックスタイルが不得手というわけではなく、正統派のスラックスも人気。インコテックス同様に、幅広いスタイルの提案を楽しませてくれています。

生地メーカー発らしく、遊び心のある表地や裏地もPT01の見どころ。リゾートスタイルが注目される今シーズン、楽ちんにして見栄えする1本を探すなら、ここは大いに頼りになるところです。

NEXT PAGE5/ 5

PT01のおすすめはこの3本

パンツ3万9000円/PT01(PT JAPAN)
3万9000円/PT01(PT JAPAN)
スキニーフィットやエヴォフィット、コヴァフィットなど、数種類のフィットを揃えるPT01。昨年にデビューしたのが、このジェントルマンフィットです。特徴は、クラシックトレンドを鑑みた、プリーツやゆとりをもたせたテーパード。旬なシルエットをいち早く提案するPT01らしさが、まさしく現れたフィットです。
パンツ3万7000円/PT01(PT JAPAN)
3万7000円/PT01(PT JAPAN)
ゆとりをもたせたウエスト&ヒップ周りながら、テーパードを効かせることですっきりとしたシルエットを構築するプレッピーフィット。ポリエステルにウールやリネンなどを混紡したストレッチ生地やドローコードとともに、夏の楽ちんスラックスとして重宝します。
パンツ3万6000円/PT01(PT JAPAN)
3万6000円/PT01(PT JAPAN)
こちらも、ゆとりのあるヒップ周りとテーパードが特徴のプレッピーフィット。さらに2プリーツ仕様にすることで、ヒップから裾にかけてのテーパードラインが強調されています。千鳥格子を採用した生地が、夏のリゾートカジュアルにマッチします。

■ お問い合わせ

スローウエアジャパン 03-5467-5358
PT JAPAN 03-5485-0058

ゴルフパンツが気になった方は、こちらもおすすめ!

まだ無理して硬いの穿いてます? 今はデニムも楽ちんの時代です!
ストレッチが効いてて美脚も叶う楽ちんデニムをご紹介。

ゴルフブランドのパンツがダサい時代は終わったんです!
イマドキのゴルフパンツはお洒落で美脚が当たり前!

穿いても楽ちん、出張&旅行も楽ちん、なパンツって何?
渡航先でシワなく使え、パッカブル機能を有したギミック付きのハイテクパンツ5選!

きっちり見えて、実は楽ちん!な万能パンツの秘密とは?
快適かつスマートに見える、夏のビジネスパンツの決定版!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事