• TOP
  • FASHION
  • 大人のスニーカーは白と黒だけあればいい!?

2018.05.13

大人のスニーカーは白と黒だけあればいい!?

やんちゃな足元に欠かせないものといえば、軽快で若々しい雰囲気を醸し出してくれるスニーカー。なかでも大人にオススメなのが、リッチな白と黒のソレなのです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・渡辺修身 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/竹内虎之介、竹石安宏(ともにシティライツ)、いとうゆうじ、持田慎司 イラスト/SHIGEO SUZUKI(LAKE TAJO) 協力/アフロ

2018年6月号より

必要なのはリッチな白と黒

やんちゃな着こなしの足元に欠かせないのがスニーカーは、軽やかさを代弁してくれる定番アイテム。なかでも汎用性が高くて、都会的にも映る白と黒の配色のものがオススメです。

ひとつだけ注意していただきたいのが、一目で上質さが伝わるものを選ぶこと。"使える"からこそ愛用者が多いこの手のアイテムでは差別化を図るのが重要ですから。カジュアルなアイテムこそリッチさを忘れないのが大人の心得というわけです。

◆ エルメス

さり気ない"H"のあしらいに注目

シューズ11万円/エルメス(エルメスジャポン)
11万円/エルメス(エルメスジャポン)
『オリンピック』と名付けられた本作は、キメの細かなシボ革の上質さを生かすべく、デザインはすこぶるシンプルに。ですが、両サイドにはさり気なくブランドの頭文字である“H”マークが配されていて、絶妙な塩梅なんです。

◆ ルイ・ヴィトン

懐かしいのに新しいバッシュ型

シューズ8万7000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
8万7000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
往年のバスケットシューズを彷彿とさせるデザインながら、ヒール部分にはブラック&グレーのモノグラム・エクリプス キャンバスをあしらい独自性と新鮮味を表現。スムースレザーのクオリティも上質の極み。

NEXT PAGE2/ 3

大人のスニーカーは素材に着目!  

Point 1 

“素材でリッチ”

クロコなどのエキゾチックレザーでリッチ感を演出するのは、モテる大人の常套手段。もちろんこの手法は今回のスニーカーにも当てはまります。

◆ サントーニ

アイコンモデルに極上のクロコをのせて

49万4000円/サントーニ(リエート)
49万4000円/サントーニ(リエート)
シンプルなデザインで絶大な人気を誇る同社のコートシューズタイプのスニーカーに、斑の美しい厳選したクロコダイル素材をオン。ソールまでホワイトに統一したミニマルを極めた設計だからこそ、極上エキゾチックレザーの存在感が一層際立つのです。

◆ ジャンヴィト ロッシ

イタリアの最高峰靴ブランドによる自信作

レザースニーカー6万9000円/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィトロッシ ジャパン)
6万9000円/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィトロッシ ジャパン)
余計なデザインを削ぎ落とした上品なレザースニーカーは、アッパーのブラックパテントレザーとホワイトソールのコントラストがモードな雰囲気。水を湛えたような光沢がラグジュアリーな足元を叶えます。

NEXT PAGE3/ 3

さりげに凝ったデザインも差別化に効きます 

Point 2 

“デザインでリッチ”

さりげなく凝ったデザインもスニーカーをリッチに魅せるポイント。メタルパーツのあしらいや、手の込んだ設計もスニーカーを格上げしてくれます。

◆ ジュゼッペ ザノッティ 

十八番のファスナー使いがリッチです

スニーカー9万6000円/ジュゼッペ ザノッティ(ブルーベル・ジャパン)
9万6000円/ジュゼッペ ザノッティ(ブルーベル・ジャパン)
アッパーのソフトな質感のシボ革もシューレースも、そしてアウトソールまで、すべてをオールブラックで統一。両サイドとヒール部分にあしらったシルバーのファスナーが漆黒のボディに都会的な洗練を添えています。

Technique 

ローカットとハイカットで裾にはひと工夫しましょう

左●靴4万円/ルコライン(ルコライン銀座並木通り)、パンツ2万円/ジェルマーノ(エディフィス丸の内)右●靴10万3000円/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィトロッシ ジャパン)、パンツ2万9000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール)
たわみのない裾と靴の隙間がやんちゃな感じへの近道です。ローカットを履く場合は、パンツは定番の9分丈でくるぶし見せを。一方ハイカットはそれよりもやや短めな8.5分丈にすると軽やかにキマリます。

■ お問い合わせ

エディフィス丸の内 03-6212-2460
エルメスジャポン 03-3569-3300
ジャンヴィトロッシ ジャパン 03-5413-3708
バインド ピーアール 03-6416-0441
ブルーベル・ジャパン 03-5413-1050
リエート(サントーニ) 03-5413-5333
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854
ルコライン銀座並木通り 03-5250-8880

「大人のスニーカー」が気になった方は、こちらの記事もどうぞ

黒のシャカシャカアイテムでスポーティスタイルに差がつく!
スポーティアイテムの人気が高まる昨今。オールブラックでキメるとどことなく不良(ワル)さ漂うスタイルになり、簡単に差別化が図れるのです。

春夏こそ履きたいちょい派手スニーカーは、他にはないコラボが狙い目!
派手スニーカーもコラボものなら大義名分が立ちますから、大人でも思いっきり楽しめるのです。

いま、レトロ顔スニーカーが注目されるわけ!?
洒落者たちがいま改めて注目しているのは、往年のヨーロピアンブランドが得意としたレトロデザインスニーカーです。

本誌6月号では、大人カジュアルの最新情報をまだまだご紹介中! チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事