• TOP
  • FASHION
  • Adelaideclassifieds推奨! “淡色サングラス”は、コラボでさらに進化中?

2018.05.12

Adelaideclassifieds推奨! “淡色サングラス”は、コラボでさらに進化中?

サングラス日よりが続く毎日。ってことで今買うべきサングラスをご紹介しますが、選ぶべきは一択! ずばり“淡色サングラス”。しかもコラボもの! トレンド感も個性もアピールできる一本ゆえ、ぜひ夏に向けて新調してくださいまし。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/西原智美

色気とヌケ感がともに漂うイチオシのサングラス!

5月だというのに日差しの強い夏日が続き、Tシャツ一枚で外出って人も多いかと。そうなってくるとサングラスの登板も思いのほか早くなってくるわけでして。もちろん去年まで使っていたサングラスがダメってわけじゃありませんが、サングラスにもトレンドがあり、一本くらいは今年も買い足してほしいところ。

で、今年新調するのであれば、Adelaideclassifiedsでもイチオシしている淡色サングラスがおすすめ。もはや説明不要かと思いますが、フレームもしくはレンズがほんのり透けているものをAdelaideclassifiedsでは“淡色サングラス”と呼んでおります。微妙に見える目元がミステリアスかつ色っぽく、さらに程よいヌケ感までも漂う、モテるオトコにうってつけの一本なんですよ、これが。

ですが、この淡色サングラス、昨年からかなりの人気で、各ブランドがこぞって展開しているんです。となると、人とのかぶりがお気に召さない一歩先行くオトナには物足りない。そこでおすすめするのが、コラボレーションモデルです。淡色サングラスというトレンド感がありながらも、コラボならではの他にはない個性が満載。中でもAdelaideclassifieds.JPおすすめの7本を厳選しましたので、ぜひトライしてみてなくださいまし!

NEXT PAGE2/ 4

ウブロ、ロシニョールとコラボしたのは?

ウブロ×ルビナッチ×イタリア インディペンデント

12万円/ウブロ アイウェア バイ イタリア インディペンデント(イタリア インディペンデント ジャパン)
12万円/ウブロ アイウェア バイ イタリア インディペンデント(イタリア インディペンデント ジャパン)
2014年からタッグを組み始め、これまで数々のコラボサングラスをリリースしてきた「イタリア インディペンデント」と「ウブロ」。この春の新作では、両者だけでなく、ナポリの名門サルトリア「ルナビッチ」が加わったトリプルコラボが登場しました。ルビナッチのアーカイブであるレトロなチェック生地を風防に採用しているのがポイント。個性的なサングラスですが、着脱可能な風防を取り外せば、シートメタルにフラットレンズのトレンド顔に早変わりします。

ロシニョール×イタリア インディペンデント

サングラス4万4000円/ロシニョール アイウェア バイ イタリア インディペンデント(イタリア インディペンデント ジャパン)
4万4000円/ロシニョール アイウェア バイ イタリア インディペンデント(イタリア インディペンデント ジャパン)
淡いグラデーションのレンズが大人の色香を漂わせる、イタリア インディペンデントとロシニョールのコラボ。プラスチックフレームとラバーテンプルというスポーティな仕様に加え、赤と青のメタルハイブリッジを採用することで、さらにロシニョールらしさを漂わせています。ヒンジ部分に埋め込まれたメタルパーツにも、赤と青に着色され、サイドからチラッと見えるエスプリの効いた色使いもさすが。フランス生まれのロシニョールならではの、さり気ない遊びが大人の目元にちょうどいい。

NEXT PAGE3/ 4

メタルフレームならこの3本

ザ・ロウ×オリバーピープルズ

サングラス4万4000円/オリバーピープルズ×ザ ロウ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)
4万4000円/オリバーピープルズ×ザ ロウ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)
オルセン姉妹が手掛ける、ロス発のファッションブランド「ザ・ロウ」と、お馴染みオリバーピープルズとのコラボ。こちらの「NIGHTTIME」と呼ばれるサングラスは、2016年に発表された第一弾のコラボ作をツーブリッジにアレンジしたもの。オリバーピープルズが得意とするクラシカルなボストンシェイプに、ヴィンテージ感のあるガラスレンズを採用。ブリッジとテンプルに直線的なエングレービングを施すことにより、レトロなのにどこかエレガントな一本に仕上がっています。

ボリス・ビジャン・サベリ×ディータ

サングラス9万円/ディータ×ボリス・ビジャン・サベリ(ディータ 青山本店)
9万円/ディータ×ボリス・ビジャン・サベリ(ディータ 青山本店)
大人にこそ似合うスタイリッシュなアイウエアを手がけるディータがコラボをしたのは、「ボリス・ビジャン・サベリ」。欧州のエレガンスと中東のエキゾチズムを融合させた独特な世界観が人気の、スペイン発のファッションブランド。このサングラスは登山用のフレームを最先端の技術で再構築し、ボリス・ビジャン・サベリのアバンギャルドな感性を体現させた個性的な一本。フレームはチタン製で、テンプルは伸縮式と構造も独創的です。

メゾン マルジェラ×マイキータ

サングラス5万9000円/マイキータ + メゾン マルジェラ(マイキータ ジャパン)
5万9000円/マイキータ + メゾン マルジェラ(マイキータ ジャパン)
アイウエア好きには定番ともなったマイキータ×メゾン マルジェラ。これみよがしにブランドを主張しないという美意識はこれまで同様。素材の持ち味を生かすため無駄な装飾を省いたシンプルさが魅力です。こちらの「ESSENTIAL」シリーズの「MMESSE020」もシンプルなデザインながら、ステンレス製スチールを採用したレモンのような形のシェイプがノーブル感を漂わせます。ベージュのフレームと淡いピンクのレンズは、日本人の肌色にも馴染みやすい色なので、淡色カラーレンズ初心者の人にもおすすめです。

NEXT PAGE4/ 4

フレームも淡色

メゾン マルジェラ×マイキータ

サングラス5万9000円/マイキータ + メゾン マルジェラ(マイキータ ジャパン)
5万9000円/マイキータ + メゾン マルジェラ(マイキータ ジャパン)
こちらもメゾン マルジェラ×マイキータ。「RAW」シリーズは、アセテートフレームの磨き工程を省き、ザラザラした質感をあえて残したヴィンテージ感のあるコレクション。新作となるこちらの「MMRAW008」は、クリアフレームと淡色カラーレンズが軽快な一本。ともするとチープになりがちなクリアフレームですが、荒削りな質感をそのままにすることで、軽快さは残しつつも味のあるこなれた印象を与えてくれます。形はベーシックなウェリントンながら、断面をすべて直線的にすることで新鮮なフォルムに。

サイ マーカンタイル×ルイス フレデリックス

サングラス5万円/ルイス フレデリックス×サイ マーカンタイル(サイ マーカンタイル)
5万円/ルイス フレデリックス×サイ マーカンタイル(サイ マーカンタイル)
2014年にニュージーランドでスタートしたアイウエアブランド「ルイス フレデリックス」。フレームに使われているのは高級素材ナチュラルホーンですが、牧畜が盛んな地の利を生かして、家畜や水牛などのリサイクルホーンを採用。ナチュラルホーンなのに5万円台という破格が実現しているのです。製造はすべて職人によるハンドメイドで、ホーンの柄や色をそのまま生かしているため、同じ型でも微妙に表情が異なるのも魅力。このブロンドホーンは光の加減で表情が変わるため、その微妙なニュアンスが艶っぽさを醸し出します。

■ お問い合わせ

イタリア インディペンデント ジャパン 03-6427-9141
オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5766-7426
サイ マーカンタイル 03-5414-3531
ディータ 青山本店 03-6433-5892
マイキータ ジャパン 03-3409-3783

サングラスのコラボが気になった方は、こちらもおすすめ!

ロスで話題の「ビルケンシュトック」×「リック・オウエンス」が日本で買える?
定番の3モデルに“微かな表現”を加えた個性的な数量限定コラボ。

歴史ある工芸品とファッションが融合した「ビームス ジャパン」の魅力とは?
コラボ相手はニッポン! ファッション、カルチャー、伝統工芸まで。

スニーカーもいいけど、大人のコラボならドレスブランドは欠かせない!
大人が喜ぶ、ビームスFのコラボをご紹介。

90年代リバイバルで再ブレイクしたブランドをコラボで今どきに!
ディッキーズ、チャンピオン、イーストパックにセントジェームのコラボは必見!

チャリ通勤に最適? Boaシステム搭載の大人のビジネスリュック
ポーターとデサント オルテラインのコラボは機能満載で楽ちん!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事