• TOP
  • FASHION
  • 人気のBEAMSコラボ! 得意のアウトドアブランドに注目!

2018.04.30

人気のBEAMSコラボ! 得意のアウトドアブランドに注目!

今では毎シーズンの定番となったセレクトショップのコラボアイテム。なかでも今年で42周年を迎えたセレクトショップの雄、ビームスはコラボアイテムの数がハンパない! そんなビームスが今シーズンリリースした、注目コラボをチェック。なるほど、秀逸アイテムばかりです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/安岡将文

今では耳馴染みのある、コラボレーションという言葉。毎シーズン、その登場を待ちわびている人も多いでしょう。ブランド同士のコラボも注目ですが、各セレクトショップが別注をかけたアイテムも面白いものが目白押し。なかでもビームスが手がけるコラボーレーションは毎年数え切れないほど。そのどれもがブランドの個性を引き立たせ、なおかつビームスらしさもある、ファッション好きにはたまらないものばかりなんです。
※参考商品
そんなビームスの初期のコラボアイテムを発見。もちろんすでに販売はされておりませんが、こちらは1999年に発表されたワイルドシングス×ビームスのシェル。いまでは当たり前となったセレクトショップとアウトドアブランドとの合作ですが、ビームスは20年近く前から実現していたんですね。特徴は、クレイジーカラーを採用した大胆なカラーリング。ブランドではなく、ユーザーの最前線にいるセレクトショップが発信する斬新な発想は、当時実に革新的でした。ビームスのコラボ=クレイジーカラーと現在に定着しているのが、何よりの証拠です。

創業42周年を迎えた今年も、期待通りコラボアイテムが豊富にラインナップ。特にワイルドシングスとのコラボを凌ぐほどのアウトドアブランドとのコラボが注目です。もちろん、クレイジーカラーも登場してますよ!
PAGE 2

アークテリクス×ビームス

4万5000円/アークテリクス×ビームス(ビームス 原宿)
街着として様になるアウトドアシェルとしておなじみのアークテリクス。定番のベータSLを、ビームスはカモフラ柄にインスパイアされたミリタリー配色でアレンジしました。オリーブやベージュだけでなく、都会的なグレーを織りまぜるあたりが、さすがビームスです。生地はもちろん、防水透湿性に優れたゴアテックスを採用。今年手に入れるべきソフトシェルの筆頭候補です。
PAGE 3

ニューバランス×グレゴリー×ビームス プラス

バックパック2万4000円、スニーカー1万6800円/ニューバランス×グレゴリー×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿)
スタイリッシュなグレーでまとめられた配色は、グレゴリーとニューバランス、そしてビームス プラスのトリプルコラボによるもの。リュックは、グレゴリーの代表モデルであるデイパックをベースに、ニューバランスカラーをアレンジ。アウトドアリュックの名作が、グレーのトーンonトーンで都会顔になりました。スニーカーは、オフロードランニングの系譜を継ぐ名作574をベースに、グレーのワントーンで配色。シューレースにグレゴリーのネームがプリントされています。
デイパックには、レインカバーが付属。タウンユースだけでなく、あくまでアウトドアユースを想定した作りになっています。
PAGE 4

グラミチ×ビームス

各9000円/グラミチ×ビームス(ビームス 原宿)
こちらのコラボを毎シーズン楽しみにしている人も多いかと。クライミングパンツの大定番グラミチとの大人気コラボの、水陸両方ショーツが今年も登場します。ガゼットクロッチやウェビングベルトはそのままに、薄く軽量で速乾性の高いポリエステル生地を採用。ダブルポケット仕様によって収納力を高めたヒップには、水抜き穴を配したジップポケットを採用しています。クレイジーカラーが、アウトドアコーデにハマります。
スリップオンできるラウンドポケットと、収納物が落ちないジップポケットをレイヤードしたバックポケット。手ぶらになりたいアウトドアで、実に便利です。
PAGE 5

ブリーフィング×ヘリノックス×ビームス プラス

2万2000円/ブリーフィング×ヘリノックス×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿)
ソロキャンプをコンセプトに、アウトドアブランドのヘリノックスと、タフなバリスティックナイロンバッグでおなじみのブリーフィング、そしてビームス プラスによるトリプルコラボが実現しました。精密で強度の高いアルミポールとバリスティックナイロンの最強タッグ。ネイビーはビームス プラスのエクスクルーシブカラー。ソロキャンプを満喫するも良し、または大人数キャンプで自慢するも良しです。
2万2000円/ブリーフィング×ヘリノックス×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿)
チェアワンをベースにしたチェアと同素材で作られる、コンパクトに折りたためるテーブル。元々タクティカルラインを展開するヘリノックスだけに、ブリーフィングとの相性は抜群です。
ヘリノックスの魅力は、軽量性とコンパクトな収納性。今回のコラボでも、それは厳守されています。チェアとテーブルとともに、テントとトート、一人用のコットもリリースされています。

問い合わせ

ビームス 原宿 03-3470-3947
ビームス プラス 原宿 03-3746-5851

ビームスのコラボが気になった方は、こちらもおすすめ!

休日のお出かけに使える「ザ・ノース・フェイス」のコラボって?
頭のてっぺんからつま先まで、アスレジャースタイルが叶います。

アウトドアはこの2択! モテる大人のキャンプスタイルとは?
今どき、キャンプはお洒落じゃないとダメなんです

意外なコラボバッグはアクセ感覚で使えます
「ピエール=ルイ・マシア」と「フェリージ」がタッグを組んで生まれたトートバッグ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL