• TOP
  • FASHION
  • 人気のカモフラだからってなんでもいいわけじゃない!? 大人が選ぶべきコラボモノって?

2018.05.03

人気のカモフラだからってなんでもいいわけじゃない!? 大人が選ぶべきコラボモノって?

人間、どんなことでも慣れ親しんだ頃に、油断や隙が生まれるものです。昨今においてはすっかり定着した大人のカモフラアイテム。でもいくら浸透したからといって、なんでもOKってわけじゃありません。その選び、本当に正しいですか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/安岡将文

ちゃんと大人顔のカモフラなら、ソフネットにおまかせ!

カモフラ柄は好きだけど、そろそろ視線が気になるようになってきた。そんな人、妙齢の男性には結構多いと思います。

大人のカジュアルコーデにおいて浸透したカモフラですが、とはいえやはりミリタリーが出自なだけに、その選びを間違えると野暮ったく、または子どもっぽく見えがちです。あくまで都会的かつ大人に見せるなら、定番のオリーブ系ではなく、土クサさが抑えられるネイビーやグレイッシュな配色がおすすめです。

となると、注目はソフネット。ストリートブランドの印象を持っている人も多いでしょうが、どっこいここの十八番はまさにネイビーカモフラ。インラインだけでなくコラボにおいても健在とあって、大人のカモフラを振り幅広く楽しませてくれますよ。

NEXT PAGE2/ 5

ロードマスターがカモ柄に

ベルスタッフ×ソフネット

7万1500円/ベルスタッフ×ソフネット(ソフ)
2017年にスタートしたソフネットとベルスタッフのカプセルコレクション。モーターサイクルウェアの老舗として1924年から支持され続けるベルスタッフと、日本発のストリートブランドのコラボを、当初意外に思った人も多いはずです。しかし、蓋を開ければ老舗らしいクラシックなスタイルに、ソフネットのモダンなセンスが見事なバランスを構築。お互いの魅力を引き出し合う、ベストパートナーとなりました。

写真は、ベルスタッフのマスターピースであるロードマスター。春夏シーズン用に軽快なポリエステル地を採用し、ダークトーンでソフネットのネイビーカモフラを配しています。左袖口のジップポケットも、ソフネットの十八番デザインです。
一見するとベルスタッフおなじみのオイルドクロスライクな艶顔ですが、素材は正真正銘ポリエステル100%です。さらにシックな、ブラックカモフラもあり。

NEXT PAGE3/ 5

ライダースにもさり気なくカモフラ

14万円/ベルスタッフ×ソフネット(ソフ)
1970年代のモトクロスカルチャーに着想を得た、シングルライダース。素材はラムレザー。アシンメトリーに配したストライプ切り替えが、スポーティな印象を強めます。袖口のジップを開けると、鮮やかなブルーのレザー製マチが登場。ソフネットらしい遊び心です。
裏地はネイビーにブラックとグレーで構成される、ソフネットのオリジナルカモフラが。袖口内のカラードレザー然り、ここにも“あくまでさりげなく”なカモフラ使いが見て取れます。
8万2000円/ベルスタッフ×ソフネット(ソフ)
防水性の高いオイルドクロスから、アウトドアでも重宝されているベルスタッフのジャケット。すなわち、マウンパもイケるってことです。ライトオンスのデニムにナイロンを組み合わせたこちら。ナイロン部分は2レイヤーにすることで、機能性を確保します。アウトドア×デニムと聞くと土クサいイメージを持ちますが、ダークネイビーなら都会のビル街にも馴染ませてくれます。
裏地は、もちろんソフネットのオリジナルカモフラ。定番のウッドランドではなく、ブリティッシュカモを想起させるデザインです。裾の内側には、コラボを証明するネームが刻印されたメタルプレートが。

NEXT PAGE4/ 5

お馴染みトゥミとのコラボバッグ

トゥミ×ソフネット

ブリーフ6万2000円、トート6万円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
ソフネットのカモフラ柄を知ったのは、トゥミとのコラボがきっかけ。そんな大人って、案外少なくないのではないでしょうか。ビジネスからトラベルまで、上質にしてタフなバッグを作り続けるトゥミ。バリスティックナイロン製のブリーフケースを愛用しているという人も、多いはずです。

2013年に初コラボを実現し、今年で5年目。一貫して採用されているのが、ネイビーの外装にネイビーカモフラの内装です。トゥミが誇る機能性や耐久性の高さはそのままに、ソフネットの世界観をあくまでさりげなく注入。
この“あくまでもさりげなく”というのが、本コラボの醍醐味で、このブリーフケースやトートバッグもカモフラ柄は裏地に留め、だから緊張度の高いビジネスシーンにも馴染んでくれます。
抜群の収納力と使いやすさを誇るトゥミだけあって、こちらのブリーフの室内にも計算しつくされたポケットが装備されています。で、ライナーには、ソフネットとのコラボを象徴するネイビー×ブラックのシックなカモフラが
もちろんトートバッグのライナーにもネイビー×ブラックのソフネットカモを採用。室内にポケットがないトートも多いですが、トゥミのトートは多数のポケットを装備。仕分けにも便利です。

NEXT PAGE5/ 5

ビジネス小物もあります

ビジネス小物にもカモフラで洒落っ気を

IDホルダー1万3000円、レターパッド2万2000円、ペンケース5000円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
レターパッドにも、ネイビーを纏ったバリスティックナイロンを採用。ブラックレザーでトリムすることで、ビジネスに相応しい上質感をにおわせます。もちろん、名刺やカード用ポケットを4つ、ペンポケットやスリットポケットなど実用性も確保。ネイビーカモフラは、開いた時でもあくまでチラリとしか見えない、ノートの台部分に配されています。ペンケースやIDホルダーも同素材で。シンプルなデザインなので、トータルコーデできますね。
これらのビジネス小物にもしっかりソフネットカモを採用。ただ、ビジネスシーンでカモフラが浮かないように、パっと見ではわからないところにカモフラを使っているのが心ニクい。

■ お問い合わせ

ソフ 03-5775-2290
トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267

ソフネットのコラボが気になった方は、こちらもおすすめ!

スニーカーもいいけど、大人のコラボならドレスブランドは欠かせない!
大人が喜ぶ、ビームスFの秀逸コラボをご紹介。

完売必至!? ナイキのエアジョーダン1&エアマックス90の限定カスタムを発見!
人気2モデル・エアジョーダン1&エアマックス90の限定品。

多彩なコラボを展開するBEAMSは、得意のアウトドアブランドが狙い目!
数多のビームスコラボのなかから、厳選した“買い”なアイテムをご紹介

王道の3大ポロシャツブランドは、コラボでかぶり防止!
ラコステ、フレッドペリー、マンシングウェアの個性が光るコラボポロ。

コラボ常連「ポーター」の今買うべきアイテムはこの11点!
ポーターならではの機能性やデザイン性に各社の独自のエッセンスを加えたコラボバッグ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事