• TOP
  • FASHION
  • グッチ、トムフォード、ボッテガ。あなたの顔を変える“アイコン眼鏡”を知っていますか?

2018.05.10

グッチ、トムフォード、ボッテガ。あなたの顔を変える“アイコン眼鏡”を知っていますか?

人の第一印象は顔まわりで決まります。ゆえに眼鏡は服装よりも一層大事なお洒落アイテムと言えるのです。なかでも世界的な人気を誇るモード御三家が手掛ける傑作眼鏡をピックアップ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST) スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(04)

完成度の高いメゾン系眼鏡が狙い目です

「目は口ほどにモノを言う」というように、眼の表情というのは絶えず人の注意を引き付けてしまうもの。すなわち目と同様に目にまつわるアイテムも、会う人の印象に残りがちだと言うことができるのです。それだけに眼鏡のセレクトには吟味を尽くす必要があるというワケ。

そのことに気づいたファッションブランドでは、ここ数シーズン、とりわけに眼鏡に力を入れてデザインしているようです。なかでも世界的に人気を誇るのが、現代ラグジュアリーブランドの筆頭、トム フォードやグッチ、そしてボッテガ ヴェネタが手掛ける眼鏡たち。

ただのブランドマークが付いているような、いわゆるライセンスものとは異なり、各ブランドが展開するシーズンテーマにリンクしたディテールが盛り込まれ、ファッションを格上げするアイテムに昇華しているのが特徴。

ゆえに、それぞれにブランドのアイコンたるデザインを巧妙かつ大胆にフレームに溶かし込んでおり、非常にキャッチーにして完成度の高い仕上がりとなっているのです。一般の眼鏡に比べて高品質な素材を駆使しつつ、デザイン的にもファッショナブルでありながら個性的。掛ければ即、洒落た顔つきになるというワケなのです。

あなたの顔つきをお洒落に見せる! アイコニックな眼鏡3選

◆ グッチ 

絶対負けない最強の“横顔”が作れます

正面から見るといたってオーセンティックなデザイン。使い勝手のいい黒セルです。3万6000円/グッチ(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス)
テンプル全体がブランドの象徴とも言える、グリーンとレッドのウェブ使用に。横顔に強インパクトが生まれます。
今やモードを牽引するグランメゾンとして飛ぶ鳥を落とす勢いのグッチ。その眼鏡もウェアに負けない高感度なルックスを特徴としています。フロントは理知的な表情が演出できる、スクエア気味のウェリントン・シェイプ。スーツからカジュアルまでこなせるシックなデザインです。そして最大のポイントはテンプルにあり。

グッチのヘリテージのひとつであるグリーンとレッドのウェブ。これまでもいろいろなアイテムにウェブストライプがあしらわれましたが、この新作ではテンプル全体がウェブという非常に大胆な仕上がり。横顔で差が付けられる眼鏡の筆頭です。

NEXT PAGE2/ 3

大人にふさわしい黒セルといえば

◆ トム フォード 

大人の安定感とリッチな雰囲気が滲みでます

大人にふさわしい安定感のある黒セルといえばこちら。4万円/トム フォード アイウエア
斜めからの視線を釘付けにしたT字。シンプルにして力強いデザインは、その後の眼鏡業界に大きな影響を与えました。
メゾン系眼鏡シーンを活性化させたブランドとして見逃せないのがトム フォードです。なかでも映画『シングルマン』の劇中にてコリン・ファースが掛けていたウェリントン型は定番と呼べる傑作。クラシック眼鏡の王道であるブラックセルのウェリントン型ですが、トム フォードのこの一本は、適度な太さと随所に取り入れた優雅な丸みがポイントです。

最大の特徴と言える、ヨロイからテンプルに掛けてあしらわれた「T」型デザイン。もはや高感度な人であることを示すアイコンと言っても過言ではありません。

NEXT PAGE3/ 3

お洒落度が上がるクリア素材の眼鏡

◆ ボッテガ・ヴェネタ 

浮き出て見えるイントレチャート模様に釘付け

ライトグレー×クリアのフレームがさらに知的な印象を与えます。5万2000円/ボッテガ・ヴェネタ(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス)
 
イントレチャートはフレームの一部に配されているのみですが、だからこそブランドの奥ゆかしさを感じさせるのです。
クール・ビューティなアイテムを連発し世界的に人気を博しているボッテガ・ヴェネタ。昨今は眼鏡もリリースし高い評価を得ています。そして今シーズン話題をさらったのが、巧みな多重構造を取り入れたコチラ。フロントのクリアパーツとマットブラックのメタルパーツを組みあわせたデザインを特徴としており、見る角度によって印象が変わります。

そしてボッテガ・ヴェネタと言えば、編み込み技であるイントレチャートが気になるところ。実はこの眼鏡にもメタルパーツのヨロイ周辺に、さり気なく”イントレデザイン”を取り入れており、角度によって見え隠れする趣向がなんとも印象的なのです。

■ お問い合わせ

トム フォード アイウエア 03-6804-3652
ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス 0800-555-1001

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事