• TOP
  • FASHION
  • 大人の旅をリッチに彩る! いま注目のボストン6選

2018.04.25

大人の旅をリッチに彩る! いま注目のボストン6選

ドライブに連れて行くなら、メゾン謹製のボストンバッグを。アイコニックな意匠入りなら、愛車に置いてあるだけで絵になること請け合いです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/小林孝至(itaru studio) スタイリング/吉野 誠 文/瀧川修平

メゾンのボストンで連休をリッチにアップデートしてくださいませ!

大型連休を間近にひかえたいま、ぜひ再チェックしていただきたいのが、旅バッグ。ドライブに、海外旅行に、使い勝手で選ぶべきは断然ボストンバッグでしょう。といっても何でもいいわけではないのはもちろん。モテる大人の選ぶべきは、当然いまの気分をさらりと取り入れつつ、上質に仕上げたメゾンブランドの逸品です。というわけで、大型連休までに手に入れるべき、最注目のボストンバッグをご紹介いたします!!!

◆ エルメス 

そのロゴにピンときたなら、さすが! な逸品です。

ボストンバッグ40万1000円/エルメス(エルメスジャポン)
40万1000円/エルメス(エルメスジャポン)
ステンシルロゴのエルメスといえば知る人ぞ知るアレ。そう乗馬用バッグの「グルーム」であります。本来は乗馬用のマイブーツにヘルメット、ムチが整然と収まるジョッキーバッグですが、この仕切りが旅バッグにも最適。エルメスの出自を分かってる大人が選ぶべき、最有力候補といえる逸品なのです。

◆ ルイ・ヴィトン 

丈夫でシックでアイコニック!

ボストンバッグ39万5000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
37万3000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
定番のボストンバッグ「キーポル・バンドリエール 45」を、麦の穂からインスパイアされた模様のエピ・レザーとLVサークルのシグネチャーで再構築したこちら。レザーストラップでたすき掛けも可能。空っぽでも自立するため、見映えにおける死角は皆無です。

NEXT PAGE2/ 3

まだまだあります! 大人のボストン

◆ ベルルッティ 

さりげなくも意匠が満載

ボストンバッグ
バッグ58万5000円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
18世紀の手書きの手紙にインスピレーションを得た刻印=スクリットを刻んだ艶レザーを帯状に配した「キューブ スカーズ ホールドオール」。あえてセンターに施した縫い目も美しく、同ブランドの革加工技術への自信が伝わってきます。

◆ ボッテガ・ヴェネタ 

ショルダーストラップが名刺代わり

ボストンバッグ44万円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
バッグ44万円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
極めてシンプルながら、丸いシルエットとソフトなナッパレザー、イントレチャートが編み込まれたクロスボディストラップがメゾン謹製の証となる「イントレチャートチェッカー ダッフルバッグ」。長めに取られたパッド入りのハンドルにより、ショルダーバッグとしても使用可能。

NEXT PAGE3/ 3

差が付く大人の素材感

◆ エルメネジルド ゼニア 

軽快な素材感が夏にピッタリ!

ボストンバッグ49万5000円/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)
バッグ49万5000円/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)
細く裁断したラムナッパレザーを織り合わせて作る貴重なウーブンレザーファブリック、ペッレ テス製の「ストライプホールドオールバッグ」。カラーステッチや“xxx”のトリプルステッチ、縦に配されたジップポケットなど、シンプルな中に配されたデザインへのこだわりが大人のオトコにぴったりなのです。

◆ ラルフ ローレン 

クルマ愛にあふれたオトコのボストンバッグです

ボストンバッグ
バッグ28万8000円/ラルフ ローレン
クラシックカーをこよなく愛するラルフ・ローレン氏がドライブシーンを意識してデザインした、パープルレーベルの極上ボストン。両脇のベルトを外せば開口部が拡張。荷物が出しやすくなるだけでなく、シルエットまで変わるのもポイントです。

■ お問い合わせ

エルメスジャポン 03-3569-3300
ラルフ ローレン 0120-3274-20
ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718
ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

「旅の相棒ボストン」が気になった方は、こちらもどうぞ!

モテる男の旅トート5選
リゾート地で最も重宝するトートバッグ。これもメゾンで揃えれば、抜かりないリッチな旅となることでしょう!

大人のキャンプスタイル
待ちに待ったキャンプシーズンが到来。もちろん、キャンプコーデも抜かりありませんよね?

街遊びにぴったり軽やかバッグ
春のお出掛けで最も出番が多いのは、懐中モノが収まる程度のミニバッグなのです!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事