• TOP
  • FASHION
  • 最小限のワードローブで二泊三日を着回す。大人の旅コーデ術

2018.04.26

最小限のワードローブで二泊三日を着回す。大人の旅コーデ術

旅に多くの荷物は持って出掛けられません。絞り込んだアイテムにていかに賢く着回すか。ゴールデンウイークを目前に、気軽な温泉旅行スタイルをAdelaideclassifieds風にシミュレート。アウターからパンツまで主要5品目のみにて品良くこなす、3日分のスタイリングを是非ご覧くださいませ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/平郡政宏(モデル)、小林孝至(itaru studio)(静物) スタイリング/吉野 誠 ヘア&メイク/YOBOON 文/長谷川 剛 撮影協力/ザ・サーフ オーシャンテラス

大人の品格や機能性、それに快適さまで考慮して

本当の意味でお洒落な大人かどうかは旅のスタイルで分かると言います。というのも、旅にはドライブから散策を含めたアクティビティ、それに食事や不意なパーティへの出席などいろいろなシーンが待ち受けています。それらのオケージョンにスマートに対処できてこそ、真のドレッサーと言えるのです。

もちろん自宅であれば、すべてのワードローブから自在に選択できるゆえ何の心配もありません。しかし旅先では限られたアイテムにて、それぞれのシーンに大人の品格でもって対応する必要があります。どのシーンでも過不足なくしっかりお洒落。それでいて荷物はすっきりコンパクトであるのがひとつの理想。今回は二泊三日の軽い温泉旅行をイメージした、厳選5アイテムのみで着回す賢いお出掛けスタイルを披露します。

NEXT PAGE2/ 4

出発の日は品良く軽快なスタイルを狙う

● 一日目 

軽快だけどリッチな香り漂うブルゾンスタイル

パーカ9万8000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)、シャツ1万9000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)、パンツ2万1000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、バッグ24万1000円/ジミー チュウ、サングラス3万2000円/ペルソール(オブジェ・イースト)、時計16万3000円/エドックス(GMインターナショナル)
まずはお出掛けのスタートから。せっかくの休日を温泉旅館で過ごすような場合、堅苦しい装いはナンセンス。ですからデニムシャツやブルゾンを軸としたノンストレスなカジュアルコーディネイトでの出発がベストです。ただし同伴する相手への気遣いももちろん欠かせません。清潔感をアピールする意味でも、パンツなどはホワイトを選んでひと目で小奇麗さが伝わるルックス作りを心掛けましょう。
宿泊先のグレードにもよりますが、目に留まりやすいブルゾンなどは、着古しヨレたようなモノでは怪訝に思われてしまうことも。しっとりリッチな素材感を放つ一流品からチョイスするのが大人の嗜みです。

NEXT PAGE3/ 4

のんびり過ごす二日目は、大人のくつろぎスタイルを

● 二日目 

淡いトーンを軸とする清潔感溢れるニットの装い

ニット3万円/オーラリー、シャツ1万9000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)、パンツ2万1000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、バッグ24万1000円/ジミー チュウ、サングラス3万2000円/ペルソール(オブジェ・イースト)、時計16万3000円/エドックス(GMインターナショナル)、靴2万5000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
宿泊先の近辺にて過ごす二日目。完全なプライベートの場合は、快適さを追求したコーディネイトにて心から寛いで。ホワイトパンツと同系色の淡色ニットの装いならば、クリーンにして締めつけ感もゼロ。ニットはロゴなどの入らないプレーンなものが、休日らしくしかも大人の雰囲気。ここまで揃えたら当然足元もクリーンに徹したいところです。インパクトあるハイテク系ではなく、シンプルなテニスタイプが品良くマッチすること確実。

NEXT PAGE4/ 4

最終日はアクティブなスタイルにチェンジ!

● 三日目 

ブルゾン&スウェットパンツで楽ちんスポーティ

パーカ9万8000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)、サングラス3万2000円/ペルソール(オブジェ・イースト)
パーカ9万8000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)、ニット3万円/オーラリー、パンツ2万5000円/ソリード(タトラス ジャパン)、バッグ24万1000円/ジミー チュウ、サングラス3万2000円/ペルソール(オブジェ・イースト)
靴2万5000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
最終日となる三日めは、ちょっとこれまでとは雰囲気を変えて。なるべく身体に負担をかけないストレッチアイテムを多用しましょう。ニットはそのまま流用し、ボトムスをスウェットパンツに替えることで、アクティブに歩き回っても快適にすごせるはず。

そんなスポーティなコーディネイトに合わせ、アウターはカモフラージュ柄のナイロンブルゾンをプラス。実はこのブルゾン、初日に羽織ったブルゾンを裏面に返したもの。限定的なパッケージにていろいろな装いを楽しみたい場合は、こんなリバーシブルアイテムを活用するのが賢い服装術と言えるのです。

必要なのはこの5アイテムのみ!

■ お問い合わせ

オブジェ・イースト 03-3538-3456
オーラリー 03-6427-7141
GMインターナショナル 03-5828-9080
ジミー チュウ 03-5413-1200
タトラス ジャパン 03-5708-5188
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
ヘルノ・ジャパン 03-6427-3424
ラルフ ローレン 0120-3274-20

「二泊三日の着回しテク」が気になった方は、こちらもどうぞ!

デキるオトコは持っている!? 旅の7つ道具とは?
モテるオトコは、旅に出かける場合、“7つ道具”があれば事足りるのです!

車に常備したい!大人のキャンプグッズって?
スマートな大人が車に常備しておくべきキャンプグッズを、テイスト別にピックアップしてみました。

遊園地からディナーまでいける? 究極のデートスタイルって?
1日のうちにアクティブな遊びから、少々かしこまったディナーまでイケる、万能コーデを紹介!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事