• TOP
  • FASHION
  • お洒落に見えるひとは、白アイテムの使い方が上手かった!?

2018.04.10

お洒落に見えるひとは、白アイテムの使い方が上手かった!?

大人の着こなしには、どこまでいってもエレガントな要素が必要です。春ですし開放的な気分から、シャツを開けて着るという場合でも、たった一枚の白Tシャツをインナーに挟むだけで、品がキープできるもの。白パンツや白ブルゾンなど、主役級アイテムなら清潔感だけでなく、リッチさを感じさせるスタイリングができるんです。その着こなし例をスナップから解説します。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/Yu Fujiwara(@8and2) 文/池田保行(04)

清潔感とリッチさをもたらす、白使い

ここ数シーズン大人のあいだで流行っている全身黒の着こなしですが、お洒落だなと思う方は、きまって”抜き加減”が巧みでした。ここでいう”抜き加減”というは、襟元からチラリと覗く白いカットソーだったり、足元に白スニを合わせて、軽快に見せるテクニックのこと。

黒を引き立てるためにほんのり見える白アイテムがコントラストを生み、お洒落効果を発揮しているのです。それは定番のネイビーの着こなしも同様です。そんな白アイテムをさらりと取り入れるだけで、着こなしがぐっと春めきます。

白アイテムを使った小ワザとして有効なのは、シャツやブルゾンのインナーに白いカットソーを挟むこと。暖かくなり開放的な気分で胸元を開けるかたもいらっしゃるかもしれませんが、そんな状況も一枚のインナーがエレガントに収めてくれます。また、白パンや白いブルゾンなどは大人の佇まいに清潔感とリッチさを加味してくれるのに有効です。この春ぜひ試しください。

● 着こなしテク その1 

白パンと白スニで、柄シャツもシックな佇まいに

ハワイアンシャツのような、派手柄シャツにもトライしてみたいけど、どうやって着ればいいのか悩んでしまいそうなときは白パンを合わせてみてください。大抵の柄シャツは、驚くほどクリーンでエレガントな感じに着こなせます。白パンなら派手柄のトップスをうまく中和してくれるので、簡単に新鮮な佇まいに。

また、こちらの男性のように、インナーに白いTシャツを挟むことで、胸元が開けず、品をキープしている点もマネしたいポイント。足元の白スニが全身をよりリッチで優雅な印象に引き締めてくれています。

NEXT PAGE2/ 3

サファリシャツ&タンクトップに合わせる

● 着こなしテク その2 

シャツをラフに着るときは、白タンクトップを合わせて

淡いラベンダーのサファリシャツのインナーにタンクトップを着た御仁。ボトムズのコットンパンツはクリース入りでフォブポケット(時計入れポケット)付きのクラシックなタイプです。ラベンダーから白へのグラデーションカラーが、普段ブラックやネイビーを選んでしまいがちな大人に新鮮に映るでしょう。

リラックスしたカジュアルスタイルなので、足元にはスニーカーを選びがちですが、ここではビットモカシンを合わせたことで、ドレスな印象も加味されました。巻き慣れた首元のネッカチーフもスタイリングを上品に見せているテクニックです。

NEXT PAGE3/ 3

白ブルゾンを合わせる

● 着こなしテク その3 

全身白コーデも案外、簡単なワケとは?

全身白コーデはハードルが高い気もしますが、じつは意外と簡単で、しかも誰でもお洒落に見えるカラーリングテクなんです。こちらの方を御覧ください。

全身白とはいえブルゾンもパンツも発色が違っていますよね。ブルゾンはほんのりオフホワイト、パンツは白デニム、インナーに着ているのは白のサマーニットと、それぞれ質感が異なります。そのため全身白のグラデーションになり、モダンな印象を引き立ててくれるというわけです。

コチラの記事が気になったかたは、こちらもチェックください!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事