• TOP
  • FASHION
  • グレースラックスを、Tシャツに合わせてもいい?

2018.04.12

グレースラックスを、Tシャツに合わせてもいい?

休日になると、一気にカジュアルすぎる着こなしになってしまう大人は多いもの。かといってかっちりしたスタイルというのも窮屈なだけ。そんなモヤモヤを、いい塩梅にしてくれるのがグレーのスラックス(グレスラ)なんです。中でもプリーツが入ったグレスラなら、タイドアップしたドレスにはもちろん、Tシャツやブルゾンなどカジュアルアイテムとも相性がいいんです。アイテムに応じて、濃度で使い分けるというのもアリですし。快適で上品な装いを作り出すコツは、意外にもパンツ選びにあるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/スナップ・Yu Fujiwara(@8and2)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(04)

腰回りにゆとりのある、グレースラックスが絶好です

休日の装いとは言え、寛いだなかにもキレイにまとめるのが大人の身だしなみ。手軽でいまどきなテクニックがグレスラこと、グレースラックスの導入です。

ジャケパンスタイルなどでお馴染みの、いわゆるグレー系のドレスパンツは、そのまま大人カジュアルに使ってもいいんです。むしろ週末のパンツはグレスラと設定しておけば、上半身はジージャンでも革ジャンでもTシャツでもOK。寛いでいながら、どこかエレガントな雰囲気を醸し出すコーディネイトに仕上げることが可能です。

なかでも今季オススメなのが、腰回りにゆとりを設けたプリーツ入りのグレースラックス。ドレッシーでありながらユルッとした腰回りにより、カッチリしすぎず軽妙なスタイリングが構築できるのです。また、合わせるアイテムにより、グレーの濃淡ではきわけるというのもグレスラの面白さなのです。

● 着こなしのテクニック その1 

クセのあるブルゾンも、濃いめのグレスラならシックにキマる

しだいに温かくなってきた昨今、もっとも手軽に実践できるコーディネイトがカットソーにブルゾンを合わせる装い方。さらにこの方は足元にスニーカーと非常にラフな着こなしですが、ジャストサイズのグレースラックスを合わせるだけで、品良く安定感あるルックスに仕上がるのです。

上下バランスの問題もありますが、トップスが緩い場合は、パンツをややタイトめのものがベター。その逆にトップスがタイトな場合、スラックスは2プリーツ型など腰回りがやや緩めのものをチョイスすると、メリハリ感あるスタイルに仕上がります。

NEXT PAGE2/ 5

ブルゾン&カットソーの着こなしを上品にまとめる

● 着こなしのテクニック その2 

淡い色調のグレスラなら、アクティブな印象に

春先のちょっと肌寒いときに便利なショート丈のブルゾン。ドライブのシーンでも実践したいブルゾン&スニーカーという砕けた装いも、パンツをプリーツ入りのグレースラックスにするだけで、ドレス感を感じさせる大人のスタイリングに仕上がります。

写真の方のように上半身をコンパクトにまとめた場合、パンツはややゆったりしたフィットのものを選ぶのが今の気分。その場合も裾まわりにかけてキリッと引き締まったテーパードタイプがスタイルよく見えるのでオススメです。

NEXT PAGE3/ 5

この春オススメのグレスラ3選

この春オススメのグレスラ3選

◆ ジェルマーノ 

ナポリの熟練ワザを駆使した一本

2万5000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール)
ナポリの実力派が手掛ける正統派仕立ての2プリーツ型。腰回りに今風のゆとりを設けたパターンを採用しつつ、裾回りは非常にスマート。特にワタリから足先に掛けての流れるようなテーパードラインは、専業ブランドならではの美しさ。着心地良くスマートな一本です。

NEXT PAGE4/ 5

ほんのりベージュな色調が、洒落て見える

◆ ジャブス アルキヴィオ 

ほんのりベージュな色調が、洒落て見える

2万6000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ) 
美脚パンツブランドとしてユーザーから高い支持を得るジャブス アルキビオ。定番のひとつである「ヴェルディ」も、時代にマッチした2プリーツ型にアップデートし注目を浴びています。ポイントは2プリーツと言えども妙なダボつき感はなく、ギリギリの運動量を確保したパターンであること。クラシックな雰囲気を放ちつつも、非常にスマートなシルエットが魅力なのです。 

NEXT PAGE5/ 5

腰回りに余裕のある、大人のグレスラ

◆ セラー ドアー 

腰回りに余裕のある、大人のグレスラ

2万6000円/セラー ドアー(阪急メンズ東京)
カジュアルな着こなしをぐっと締めてくれるチャコールグレイの1本。深めにとったプリーツにより、適度なリラックス感が味わえます。細身すぎない適度なテーパードシルエットは、カジュアルからドレススタイルまで対応可能。伝統的な仕立てに加え、バックパネルを腰部分で切り替えない“サルト仕様”など、通好みのデザインを加えているのも特徴です。

■ お問い合わせ

バインド ピーアール 03-6416-0441 
阪急メンズ東京 03-6252-1381
エフイーエヌ 03-3498-1642

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ!!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事