• TOP
  • FASHION
  • モテる大人の新定番「攻めてるスーツ」の着こなしとは?【前編】

2018.04.03

モテる大人の新定番「攻めてるスーツ」の着こなしとは?【前編】

生地、仕立て、色……ひとえに"攻めるスーツ"といえども要素が違えばキャラが違う。4着のスーツで、クラシックからハズしまで幅広い着こなしをお見せします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/前田 晃(マエティコ) スタイリング/四方章敬 ヘア/Takeshi(SEPT) メイク/Namiko Takemiya(AVGVST) 文/竹内虎之介(シティライツ)、持田慎司 撮影協力/浅草寺、仲見世協会、ビビアン

2018年5月号より
"攻めるスーツ"の象徴としてピークドラペルのスーツをご案内しましたが、もっともっと見たい!という皆さまのために、色柄や着こなし別にAdelaideclassifiedsが厳選した"攻めの8着"を前編・後編にわたってご紹介します。いまの気分を纏いたい、定番カラーをモダンに着こなしたい……などなど、諸兄のWANTに応える一着を見つけてくださいまし!

Coordinate 01 

最上級のクラシックをさらりと”着流す”好例です

スーツ57万5000円、シャツ5万4000円、ニット11万5000円/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
ダブルブレストのネイビーピンストライプスーツ。そんなクラシックな一着を最高級の素材とモダンな味付けによって仕立て上げました。そのバランス感覚の絶妙さが同ブランドの手腕です。

最高峰のクラシックスーツをあえてドレス仕立てのデニムシャツでハズし、チルデンニットを肩掛けする。こういうこなれた着こなしがサラリとできてしまうあたりに、遊び上手で、スーツを着慣れたオトコの経験値が表れます。スーツで攻める、とは、これみよがしに装うことではないということの好例です。

NEXT PAGE2/ 4

さり気ない存在感を放つピンドットのスーツ

Coordinate 02 

全身を同色で合わせると簡単にキマります

スーツ8万9000円/ダーバン(レナウン プレスポート)、シャツ2万8000円/エンジニアド ガーメンツ(ネペンテス)、スカーフ7800円/アルテア(アスティーレ ハウス)、時計86万円/ゼニス、ベルト8800円/マスター&コー(マッハ55リミテッド)、靴8万8000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
毎シーズン、ダーバンと尾州の毛織物メーカーで共同開発されるオリジナルファブリック「r.a.s.o.」を用いたこちらのスーツ。ネイビー地に黒のピンドットを配した生地が、ベーシックななかにも上品な存在感を放ちます。インナーはデニムシャツでシルクのスカーフを添えて。それがピークドラペルのスーツを遊ぶ、もっとも新鮮な手口です。全身をブルー系で統一すればより簡単にキマりますよ。

NEXT PAGE3/ 4

旬な意匠を盛り込んだ オーダースーツ

Coordinate 03 

ダークスーツは一箇所の差し色で印象が変わる!

スーツ35万円〜(オーダー価格)/ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 表参道ヒルズ)、シャツ2万8000円/ロンハーマン、スカーフ7800円/アルテア(アスティーレ ハウス)、サングラス3万円/モスコット(モスコット トウキョウ)、バングル4万6000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、時計375万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴19万円/ジョン ロブ(ジョン ロブ ジャパン)
シブみの効いたダークブラウンのモヘア混素材を用いたダブルブレステッドスーツ。オーダーメイドならではのサルトリアな意匠が映える旬な一着です。茶系スーツというとカジュアルに扱われがちですが、それだけにシャツ&スカーフでエレガントに着こなすのが吉。ただし、そこに写真のように強い差し色を挿すのがポイント。あくまでワンポイントとしてさらりと、というのがお洒落功者の着こなしです。

NEXT PAGE4/ 4

フォーマルな意匠を生かしたモダンなスーツ

Coordinate 04 

チルデンニットでスポーティかつリッチな感じに

スーツ12万円/ハケット ロンドン(ハケット ロンドン 銀座)、ニット1万6000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、メガネ4万4000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計103万円/ゼニス、靴10万円/ジミー チュウ、Tシャツはスタイリスト私物
ブランド創業者のジェレミー・ハケット氏が好んで愛用するフォーマルスーツのディテールを取り入れた一着。全体としてはタイトな印象ながらも、イングリッシュ・ドレープと呼ばれる胸板を強調してウエストを高めで絞ったラインでメリハリの効いたフォルムが特徴。そんな英国スタイルならではのスーツには、チルデンニットを合わせるのがとっても新鮮。若々しい印象と、どこかクラス感漂うスポーティさを演出できます。

■お問い合わせ

ラルフ ローレン 0120-3274-20
ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 表参道ヒルズ 03-6447-4970
ロンハーマン 03-3402-6839
アスティーレ ハウス 03-3406-7007
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
ハケット ロンドン 銀座 03-6264-5362
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
ゼニス 03-5524-6420
ジミー チュウ 03-5413-1200

「攻めるスーツ」のコーディネートが気になった方は、こちらもどうぞ

デキるオトコが着ている "攻めるスーツ"とは?
ドレッシーかつ男らしく、そして強気な印象作りに一役買ってくれるスーツをAdelaideclassifiedsは"攻めるスーツ"と名付けます。一味違うスーツをお探しの方、必見です!

仕事に!デートに!"攻めるスーツ"の条件とは
攻めの姿勢を表現できるスーツにはポイントがあるのです。そこさえ押さえれば、ドレッシーなタイドアップからリラックス感のあるスタイルまで対応可能です!

本誌5月号でしか見られない"攻めるスーツ"情報も盛りだくさん! チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事