• TOP
  • FASHION
  • 大人が無理せず、お洒落に見せる柄シャツを着るなら?

2018.04.10

大人が無理せず、お洒落に見せる柄シャツを着るなら?

今シーズンは幾何学模様や花柄など、プリントしたシャツがいつになく豊作です。でもこの手の柄シャツは派手に見えてしまうからと尻込みしている人が多いかもしれません。いえいえ、大丈夫。選びかたや合わせかたしだいで、誰もが無理なく洒落度をアップできるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/Yu Fujiwara(@8and2) 文/吉田 巌(十万馬力)

大人の柄シャツは、”黒ベース”なら簡単

大人っぽく柄シャツを着こなすなら、何よりもまずベースの色目にこだわることが重要です。黄色や赤色といった原色ベースのものもポップでいいものですが、カラフルベースなものは人を選びがちで、無理して着用しても若作りしている大人と見られることも。

その点、黒ベースのものならシックにキマります。その上で柄が白抜きのタイプなら、柄も必要以上にうるさくならず、手持ちの服とも合わせやすいのです。以下その実践例を、海外スナップからご紹介します。

● 着こなしテク その1 

ジージャンのインナーに着る

着慣れたジージャンに柄シャツを合わせていたお方。普通ならかなりアクが強いスタイルとなりそうなところ、とてもスッキリとシャープに見えます。これはジージャン以外を黒ベースでまとめているため。シャツの白い柄や、スニーカーの白ソールが抜け場となり、春らしい軽やかな雰囲気を醸しているのも見事です。

NEXT PAGE2/ 3

セットアップスーツのインナーに着る

● 着こなしテク その2 

セットアップスーツのインナーに着る

柄シャツをスーツのインに着用し、今っぽい寛ぎ感ある着流しスタイルを披露してくれた御仁。一歩間違えるとかなり危ない雰囲気となりそうなものですが、シャツの裾をパンツに入れたことで一定の品もキープ。じつは柄シャツはそれ単独で着るより、このようにアウターで見える面積を少なくするのがシックに見せるひとつのテク。この御仁の場合、大人の色気や茶目っ気を醸す絶好のスパイスにもなっています。

NEXT PAGE3/ 3

一枚で着るなら、インナーにカットソーを挟む

● 着こなしテク その3 

一枚で着るなら、インナーにカットソーを挟む

この方が着ているのは黒地に白の抜き柄をちりばめたシャツ。ややインパクトの強めの柄のため、素肌に直接羽織ったらかなりな印象になってしまいそうですが、インナーに黒いカットソーを着込んで肌の面積を少なめにしたことで、どことなく育ちのよさげな感じも。黒ジーンズや黒コンバースで、全身をモノトーンでまとめているのも、すっきり見せる大きな要因となっています。

コチラの記事が気になったかたは、こちらもチェックください!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事