• TOP
  • FASHION
  • ジャケット代わりに着ると、お洒落に見えるアウターといえば?

2018.04.08

ジャケット代わりに着ると、お洒落に見えるアウターといえば?

春の定番アイテムといえば、スプリングコート。着用期間が短くて、コスパがよろしくないと思っていませんか。じつは最近の春コートは軽量で動きやすいナイロン素材を採用しり、コットン素材でも軽い作りのものが多く、まさにジャケット感覚で羽織れるようになりました。ポケットに手を入れるなど、さり気ない仕草もキマるコートは、この春もお洒落に活躍してくれますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/Yu Fujiwara(@8and2) 文/池田保行(04)

薄手のコートを、ブルゾンのように羽織る

春に着る薄手のコートはスプリングコートとも呼ばれますが、一般的にはジャケットの上から着る春先の防寒着と認識されています。日本の気候においては着用期間が短くコスパがいまひとつというイメージが先行していますが、最近の春コートは使える期間は案外長いのです。

今時分は少々肌寒い日もあるので、オーセンティックにジャケットの上から羽織りつつ、春先にはニットやシャツなどの上からジャケット代わりに、初夏にはカットソーの上からサラリと羽織るだけで簡単にお洒落に見える便利なアイテムなのです。

しかも素材に薄軽なナイロンを採用したり、コットン素材でも縫製の進化で軽くなったりと、冬に着るコートとは一線を画すほどの軽快さを実現。またポケットに手を入れるなど、さりげない仕草も絵になるのが春コートならではの魅力です。

● 着こなしテク その1 

ジージャンの上に着る

ブルーのジージャンではなく、あえてのピンクのジージャンをセレクトした洒落者。コートは着込んだバーバリーのベージュのトレンチで、開襟シャツのようにジージャンの衿をコートの上に出し、下ボタンのひとつ掛け、ベストのような着方が参考になります。

足元には淡いピンクのスニーカーをもってきてピンクの配分を分散させているのも計算づくなのでしょう。無造作にパンツの両ポケットに手を入れた佇まいもコートのおかげで、ぐっと雰囲気を増しています。

NEXT PAGE2/ 4

シャツ&ニットの上から着る

● 着こなしテク その2 

シャツ&ニットの上に着る

シャツ&ニットの上からシャカシャカしたセットインのステンカラーコートを羽織った御仁。シャツに合わせる場合、一般的にはVネックが多いですが、ここ最近、お洒落なオトナの間ではクルーネックを合わせるのが流行っています。

そこでジャケット代わりにコートを羽織るときも、シャツ&クルーネックニットで襟元をタイトめに見せるのがコツです。シャツの衿はクルーネックの外に出さないのもポイント。ジャケットより長い着丈に合わせてシャツの裾をアウトしているのも好バランスです。

薄手のコートは細身なので、腰回りにボリュームのあるパンツでシルエットにメリハリをつけているのも上級テク。足元は白スニで抜きをつくり、軽快感が増しています。

NEXT PAGE3/ 4

カットソーの上に着る

● 着こなしテク その3 

カットソーの上に着る

着丈が少し長めのナイロントレンチは、ボリューミーで量感があるので、インナーはあえて軽めにボーダーTシャツをセレクトという点が、この方の着こなし上手なところ。ウィンドーペーンのウールパンツはくるぶし丈で調整し、足元はホワイトバックスを素足履きと、さらに軽やかが演出されています。

襟元の重ね付けしたネックレスのさりげない使い方にも色気があって、カジュアルになり過ぎないように大人のムードを醸し出しています。

NEXT PAGE4/ 4

プリントTシャツの上に着る

● 着こなしテク その4 

プリントTシャツの上に着る

こちらの恰幅の良い男性は、テーラード型の細襟が付いたナイロンコートを着用。インナーにはプリントのTシャツを着て、大人っぽいストリートなイメージで着こなしています。

黒のナイロンコートとプリントTの組み合わせは、ジャケットよりカジュアルダウンがしやすいうえに、春先から初夏まで着通せるので、おおいに活用したいところ。腰周りがゆったりした黒パンツに、黒のコンバースのオールスターハイカットを合わせたところも、真似しやすいコーディネートかと。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事