• TOP
  • FASHION
  • ジージャンを都会的に着こなす、2つのテクニックとは?

2018.03.08

ジージャンを都会的に着こなす、2つのテクニックとは?

ともすると垢抜けない着こなしになりそうなジージャンは、流行るたびに着こなしにコツが生じるもの。今着るなら、断然ジャケット風に羽織って着ていただきたい。しかもパンツ選びが大きく着こなしを左右しますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実  スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

本誌でもここ数年推しているジージャンですが、都会的にスマートにこなすには少々コツが要ります。なにせ何度もリバイバルする定番アイテムですし、その度毎に着方も少しずつ変わります。ときに細身シルエットのタイプをタイトフィットでに着たり、シャツのようにジャケットに重ねてタイドアップする着方も流行りましたね。

今春はどうかといいますと、少し余裕のあるアウター感覚で羽織るのが良さそうです。サイジングは大きすぎず、小さすぎず、適度なフィット感にして、羽織るように着るのが最新です。ボトムには旬のパンツを合わせることもお忘れなく。その好例は以下をご参照ください。

NEXT PAGE2/ 4

いまどきのジージャンは、シックなモノトーンで着こなす

◆ 着こなしテクニック1

シックに着こなすなら、モノトーンで

ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)、ニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ2万6000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ)、サングラス3万8000円/ジュリアス・タート・オプティカル(ジービーガファス)、ベルト4万4000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴4万9000円/コモン プロジェクト(ストラスブルゴ)
ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)、ニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ2万6000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ)、サングラス3万7000円/ジュリアス・タート・オプティカル(ジービーガファス)、ベルト4万4000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴4万9000円/コモン プロジェクト(ストラスブルゴ)
生のインディゴ、もしくはワンウォッシュ程度の濃色ジージャンの場合、黒に合わせて着るのをオススメ。たとえば、ここでは黒のタートルニットに黒のシャカパン。足元だけ白スニでハズすのは、いまどきのお約束ということで。

シンプルでどなたにもこなせるコーディネートですが、モダンとアメカジの融合といった雰囲気は、どなたにも似合う高めのお洒落度。ジージャンとスポーティなシャカパンの組み合わせはもとより、アメカジに黒を取り入れるのも新鮮ですので効果のほうは絶大です。

NEXT PAGE3/ 4

ドレッシーにグレスラを合わせる

◆ 着こなしテクニック2

グレスラを合わせれば、ドレスな感じに

ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)、ニット2万円/スローン、シャツ2万1000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ3万7000円/PT01(PT JAPAN)、メガネ4万8000円/ネイティブ サンズ(ザライト)、ベルト1万3000円/ウィリアム(ビームス ハウス 丸の内)、靴13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)、ニット2万円/スローン、シャツ2万1000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ3万7000円/PT01(PT JAPAN)、メガネ4万8000円/ネイティブ サンズ(ザライト)、ベルト1万3000円/ウィリアム(ビームス ハウス 丸の内)、靴13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
ジージャン=カジュアル服ゆえ、ボトムズデニムはともかくとしてチノやカーゴパンツと合わせてたくなるものですが、ここはどなたでもお持ちのグレスラ合わせが奏功されるかと。それこそネイビージャケットの感覚で、インディゴブルーのジージャンを羽織る感覚です。

インは襟羽根つきのドレスシャツを。ニットで色を差すのも良さそうです。足元はネイビージャケットにグレスラに合わせるつもりで、当然黒のローファーです。シャツの裾をアウトする小技も、ネイビージャケットでは誤解されがちですが、ジージャンならユルくキマるというものです。

NEXT PAGE4/ 4

こんなジージャンが、大人っぽく着回せる

こんなジージャンが、大人っぽく着回せる

◆ カンタータ

男っぽく着るなら黒味あるインディゴブルー

ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)
ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)
黒味あるインディゴブルーが無骨で男っぽくこなすのに上々。裾や袖口などにはヴィンテージデニムに見られるような、折り返しでコの字に縫い返す仕様が用いられていて、ヴィンテージ&レプリカ世代に響く作り込みがされています。

■ お問い合わせ

カルネ 03−6407−1847
リーミルズエージェンシー 03-3473-7007
エフイーエヌ 03-3498-1642
ジービーガファス 03-6427-6989
J&M デヴィッドソン青山店 03-6427-1810
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563 
スローン 03-3448-0207
トヨダトレーディングプレスルーム 03-5350-5567
PT JAPAN 03-5485-0058
ザライト 03-6447-2666
ビームスハウス 丸の内 03-5220-8686
ジョンロブ ジャパン 03-6267-6010

春アウターが気になった方は、こちらもどうぞ!

スーツスタイルが変わる!? 話題のフード付きコートとは?

劇的進化! 大人が似合うフーデッドコートの選び方とは?

人気の黒スタイルが新鮮! 黒ジージャンが大人に最適なワケとは?

大人が若く見える!? 白ジージャンの選びと、着こなしとは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事