• TOP
  • FASHION
  • 大人気! アークテリクスで実践する大人のオン・オフ、コーデ実例

2018.01.29

大人気! アークテリクスで実践する大人のオン・オフ、コーデ実例

素材や仕立てに吟味を尽くした、ハイエンドなアウトドアブランドが続々リリースされる昨今。なかでも際立つクオリティで存在感を放つのが、カナダのアークテリクスです。機能を極めたテクニカルなアイテムは、一体どう着こなすのが正解か? 注目の新作からピックアップし、そのこなし方をレクチャーします。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/長谷川剛(04)

高機能のさらにその先を追求する孤高のブランド

1989年にカナダ在住の二人のクライマー、デイブ・レインとジェレミー・ガードによって設立されたアークテリクス。自分たちで用いる登山用のハーネス作りから始まり、今ではハイテクを駆使した高機能アウトドアアイテムを手掛ける世界的なブランドとして成長。なかでも縫い代を極限まで小さく収めた「マイクロシームテープ」と止水ジッパーを配した防水透湿アウターは、同ブランドのアイコンです。

さらにデザインにもこだわり尽くすのがアークテリクスの流儀。ミニマルでありながら動きやすさを極めたデザインは、モードなミニマル感にも通じるエッセンス。本格的なクライマーだけでなく都市をアクティブに生活する高感度なドレッサーからも強い支持を得ているのです。
一切の虚飾を捨て去ったデザインは静謐な美しさ漂うもの。縫い目を露出させない仕立てが未来感をもり立てます。ジャケット5万5000円/アークテリクス(アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)
防風性を考慮したフードデザイン。さらに衿はスタンドカラー仕様に加え、滑らかなタッチのマイクロフリース調の素材があしらわれています。

必要な要素と機能を煮詰めたミニマル系黒ブルゾン

年々進化をとげるアークテリクスのなかでも、今季特にプッシュしたいのが、まさに万能アウターと言える「KODAジャケット」です。いわゆるフーデッドブルゾンなのですが、その機能やデザイン性の高さがハンパないのです。アウターシェル(表素材)に関しては防風・耐水性に優れた「N80p-x GORE-TEXR THERIUM」を使用。保温性を司る中綿には蓄熱性の高い「コアロフト」など2種のインシュレーションを採用しています。長すぎずアクティブに動けるヒップ丈のレングスは、街中での着用も意図したもの。また、切り替えのステッチを露出させない仕立ては、悪天候への配慮とともに、ミニマル美を感じさせるルックスに繋がっています。

NEXT PAGE2/ 3

独特の渋味を生かしてシンプルに着こなす

独特の渋味を生かしてシンプルに着こなす

こんなハイテク・アウターをお洒落に着こなすならどうすべき? ソリッドブラックの渋味を生かしクールに徹して装うのが正解です。オフならビビッドな挿し色を取り入れてメリハリを効かせつつ。オンはその反対にダークカラーに絞ってシックなシャツ&タイにて構築するのが失敗しないコツです。

OFF STYLE

一点ビビッド投入で温かみと個性を演出

ジャケット5万5000円/アークテリクス(アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)、ニット1万6000円/アバハウス(アバハウス 原宿)、パンツ2万4000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、サングラス4万6000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計82万円/ゼニス、靴5万5000円/ランコート フォー シップス(シップス 銀座店)
ミニマル美を備えたハイテクアウターの長所を損なわないという意味でも、インナーにいろいろな要素を持たせず極力スッキリ着こなすことが、まず大事。ゆえにセーターもハイネック型がマッチするのです。アウターとカラーを揃えるのもアリですが、イマドキな洒落感をアピールするなら、今季は断然暖色のインナーがオススメ。ただし、パンツやシューズまでカラフルにしてしまうと、トゥーマッチなので要注意です。パンツ&シューズは温かみを感じさせる起毛及びスエード系なら完璧!

NEXT PAGE3/ 3

小物までダークにまとめてシックに魅せる!

ON STYLE

小物までダークにまとめてシックに魅せる!

ジャケット5万5000円/アークテリクス(アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)、ジャケット4万9000円、パンツ2万7000円/ともにチルコロ1901、シャツ2万6000円/エリッコ フォルミコラ、バッグ3万8000円/ジョン チャップマン(すべてビームス ハウス 丸の内)、タイ9000円/ロバートフレイザー(アイネックス)、時計91万円/ゼニス、眼鏡4万6000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、靴3万5000円/エストネーション
目立つロゴや装飾を持たないブラック一色のアウターは、オンのスーツスタイルに合わせられるところも大きなポイントです。基本的にはどんなドレススタイルにもマッチしますが、「KODAジャケット」のクールさを生かすなら茶・ベージュ系よりも、ネイビーやグレーのスーツに合わせるのが得策と言えるでしょう。シックに徹してシャツやタイも柄入りではなくプレーンな無地が気分です。ちょっと個性をアピールしたい場合は、多機能なクロノグラフなどを添えて大人っぽく。シンプルにして違いの分かるリッチなコーディネイトに仕上がります。
■お問い合わせ
アメア スポーツ ジャパン ☎03-6831-2717
アバハウス 原宿 ☎03-5466-5700
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 ☎03-3562-8277
アイヴァン 7285 トウキョウ ☎03-3409-7285
シップス 銀座店 ☎03-3564-5547
ビームス ハウス 丸の内 ☎03-5220-8686
アイネックス ☎03-5728-1190
エストネーション ☎03-5159-7800

アークテリクスのジャケットが気になった方はこちらもどうぞ

モンクレール注目の新作! 今から春まで使える逸品アウターはこの2つ
色良し・デザイン良し・品質良しの三拍子揃った絶品ダウンをご紹介

欧州の2大老舗アウトドアブランドをイマドキかつオトナに着こなすには?
プロのスペックを備えた一着を街着にする贅沢は、モノの分かるオトナだけに許されたもの!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事