• TOP
  • FASHION
  • オンもオフも軽やかにキマる! シャカシャカコートはココがポイント【編集部員の着こなしVol.1】

2018.01.24

オンもオフも軽やかにキマる! シャカシャカコートはココがポイント【編集部員の着こなしVol.1】

「編集部員の普段の着こなしが気になる」との声にお応えして、4人の編集部員のオススメアイテムとそのコーディネートをご紹介します! 第1回目はAdelaideclassifieds編集長・石井 洋です。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/Adelaideclassifieds.JP編集部 写真/市村 円香

日夜、”モテる”情報を探しているAdelaideclassifieds編集部員ですが、普段は何を着ているのか気になる!との声をいただきました。そこで、小誌編集部員4名がオススメする、この冬の着こなしをご紹介します。着用アイテムはどれも大人になじみ深いベーシックアイテムを主軸に、ちょっとしたテクで差の付くスタイルをご提案させていただきます。

Adelaideclassifieds編集長・石井洋が愛用するのは…

オン・オフ使い勝手抜群!なラグスポコート

僕は仕事柄、日によってドレスからカジュアルまで幅広いスタイルをするのですが、そのどちらにもハマるアウターとしてオススメなのがラグスポ(ラグジュアリー&スポーツ)な雰囲気のシャカシャカコート。オンオフどちらでも使えるアウターが欲しい! という方にぴったりです。

オンスタイルではスポーティさがギャップを生み、オフでは着こなしを若々しく軽快にキメてくれる心強い味方。気をつけるのはただ1点、コンパクトな膝上丈を選べば完璧です。

僕が愛用するのは、ヘルノの中でも機能性とスポーツシックなデザインに特化した「ラミナー」。スポーツシックとも言うべきミニマルなデザインは、合わせるスタイルを選びません。表地は防風防水のゴアテックス、ライナーがダウンなので防寒性もピカイチ。おまけにそのライナーが外せる3ウェイなので、春先には表地だけでスプリングコートとしても活用できる息の長さもうれしいポイントなのです。
PAGE 2

◆ Coordinate 01
スーツスタイルに羽織ればフレッシュに

ベーシックなネイビースーツもゴアテックスのシャカシャカ感で若々しい印象になります。アウターが黒でボリューミィなので、足元も負けないように黒のくるぶし丈ブーツにして色と量感のバランスをとりました。
インナーはシャツではなく、ネイビーのタートルでスマートに。タートルはテクニックいらずでキマりますから、1枚持っておくと重宝しますよ。
基本的には黒とネイビーの2色に収めていますが、ソックスのみ赤を効かせています。足を組んだ際などに"チラリ"な遊び心を忘れずに。
PAGE 3

◆ Coordinate 02
デニムスタイルを大人なこなしに格上げ!

デニムに合わせる場合は、レングスのおかげでカジュアルになりすぎないのが魅力です。コーデの考え方はカジュアルにふった場合も基本的に同じ。デニムがインディゴのネイビーですから、インナーは黒のカーディガン、足元も黒のボリュームあるトレッキングでツートーンでまとめています。
スポーティなアウターゆえ、カーディガンもボタンドではなく、軽快なジップタイプにしています。ジッパーのメタル感だけでもスポーティな雰囲気が高まるのでオススメです。
ボリューム感のあるブーツは冬のスタイルアップに欠かせないアイテムですね。腕元のアクセサリーは、カーデのジップとのバランスを考慮して、シルバーをセレクト。小物を合わせる場合は、そのほかのウエアや靴などのメタルパーツと色を揃える意識をすると、より完成度がアップすると思います。

ほかの編集部員の着こなしはこちらから

金ボタンの黒ブレザーなら、カジュアルにもスーツらしくも着回せる!【編集部員の着こなしVol.2】
Adelaideclassifieds.JP編集長の前田陽一郎が愛用するのは金ボタンの黒ブレザー。オンオフで色を使い分けています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL