• TOP
  • FASHION
  • 【速報!】ロンドン発、お洒落な大人が着ているアウターとは?

2018.01.08

【速報!】ロンドン発、お洒落な大人が着ているアウターとは?

世界のお洒落な男は朝起きて、どんな服を着て出かけているのか? その疑問にお答えするのが、こちらのスナップ速報です。先日、始まったばかりのロンドンファッションウイークから、毎日日替わりでお洒落なお大人たちのスタイリングをお届けします。まずはアウターを中心にご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/Yu Fujiwara(@8and2) 文/Adelaideclassifieds.JP

毎日、お洒落な大人のスナップを、現地からお届けします!

街行くひとでお洒落な方が増えました。彼らのスタイルには着こなしのアイデアが詰まっています。まさに“街の服を見て我が服なおせ”です。そんなファッションの祭典とも言えるのが、メンズコレクション。お洒落な方が集まる究極のスナップの場でもあるのです。
 
そんなお洒落な男たちの着こなしを、毎日現地から速報としてお届けします。2018年1月6日のロンドンファッションウイークから始まり、ピッティ・マジネ・ウォモ、ミラノ コレクション、パリ コレクションと続きます。
 
初日は、まずアウターに注目。チェスターコートやトレンチコートなど、ドレスなアイテムをカジュアルにこなすさまや、ダウンジャケットやムートンなど、冬アウターの王道アイテムをいまどきに着こなすワザは、諸兄の冬のスタイリングの参考になりますよ。
PAGE 2
ベージュのチェスターコートを上品かつリッチに着こなす御仁。ベージュのチェックスーツに、ベージュのほどよく肉厚リブのタートルネックニットをインナーに使ってのワントーンスタイルがモダンです。コートのウエストベルトをあえてせず、気軽にタバコを吸う仕草すらエレガントに見せてくれます。
チェコールグレーのベーシックなチェスターコートですが、インナーにブルーのギンガムチェックシャツを挟むだけで、新鮮なVゾーンに。シャツの襟元からチラリと見える白Tシャツも効果的です。
PAGE 3
ライダーズジャケットを街のりで着るなら、インナーに黒のタートルネックが簡単かつ洒落て見える方法です。この方はさらにボトムスにモノトーンチェックのグレスラ、足元には黒のマウンテンブーツと、しっかりドレス感をキープし都会的に仕上げています。
通勤時のスーツやジャケットについつい合わせがちな、ベージュのトレンチコートですが、こんなふうにカジュアルに着る手もあるんですね。淡いピンクのジージャンの襟を出しつつ、ボタン一つ留めでベスト的に。インナーには赤いリブの入った白Tシャツを重ね着して構築的な襟元にしています。
PAGE 4
定番ともいえる、ストライプ入りのスリーピーススーツをいまどきに着る左側の方。その秘密は、ダブルカフスの淡いブルーのシャツに大きめのドット柄のタイを締め、チャーチのシャンガイを足元に合わせる、といった小物でハズしているからなんですね。右側の方もジャケット、シャツ、パンツともネイビーで統一し、まとまり感があります。
バレンシアガのボリュームのあるダウンですが、デニムを短めに上げて、ボリューム感のあるスニーカーをもってくるあたり、さり気なくお洒落ですね。ニットキャップや、スニーカーからのぞくソックスを黒で統一して色数を抑えているので、ダウン×デニムでもシックな見映え。
PAGE 5
ジージャンにデニム、足元はブーツという、一見いかにもアメカジなスタイリングですが、羽織ったムートンがハーフコート丈にして余裕のあるシルエットということで、ほんのりドレスな感じがいまどきです。
今季人気のバッファローチェックのブルゾンですが、こんな着こなしが参考になります。インナーをグレーのタートルネック、同じくグレーのスラックスとワントーンでキメているので、とても大人っぽくかつリッチな感じが漂います。
PAGE 6
ムートン襟の付いた暖かそうな紺のダウンコートですが、白パンツに足元を茶スエードのチャッカーブーツを合わせ、清潔感とすっきりした印象にまとめています。冬の白パンツは大人の着こなしに有効です。
ダークトーンのステンカラーコートに黒パンツ、黒スニーカー、手には黒いトートバッグとまさに全身真っ黒ですが、インナーに鮮やかなニットを纏うことで、一気に垢抜けたスタイリング。今季らしいビビットな色を使う場合は、こんなふうにダークトーンの差し色として使えば、初めての方もお洒落に決まりますよ。
PAGE 7
NYを代表するショップ、バーグドルフ・グッドマンのメンズウエアを担当する、ブルース・パスクさんはスナップの常連。グレイグ・グリーンのキルティングジャケットにはタートルネックを合わせて。ダメージ加工のデニムはストレートなシルエットが新鮮です。パーフォレーションの入った編み上げの厚底ブーツが全身を上手くまとめてくれます。
ピークトラペルのかちっとしたダブルのジャケットを、巧みにドレスダウンしている方。グレーのニットからシャツの襟を無造作に出し、はき慣れたチノパンをあわせています。シルエットがストレートぎみなのでエレガントな雰囲気が漂います。胸元には白チーフを差しながら、足元は白のコンバースハイカットと、どこまでもお洒落な方です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL