• TOP
  • FASHION
  • え?こんなのあるの!? ルイ・ヴィトンのトランプ&ダイスがふたりの時間をどう変える? 

2017.12.16

え?こんなのあるの!? ルイ・ヴィトンのトランプ&ダイスがふたりの時間をどう変える? 

冬の寒い夜には、暖かい暖炉の前でトランプやゲームをしたり。そんなふうに遊ぶのが楽しいですよね。で、それにピッタリなのが、ルイ・ヴィトンのトランプとダイス。ラグジュアリーに楽しく遊べるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST) スタイリング/稲田一生 文/福田豊

遊び心のあるのが、ラグジュアリー

「ラグジュアリー」を日本語訳すると「贅沢」「豪華」。でも、贅沢に豪華に飾り立てても、それだけではラグジュアリーではない。ラグジュアリーとは、いうなれば無駄なこと。

なくても困らないけど、あればより楽しい ― 。

そういう心の豊かさというか、遊び心があることが、ラグジュアリーの本質なのですよね。
トランプもダイスもルイ・ヴィトンのアイコンであるモノグラム柄のレザーケースに入れられているのが特徴。このように同じくモノグラム柄のボックスにしまっておくと、さらにラグジュアリーです。トランプケース(トランプ付き)5万1000円、ダイス(ケース付き)5万7000円、ボックス6万6000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

まさしくラグジュアリーなつくりなのです

さて。そういう意味で、これらはラグジュアリーを体現したもの。ルイ・ヴィトンのトランプとダイスです。

大きな特徴は、どちらもルイ・ヴィトンのレザーケースに入れられていること。もちろん、レザーの質も、各部の仕上げも、ルイ・ヴィトンのトランクやバッグと同じ最高品質。で、そんな贅沢で豪華なつくりでありながらも、しかし中身は単なる遊びのもの。という、まさしく「なくても困らないけど、あればより楽しい」というところが、素晴らしくラグジュアリーなのですね。
トランプの正式名称は「エテュイ・カルト アルセーヌ」。黒と赤の2色で、黒のほうはモノグラムキャンバスもモノトーンなのが注目点。もちろん、トランプもルイ・ヴィトンのオリジナルのデザインです。 トランプケース各5万1000円(トランプ付き)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

NEXT PAGE2/ 3

ラグジュアリーなトランプ&ダイス

裏技的な使いこなしも楽しい

それぞれの特徴をより詳しく述べると、トランプは黒と赤の2色を選べ、どちらも開いた内側が鮮やかな青色になっているのが楽しい。そしてこのケースの使いこなしの裏技が、名刺入れにすること。トランプ用のために通常の名刺入れよりもマチが広く、そこを気に入って購入するひとも多いのだそうです。

ダイスのほうは赤の1色ですが、やはり開いた内側が青で、その赤と青との鮮やかな色合わせが魅力。5つ入れられたクリスタルのダイスは、ほどよい重さと美しい透明感がリッチな雰囲気で、部屋に飾っておくのにも最適。ケースは小物入れにして持ち歩くなど、これも使いこなしが楽しめます。
ダイスの正式名称は「エテュイ・デ スティーヴ」。トランプと同様、赤い蓋を開くと内側が鮮やかな青のつくり。もちろん、ダイスはルイ・ヴィトンのオリジナルのデザインです。ダイスケース5万7000円(ダイス付き)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

NEXT PAGE3/ 3

ゲームを入れるボックスもこだわりたい?

何を入れてもいいけど、敢えてゲームを入れておく。そんな使い方が一番ラグジュアリーかもしれません。マイクロファイバーのライニングにルイ・ヴィトンの伝統的なモノグラム・モチーフと新しいLVサークル・モチーフを組み合わせているのが特徴。3サイズあって、マトリョーシカのように重ねて収納できます。 17.0 x 7.0 x 17.0 cm 17cm×17cm×7cm (Wx H x D) 6万6000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

クリスマスプレゼントにも最適です

そして最初の写真のように、カードとダイスをルイ・ヴィトンのボックスに入れて、旅行にもって行くとか。あるいは、そういうセットにしてクリスマスプレゼントにするとか。そんなふうにすると本当にラグジュアリー。

これからのヴァカンスシーズンに、大おすすめですよ。
トランプもダイスもルイ・ヴィトンのオリジナルなので、このように眺めているだけでも楽しい。そして彼女にプレゼントしたり、一緒にゲームしたりすれば、さらに楽しいのです。 トランプ「エテュイ・カルト アルセーヌ」5万1000円

■お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/☎0120-00-1854

もっと「ルイ・ヴィトン」を知りたい方には…

日本に残る、最古のルイ・ヴィトンをオーダーしたのは意外なあの人だった!?
さぞかしお洒落な人がオーダーしたのかと思いきや、意外にもオーダーしたのは自由民権運動の志士であった明治の元勲、板垣退助さんでした。

絶対見ておきたい!パリの新店「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」の見ドコロとは!?
2017年10月4日にオープンしたばかりのルイ・ヴィトンの新店舗は、豊富な品ぞろえに、歴史的トランクや現代アートの数々の展示まで…海を渡っても足を運びたい魅力が満載です。

ソファからテーブルまで!? ルイ・ヴィトンが作る“旅するインテリア”をご存じですか?
ハンモックにソファ、ライトにサイドテーブル、え、これみんなルイ・ヴィトン!? デザイナー、アーティストや建築家を刺激するルイ・ヴィトンの「オブジェ・ノマド コレクション」とは。

ルイ・ヴィトンのアートな書籍で、アナタのインテリアが見違える
「ルイ・ヴィトン」が出版している書籍は、装丁も中身も美しいアート作品と呼べるものばかり。ファッションや旅を感じる1冊を、あなたの部屋にぜひ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事