• TOP
  • FASHION
  • ジローラモが選んだモテる逸品【2】ルイ・ヴィトンの軽やかピーコートをどう着る?

2017.12.12

ジローラモが選んだモテる逸品【2】ルイ・ヴィトンの軽やかピーコートをどう着る?

デザインは揺るぎない正統派。しかし素材はモダンで洒落感あふれるウールのボンディング。ルイ・ヴィトンの軽やかなピーコートをジローラモが着こなしました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

人物写真/谷田政史 静物写真/林敏一郎(FOREST) スタイリング/村上忠正
ヘアメイク/北村達彦 モデル/パンツェッタ・ジローラモ 文/長谷川剛(04)

軽快&クリーンに着こなせる新世代のピーコート

ショート丈のトラッドなコートとして安定的な人気を誇るピーコート。定番のメルトン素材のものが今季も多くのブランドからリリースされていました。しかしフランスきってのトップメゾンは、モダンなアレンジを効かせた新作を打ちだし注目を浴びています。

その逸品は、ウール生地を貼りあわせたボンディング素材を使用。おかげでとても軽やでクリーンな印象なのです。ジーンズを合わせるだけのシンプルな装いでも、従来のような重苦しさを一切感じさせない颯爽としたスタイルが構築可能なのです。派手さはないのに新しい。そんなコーディネイトを求める大人にうってつけの一着です。
コート41万2000円、シャツ9万1000円、デニム9万4000円、スカーフ6万3000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 2
気軽でカジュアルなスタイルこそ色合わせには慎重を期したいもの。ピーコートのネイビーに合わせてブルージーンズを取り入れた装いは、素材感の織りなすハーモニーが絶妙な味わいに。ピーコートの醍醐味である大きな衿を立てて着こなせば、男らしさもグッと引き立ちます。首元にエレガントな柄物スカーフを巻けば、カジュアルながら、品良く大人なカジュアルコーディネイトが完成します。
PAGE 3

KEY ITEM 

ウールボンディング素材だからシャキッと若々しいルックスに

ダブルブレストの大きな衿を備えた一着は、まさに正統派のピーコートデザイン。ただし素材はモダンな洒落感みなぎるウールのボンディング。革巻きのボタンが他にはない存在感を放ちます。裏地は今季のルイ・ヴィトンらしく、各国の都市名をグラフィカルな書体でランダムにプリントした特別製。見えない部分にまでこだわりが尽くされています。コート41万2000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 4
ストライプ柄のドレスシャツをベースにボタニカルプリントの生地を切り替えた個性溢れるシャツ。ドレスとエスニックのコンビネーションが非常に洒落ています。シャツ9万1000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
フワッとエアリーなタッチのコットンシルクのストール。上掲のシャツと同じプリント柄というのがポイントです。合わせて使うことで洒落感も倍増しに。コットンシルクゆえの優しく包み込まれるような肌触りがたまりません。ストール6万3000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

■お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/☎0120-00-1854

ルイ・ヴィトンのピーコートが気になった方はこちらもどうぞ!

ジローラモが選んだ! ルイ・ヴィトンの注目アイテム【1】大人なスタジャンのこなし方
ルイ・ヴィトンのスタジャンは、繊細を極めたボタニカル柄の装飾がポイント。アメカジ風にジーンズ、ではなくワイドなウールパンツで品良くキメるのが洒脱に見せるコツなのです。

ストラップ単体で登場!? ルイ・ヴィトンの最高にプレシャスな逸品はどう使う?
これを付ければ、肩掛けバッグに早変わり。しかも大胆なタイポが入って、ポップ。なのに絶対的にリッチでラグジュアリー。ルイ・ヴィトンでしか味わえないプレシャスな逸品、それがこのレザーストラップなのです。

腕時計デザインの常識を覆した、ルイ・ヴィトン「タンブール」の魅力とは?
誕生15年目を迎え、いまや世界的人気を博すルイ・ヴィトンのウォッチコレクション「タンブール」。人々を魅了し続ける秘密を、高級腕時計専門誌『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏にたずねた。

【公開!】冨永 愛、野宮真貴、田中知之、中村貞裕が愛用するルイ・ヴィトン
あらゆる人を魅了するルイ・ヴィトンですが、それは著名人やファッション関係者たちも同様です。ファッションに敏感な人たちが愛用するルイ・ヴィトンを拝見し、それぞれの思いを聞いてみました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL