• TOP
  • FASHION
  • 究極のオールマイティ靴? パラブーツの使えるコーデ術を公開!

2017.11.19

究極のオールマイティ靴? パラブーツの使えるコーデ術を公開!

パラブーツは1927年にスタートしたフランスきっての靴専業ブランド。今回はその中でも最も長い歴史を持つチロリアンシューズ「ミカエル」の魅力を徹底解剖しました。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio)
スタイリング/稲田一生
文/瀧川修平

大人の休日に必要なのは、スニーカー以上、ドレスシューズ未満の見た目を約束してくれる間違いの無い足元。そんな立ち位置で世界の靴好きに長年支持され続けているのが、同社のロングセラーモデル「ミカエル」です。その魅力を紐解く前に、お節介ながらパラブーツの歴史を少々ご解説いたします。

出自はブランド創設前の1908年。フランス東部の田舎町イゾーに靴職人レミー・リシャール・ポンヴェールが作った小さな工房から始まりました。アメリカで出会ったゴム底の靴に心酔した氏。ブラジルのパラ港から輸入した良質な天然ラテックスでラバーソールを自社生産し始めたのがパラブーツの名前の由来です。以降、アルピニスト用の登山靴やフランス海軍の軍靴を製作。国内外にその名が浸透、確固たる地位を確立します。

パラブーツ「ミカエル」

かの雲上ブランドが作らせたという出自もオイシイ名作

「ミカエル」誕生のきっかけが同国フランスのビッグメゾン、エルメスの別注依頼だったのは知る人ぞ知る事実。エスキモーが履くブーツを都会的にアップデートさせたのが起源といわれています。その名残りで実際にアザラシの毛をまとったモデルも存在する中、今回リコメンドするのはオイル含有率の高い牛革製。豊富なカラバリも魅力的ながら、黒ならカジュアルなスタイリングはもちろんのこと、ドレス感のある装いにもマッチすること請け合い。まずはここからお試しいただきたく。靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
登山靴のノウハウが踏襲された構造も見所。ソールとアッパーの縫い合わせには、堅牢性が高く水に強いノルヴェイジャン・ウェルト製法を採用。また、見た目と履き心地の両面にひと役買う溝の深いラテックスソールも特徴的。悪路でも疲れ知らずな上、インソールにはコルクが敷き詰められているため通気性良好にして履くほど足に馴染むフィット感も嬉しいのです。

NEXT PAGE2/ 2

パラブーツ「ミカエル」の着こなし方とは?

JACKET STYLE

ドレスシューズのようにこなしてもサマになります

厚いラバーソールは無骨ですが、アッパーデザインはシックゆえ黒ならジャケパンスタイルとの相性もご覧の通り。ダブルのコーデュロイジャケットにグレスラ、上からチェスターコートというドレッシーなコーディネートにも難無くマッチしてくれます。革小物を黒一色でまとめると、さらにシックに。靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、コート13万円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ジャケット20万5000円/カルーゾ(ビオトープ)、ニット3万3000円/パニガーレ(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ2万8000円/GTA(エリオポールメンズ銀座)、ネッカチーフ3900円/ピエール ルイ マシア(ラ ガゼッタ1987 青山店)、ベルト2万3000円/オフィチーナ ティベリオ フェレッティ(コマコ・オフィチーナ)

CASUAL STYLE

オフはリッチな男クサさのブースターに

休日の街歩きに役立つのも「ミカエル」の魅力。エスキモーブーツからインスパイアされた出自を鑑みれば、ミリタリーなファーコートとの親和性は言わずもがな。ボトムスにはデニムをチョイスしましたが、チノ、カーゴ、リブパンまで何にでもハマります。カジュアルスタイルの場合、冬でもロールアップしてくるぶしを露出させるのがヌケ感を際立たせるコツです。靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、コート15万円/アンドワークス(ストラスブルゴ)、ニット2万7000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス)、カットソー1万9800円/ルクシー(ジェムプロジェクター)、デニム1万9000円/リディアル(カイタックインターナショナル)、サングラス3万円/アヤメ、ベルト3万3000円/カンタータ(カルネ)
■お問い合わせ
パラブーツ青山店 03-5766-6688
ユナイテッドアローズ 銀座店 03-3562-7798
ビオトープ 03-3444-2421
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455
ラ ガゼッタ1987 青山店 03-5468-5330
コマコ・オフィチーナ 03-6434-5184
ストラスブルゴ 0120-383-563 
ザ ソブリンハウス 03-6212-2150
ジェムプロジェクター 03-6418-7910
カイタックインターナショナル 03-5722-3684
アヤメ 03-6455-1103
カルネ 03−6407−1847

「ミカエル」が気になった方はこちらもどうぞ!

街でモテる、アウトドアブーツ。ダナーライトの大人なこなし方とは?
本格アウトドアブーツで知られる「ダナー」の魅力は、オトコ心をくすぐる洒脱なオーバースペックにあるのです

モテるアメカジは主役でキマる! 大人なスタジャンの選び方、こなし方
シックなドレスアイテムをバランス良く組み入れたハイ&ローのスタイルが◎です

女子には常識? モテる新定番「ベルテッドコート」とは?
オトコのスタイルアップを叶える「ベルテッドコート」なら、ビジネスもカジュアルもリッチで艶っぽい雰囲気を纏えます

総力特集!お洒落の基本は定番にあり!
定番なんて無難でしょ、と言うなかれ、定番なくしてお洒落叶わず、は本当ですよ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事