• TOP
  • FASHION
  • 人気沸騰? 王道のダッフルコートが、いま大人のお洒落にハズせない?

2017.11.26

人気沸騰? 王道のダッフルコートが、いま大人のお洒落にハズせない?

今シーズンは全国的にダッフルがブレイクしそうな気配濃厚。なかでも英国のグローバーオールは、ダッフルメーカーの殿堂として、今また注目を浴びているのです。

CATEGORIES :
写真/蜂谷哲実(hachiya studio)
スタイリング/四方章敬
文/長谷川剛(04)
不良(ワル)な革ジャンも魅力ですが、ときには少年らしい装いでギャップを作り出すのも、モテへの隠し味となるものです。そんな気分のときにハマるのがダッフルコート。どうやら今シーズンは全国的にダッフルがブレイクしそうな気配濃厚。なかでも英国のグローバーオールは、ダッフルメーカーの殿堂として、今また注目を浴びているのです。

グローバーオールのダッフルコート

ダッフルコートのポイントは、羽織るだけで大人の男性も一発で“少年らしいキュートさ”が演出できるところ。その類い稀なるスペックを支えているのがフードとトグルボタン。トグルに関しては原初モデルの雰囲気を追求した荒縄&とウッド仕様のものもありますが、写真のようなレザー&水牛の角仕様のほうがラグジュアリーなウェアにマッチします。ネイビーダッフルコート7万3000円/グロヴァオール(アンバーコート)
グローバーオールの開祖であるフリーダ・モリスとハロルド・モリスは、当初ハイエンドなオーダーアイテムを英国で手掛けていました。しかし1951年、イギリス国防省からの依頼でサープラスダッフルを販売したことから、彼等の物語は動き出しました。ブランドを確立させるターニングポイントは、やはり事業拡大によりオリジナルのダッフルコートを生産しだしたこと。

数々のヒットを飛ばすなか、特に傑作とされるのが、しなやかさと保温性と優れた耐久性を備えたウールナイロン・メルトンによる一着です。絶妙な膝上丈や水牛の角製トグル、それに裏側のタータン・パターンなど、多くのフォロワーを生みだしたディテールもグローバーオールの功績です。クラシックでありながら、羽織るだけでちょっとキュートな少年らしさが漂う絶品コート。そんなマジカルなアウターは、世界中探してもダッフルコートだけだと言えるでしょう。

セットアップスーツで大人っぽさを積極的にプラス

そんなダッフルを今風に着こなすなら、セットアップスーツなどの着流しスタイルに合わせるのが一番。ダッフルの持つ少年らしさに大人のセットアップをミックスすることで、バランスの良い着こなしが生まれます。またカラーを揃えることも見逃せないポイント。たとえばブルー系のコーディネイトなら、若々しくフレッシュな印象が打ちだせるでしょう。コートは同じ。ネイビージャケット10万円、同パンツ3万6000円/ともにボリオリ(ボリオリ 東京店)、ブルーニット3万円/ジョン スメドレー(エストネーション)、ベルト2万2000円/ダミーコ(バインド ピーアール)、時計185万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、シューズ10万7000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
PAGE 2

●海外スナップに見るダッフルコートの小粋なこなし

デコラティブなサングラス&ニットにスキニージーンズとロックなブーツ。ちょっとアーティスティックな装いも、ダッフルコートを合わせることで、ほんのりまろやかさが感じられるルックスに。そう、「少しハードに攻めすぎた?」というときは、ダッフル・ミックスで丁度よいバランスになることってあるんです。
またぞろ注目アイテムとして人気拡大中のダメージジーンズ。合わせ方によってはハードでイカつい印象になってしまいます。しかしダッフルコートを取り入れることでメリハリある“甘×辛コーデ”に仕上げることが可能。また、アクティブに見せるならヒップ丈というチョイスも悪くありません。
大人の余裕や品格を優先するならライトベージュのダッフルでキマりです。ボトムスがデイリーなジーンズの合わせでも、どこか育ちが良さそうに見えちゃいます。もちろん今風を意識するならコートはスマートなジャストフィットがお約束。ルーズではなく身体にフィットしたサイズを選ぶのが、長年愛用できるコツです。
■お問い合わせ
アンバーコート 03-3402-4101
ボリオリ 東京店 03-6256-0297
エストネーション 03-5159-7800
バインド ピーアール 03-6416-0441
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ウィリー 03-5458-7200

ダッフルコートが気になった方はこちらもどうぞ!

英国紳士が愛した定番「BARBOUR(バブアー)」が一生モノな理由
定番ならではのエターナルな魅力の源泉は、ブリティッシュジェントルマンの流儀にあります

アウトドアは街でモテる? スーツにマウンテンパーカが合うそのワケ
山男にならずとも男らしさをサラリと街で装える定番アウターです

ノースフェイス&パタゴニア。2大アウトドアウェアを大人にこなす、コーデ術とは?
機能重視のアウトドアウェアでも、オトナの着こなしを叶える効果的な“コモノテク”をご紹介

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

budmagazin.com.ua

www.velotime.com.ua

www.buysteroids.in.ua