• TOP
  • FASHION
  • 断然モテる! グレースーツの1週間コーデ【前編】

2017.11.26

断然モテる! グレースーツの1週間コーデ【前編】

ネイビースーツに食傷気味なら、人気急上昇中のグレーの1着をぜひ取り入れるべし! 欧米におけるビジネス着の基本でもあることですし。プレゼン、出張などビジネスによくあるシーン別に一週間分を大公開します。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷 哲実 スタイリング/吉野 誠 文/秦 大輔

出張にもプレゼンにも、俄然グレースーツがいい、その理由

ニュートラルな印象ゆえキャラが際立つグレースーツは、オトコの貫禄をガツン!とアピールできる最強の武器。欧米ではビジネスの基本とも言われる超定番でもあります。ネイビースーツはもちろん安定の一着ですが、この秋冬はあえてグレーをリコメンドする次第。いまやそのバリエーションも多彩ゆえ、シーンを問わず使えるというのもポイント。
というわけで、現代のグレースーツの実力を、一週間コーディネイトで実証します!
まずは、前半の月〜水まで、お届けしましょう。

月曜日

ブラウンをプラスして、柔らかでクラシックなムードに

旬の英国テイスト色濃い、起毛感豊かなチョークストライプスーツ。日本最高峰のファクトリー渾身の仕立てが相まって、いやはやなんとも、堂々たるオーラです。スーツ14万円/リングヂャケット(リングヂャケットマイスター 青山店)、コート9万3000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、シャツ1万8500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)、タイ1万6000円/フランチェスコ マリーノ、グローブ1万2000円/カリデイ(ともにビームス ハウス 丸ノ内)、ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール)、靴9万6000円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)、メガネ3万3000円/アヤメ(オブジェ・イースト)、バッグ7万5000円/エルゴポック(キヨモト NC事業部)
気持ちを引き締めたい月曜日にぴったりなのが、欧米ではエリートの象徴とされるグレーフランネルスーツ。チョークストライプのそれならとりわけ威厳たっぷりで、気合いも入ります。ただ、威圧的になってもいけませんのでコーデにはブラウンを積極的に投入し、落ち着いた色合いにまとめると好印象。ブラウンのトーンは合わせすぎず、あえて幅をもたせたほうがコクが増してGOOD!です。

NEXT PAGE2/ 3

火曜日は出張スタイル

火曜日

出張はスポーティ&快適にこなす

コットンポリエステルのダブルフェイスジャージー生地を用いた、楽ちんセットアップ。凹凸感のあるメランジがかった表情にもまた、洒脱な雰囲気が溢れています。ジャケット5万2000円、パンツ2万5000円/ともにソリード(タトラス ジャパン)、ダウンベスト4万7000円/ヘルノ(ストラスブルゴ)、シャツ2万5000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、タイ1万4000円/フィオリオ、靴6万8000円/クロケット&ジョーンズ(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、チーフ1500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)、ベルト2万円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、バッグ13万円/ペッレ モルビダ(ウエニ貿易)
長丁場の日帰り出張では、きちんと感もさることながら、楽ちんでいることもお洒落に映るカギ。品のいい顔つきでいてストレッチがばっちり効いたグレーのジャージースーツは、まさに理想の相棒というべき存在です。Vゾーンには、リラックス感のあるシャンブレーシャツやウール混のタイをチョイス。トドメにジレ型のシャカシャカダウンを挟めば、温かさもこなれ感もグ~ンとUPする!というわけです。

NEXT PAGE3/ 3

水曜日はプレゼンスタイル

水曜日

プレゼンはボルドータイで力強く!

一般的な配色とは逆の、黒地×グレーのハウンドトゥース柄が目を惹くダブルスーツ。威風堂々のルックスにして、軽やかなソフト仕立てという二面性もステキ♪スーツ8万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、シャツ1万5000円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)タイ1万6000円/フランコ バッシ(ビームス ハウス 丸ノ内)、チーフ4000円、タイバー9000円/ともにフェアファクス(フェアファクスコレクティブ)、ベルト2万円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)、靴5万6000円/カルミナ(伊勢丹新宿店)、メガネ6万5000円/ディータ(オブジェ・イースト)
貫禄溢れるダブルスーツ×鮮烈なパワータイの合わせはプレゼンの定石。ただ、どこぞの大統領が締めているようなステレオタイプな赤や青無地のサテンタイではちょっと芸がない。タイは力強さと品のよさを併せもつボルドーがベストです(旬色でもあります)。シャツのタブカラーやタイバーを使ってタイノットをグイッと持ちあげ、視線を顔周りに集めるのもぜひ実践したいコワザ!
■お問い合わせ
リングヂャケット マイスター 青山店 03-6418-7855
トレメッツォ 03-5464-1158
麻布テーラープレスルーム 03-3401-5788
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
バインド ピーアール 03-6416-0441
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
オブジェ・イースト 03-3538-3456
キヨモトNC事業部 03-5843-9011
タトラス ジャパン 03-5708-5188
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
ウエニ貿易 03-5815-5720
フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
人気の定番アウターをお洒落にこなす、着方と選び方【#1】モッズコート編
定番アウターM-51(モッズパーカ)は可愛げとオトコらしさが詰まった最強のモテアウターなのです。

新定番アウターは、オンオフの実力が違う?! 【フーデッドコート編】
モダンなオトナの新定番!スポーティーでシンプルなフーデッドコートをマルチ使い!

あのブランドのあの名品、今季はどう着る?【#1】アクアスのトレンチコート
大人のオトコの定番アイテムのこなし方を、実例スナップとともにご紹介。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事