• TOP
  • FASHION
  • ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【2】じつは超高度なワザだった"塗装"のハナシ

2017.10.19

ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【2】じつは超高度なワザだった"塗装"のハナシ

メガネの塗装には長い時間と職人のワザが必要だってご存知でしたか? メガネの基本的な塗装方法から、最新の塗装技術を使った1本まで幅広くご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST)、蜂谷哲実(hachiya studio) 文/瀧川修平

メガネ基礎知識の第2回目は、これまた大切な要素である"塗装"について。華やぐ目元のカラーリングが職人の手作業によって生み出されていること、ご存知でしたか? 今回はそんなフレームの色を司る、塗装のいろはをクローズアップいたします。

メガネはこうして"色"がつく

もともと着色したアセテートから作られるプラスチックフレームを除き、すべてのメガネは大きく分けて3つの工程から色づけがなされています。お手持ちの極彩色もグラデーションも、実は職人技の賜物だったりするんですよ。
(1)洗浄
塗装前に糸くず1本でも付いていては美しい仕上がりは期待できません。ゆえにまずはアルカリ水など5つの槽に沈めて、洗浄、乾燥させます。美しい発色は下準備が命。
(2)染色
重機に固定し、ガンスプレーで粒子状の塗料を吹き付けます。簡単そうに見えますが、ペンキ量、速度などすべてが至難の業。「ここまで30年かかったよ」と職人さん。

NEXT PAGE2/ 4

(3)乾燥

(3)乾燥
吹き付けた塗料は熱などを加えることなく、約90日間自然乾燥させます。また、染色のあとには必ずコーティングを行うため、2と3の作業は最低2回繰り返すことになります。
(4)こんな製品が完成します

希少な素材×職人技
トレミーフォーティエイトしか行わないであろう、バッファローホーンへの塗装が施された贅沢すぎる「KB-009」。色付いた上部と、極めて素に近いナチュラルカラーのアンダーリムを分かつグラデーションが美しい。
[KB-009]12万8000円/トレミーフォーティエイト

ここがスゴい! 

トップからアンダーにかけて、自然に退色していくようなグラデーションを表現。鯖江の職人による塗装技術の賜物です。

NEXT PAGE3/ 4

最新塗装も続々と!

"塗装"技術はこんなところにも

一般的な塗装工程が把握できたら、続いては注目の最新塗装技術をチェック。テクノロジーの進歩にともない、いまや"塗装"は日進月歩で多様化しているのです。よく見りゃ差別化された色気ある一本が目白押しですよ。

Technique 01 1/3ミラーレンズ

フレームのツートーンも見ドコロです
ブラジルの名ストライカー、ネイマールをイメージキャラクターに起用したモデル。中抜きされたテンプルにより横顔もひとクセあり。ネイマールのサイン入りケースが付属。
[S1948]3万円/ポリス(デリーゴジャパン)

ここがスゴい!

レンズへのミラーコーティングも吹き付け作業で行う一種のペイント。こちらはツートーンのレンズにマスキングをしてミラーコートを施したもの。太陽光の眩しさも効果的にカットします。

Technique 02 七宝でコーティング

七宝で漆塗りのような存在感を演出
金属地に釉薬(ガラス質・鉱物質の粉末を水とフノリでペースト状にしたもの)をのせて焼成することで、ガラス質の輝きを生み出す七宝も塗装の1種。伝統的な技法ですが、この華奢なリムに施すのは技術の進歩の成せるワザ。華奢なテンプルは、軽くて高強度なβチタン製なので美しいだけでなく、掛け心地も上々です。
[539-48]4万2000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285  トウキョウ)

リムの質感にご注目

模様付きに見えるリムには七宝が使われているのです! メガネは顔の一部ともいえる存在ですからこだわってナンボです。

ここがスゴい!

リムになんと注射器で七宝を流し込み、繊細な表情を具現化。ここまで細やかな七宝は、なかなかお目にかかれません。

NEXT PAGE4/ 4

Technique 03 "塗る"のではなく"染める"

Technique 03 "塗る"のではなく"染める"

染めを施した変化球的1本
クリスタル粒子でナノレベルの層を作り、エレクトリックカラーに染色したメタルフレーム。美しさが別格です。
[Julius]4万5000円/アイシー! ベルリン(アイシー! ベルリン ジャパン)

ここがスゴい!

ネジのない蝶番は摩耗しやすく、塗装がはがれがち。ですが、染色されたメタルフレームなら塗装がはがれる心配も皆無なのです。
■お問い合わせ

アイヴァン 7285  トウキョウ 03-3409-7285
アイシー! ベルリン ジャパン 03-6804-2064
デリーゴジャパン 03-6661-9266
トレミーフォーティエイト 0120-484-804
Adelaideclassifieds本誌では毎号連載にて、"使える"メガネの情報を掲載しています。チェックはコチラから!
ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【1】は「ロウ付け」について
「ロウ付け」は、付け心地も見た目も左右する重要な工程ですから、知って損ナシ! メガネを見る目が変わります。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事