• TOP
  • FASHION
  • ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【4】かけ心地が決まる"蝶番"って?

2017.10.20

ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【4】かけ心地が決まる"蝶番"って?

フロントとテンプルをつなぐ「蝶番」は、フレームの性能の決め手。メガネの基礎知識のトリを飾るのにピッタリの重要パーツです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/瀧川修平

メガネの基礎知識の最終回は、"蝶番"について。耳慣れないかもしれませんが、実はメガネの要の存在。フロントとテンプルをつないで折りたたみ機能を果たしつつフィッティング、着脱の負荷軽減など多くの役割を果たしています。視力矯正を行うのはレンズですが、フレームの性能を決定づけるのはココ! 製造工程から最新事情までを簡潔にクローズアップいたします。

"蝶番"はこうしてできる

蝶番はどんな素材で、どのように作られるのか。まずはこれを理解すべく、独特な蝶番構造で定評のあるトレミーフォーティエイトのファクトリーに潜入しました。
① 1/100㎜の精度を要するカッティング
強度バランスが均一な0.8㎜のβチタンシートを、最新型のレーザーマシンで蝶番用にカット。1/100㎜の精度を必要とするパーツだけにプログラミングされた最新マシンで作業を行います。
② 成形のためのプレス加工
シートからカッティングされた蝶番パーツの厚みを整え、弾力性を向上させるため、専用マシンでプレス。一本一本手作業でセットしなければならない、気の遠くなる作業だそう。

NEXT PAGE2/ 4

③ 仕上げ&磨き後セッティング

③ 仕上げ&磨き後セッティング
仕上げと艶出しのため、一枚ずつ職人が手磨き。完成したパーツは1/100㎜の精度で削り出されたフレームWスリットに組み込まれ、ネジ留めされます。大変高度な2次加工技術です。
④ 完成するのはこんな蝶番

世界初のβチタン製「ダブルJ蝶番」

βチタンシートで作られた弾力性の高い蝶番をフロントとテンプルの空間を活かしつつ配置。着脱の負荷を圧倒的に軽減させる特許独自構造です。
職人技と最新蝶番を巧みに融合
6㎜厚のセルロイドフロントと珍しいグリーンテンプルをドッキング。洒脱なバイカラーウエリントンに仕上げました。
[VC-041]3万2000円/トレミーフォーティエイト

ココに注目!

その名の通り、Jの字をした蝶番。高い弾力性が快適な着脱を可能にします。

NEXT PAGE3/ 4

長所で選ぶ"蝶番"のイロイロ

長所で選ぶ"蝶番"のイロイロ

目利きなオトコなら、ジャケ買いならぬ"蝶番買い"なんてメガネの選び方も一興。そこで、一芸に秀でた3種類のハイスペック蝶番からオススメのアイウエアを逆引きしました。

Hinge 01 シンプルを極めた「スパルタ蝶番」

スパルタ教育を受けなければ作ることができない難易度が名前の由来。ヨロイの内部を切削し、ネジ一本で結合させる精密構造。耐久性と美しさに定評があります。
山の高さにこだわった日本人仕様
ロウ付けを一切行わない切削で仕上げた蝶番と、掛けやすい高さの一山、リムの微細なコインエッジが見ドコロ。
[911]2万1852円/ディグナ クラシック(三城 お客様センター)

ココに注目!

蝶番にロウ付けがないと、フロントからテンプルにかけて流れるようなラインになるのです。

Hinge 02 堅牢な「5枚蝶番」

重なる枚数で名称が異なる蝶番の基本形。3枚、5枚、7枚の3種類が存在し、より多い枚数で噛み合った7枚蝶番がもっとも丈夫とされています。
3点鋲の5枚蝶番がすこぶる稀少
着脱時の負荷が大きいボリューミーなフレームほど、蝶番の堅牢性が問われます。アヤメの「アトモス」は、ガッチリと噛み合った5枚蝶番を搭載。それを留めるピンも3本ずつと、丈夫な作りも見どころです。
[ATMOS]3万円/アヤメ

ココに注目!

裏から見ると板が5枚あるのが分かりますね。これが5枚蝶番の名の由来。3点鋲もデザインのアクセントになっています。

NEXT PAGE4/ 4

Hinge 03 秀でた性能の「逆Rヒンジ」

Hinge 03 秀でた性能の「逆Rヒンジ」

フィット感の向上と着脱時の負荷軽減、横顔のデザイン性、すべてに貢献。フォーナインズの揺るぎないポジションを確立せしめた機能美的名意匠。
毎日・長時間に耐えうる独自の蝶番
蝶番へのひと工夫といえば、フォーナインズは外せません。弾性のあるチタン素材の逆Rヒンジが、着脱時の負荷を軽減。フレームごとに力のバランスを見極め、最適なパーツがゼロから作られています。
[NPM-61]3万8000円/フォーナインズ

ココに注目!

逆Rヒンジは、フレームの印象との相性を考慮してそれぞれ作られています。使用時に生じる負荷を解消して、フレームの歪みや型崩れも防ぎます。
■お問い合わせ
アヤメ 03-6455-1103
トレミーフォーティエイト 0120-484-804
フォーナインズ 03-5797-2249
三城 お客様センター 0120-199-101
Adelaideclassifieds本誌では毎号連載にて、"使える"メガネの情報を掲載しています。チェックはコチラから!

ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【1】は「ロウ付け」について
「ロウ付け」は、付け心地も見た目も左右する重要な工程ですから、知って損ナシ! メガネを見る目が変わります。

ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【2】は「塗装」について
「塗装」には、長い時間と職人の技術を要するってご存知でした? 知っているようで実は知らないメガネ塗装のいろはをご紹介。

ほぼ誰も知らないメガネのウンチク【3】は「プレス加工」について
メガネフレームの大枠は「プレス加工」によって作られます。強度を高める意味でも、デザイン性の面でも重要な工程なのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事