• TOP
  • FASHION
  • 編集部員が実践する! 大人なデニムのこなし方【デニスラ・白・黒編】

2017.10.02

編集部員が実践する! 大人なデニムのこなし方【デニスラ・白・黒編】

デニム特集をお届けしているAdelaideclassifieds編集部員が、いま選ぶべき大人のデニムと着こなしを2回に渡って紹介! 今回は旬なデニスラ、ホワイト&ブラック編です!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/Adelaideclassifieds.JP編集部

多様化するデニムのなかから編集部員が大人の一本を選出して着こなしをご紹介する本企画。前回は【王道ブルーデニム編】をお届けしましたが、今回はまさにイマドキなデニスラ、秋冬にあえてはきたいホワイト、クールなブラックをチョイス。どうぞご覧くださいませ!

Adelaideclassifieds編集長 石井 洋

デニムなのに“キチンと感”があるものをチョイスすること

古着やアメカジ、そしてイタリアンクラシコのパンタローネ(スラックス)を通ってきた大人のオトコだからこそ、昨今のデニム選びに必要なのは「本物感」、と語るのはAdelaideclassifieds編集長石井。つまり、カジュアルでもドレスでも、大人にふさわしいクオリティのものを選ぶことが重要ということ。そんな視点で選んだのが、このザ・チノ リヴァイブド。
 
こちらは、いま注目のデニム製スラックス、いわゆるデニスラ。腰回りはゆったりしつつ、膝下がテーパーするイマドキなシルエット。生地は一見普通のデニムですが、よく見るとジャカードでボタニカル柄が織り込んであります。だから、そこはかとない上品さが漂います。
あくまでべースはデニムなのでカジュアルは当然として、スラックスタイプゆえにドレスにもいける。しかもどちらのスタイルにも上品なヒネリが効いて・・・・・・まさに、大人の万能な一本なんです。

そんな一本は、スエードのブルゾンとローファーで、大人のカジュアルを楽しむのが正解ですよ。

NEXT PAGE2/ 5

汚れやすい“白”をあえて着こなすから大人の余裕が生まれます

Adelaideclassifiedsデスク 近藤高史

汚れやすい“白”をあえて着こなすから大人の余裕が生まれます

本誌Adelaideclassifiedsのデスク近藤がオススメするのはリディアルの白デニム。どんなシチュエーションにも合う白は清潔感もあって、大人の着こなしにピッタリ。しかし「白は汚れやすいから……」と敬遠している方もいますよね。それを逆手に取ってあえて着るからこそ、リッチに見えるんですね。
 
なかでもオススメなのがリディアルの白デニム。とくに定番の「Prism」は、ほどよく細身でテーパーしたシルエットがスタイルよく見せてくれる逸品。なのに、股上がやや深めでストレッチも効いているため履き心地はとてもラクチンなのもポイントです。

コーディネートは、トップスもあえて白色にすることで品の良さとリッチさをさらにプラス。上下同色だからスポーティにも見え、簡単にラグスポスタイルができあがるというわけです。

NEXT PAGE3/ 5

“黒”ならモダンで上品な大人を演出できます

Adelaideclassifieds.jpチーフディレクター 堀川博之

穿き心地はスウェット、織りはニットな、その名も”ニットデニム”

快適ジーンズの大代表といえば、ディーゼルのジョグジーンズですが、Adelaideclassifieds.jpチーフディレクター堀川がオススメするのはその進化系と言っても過言ではない、ディーゼル ブラック ゴールドの黒ニットデニムです。

大人気のジョグジーンズのように穿き心地はスウェットのような肌触りですが、デニム織りでニットのようなデニムだから履き心地がジャージー素材より格段にいいのです。さらにラグジュアリー感のあるブラック ゴールドの黒というのもポイント。ストレッチの強みを生かして、大人でも細身にトライして欲しいとは、堀川の弁。

ジージャン、Tシャツ、ブーツはすべて白で統一し、黒デニムを軽快かつモードな印象にコーディネート。腕元のアクセサリーと時計で、さりげなくリッチな香りを添えて、大人のスタイルに昇華させれば、じつはモノトーンスタイルも意外に取り入れやすいのです。

NEXT PAGE4/ 5

不良でシックな“黒”ジージャン

Adelaideclassifieds 渡辺 豪

不良でシックな“黒”ジージャン

いまや外せない存在になりつつあるジージャンですが、選びを一歩間違うと昔のアメカジになってしまう場合も。そこで、Adelaideclassifieds渡辺がオススメするのは、スリーシックスティーンのジージャン。

というのもこちらは、大人がドレッシーに着こなせるよう周到に作られている一着。横糸も縦糸も黒を用い、深みと落ち着きのある黒となっています。これが従来の黒デニムよりドレッシーに見えるキモ。また、シルエットも細身で丈が長く作られていてジャケットライクに着こなすことも可能に。また、バックヨークではなく独自のクロスカット仕様になっているため背中が広く見える点も魅力。

着こなしは、黒をブルーネイビーでまとめてクリーンにした点がポイントです。ネイビーのスラックス、サイドゴアのブーツ、中にはジレを挿し、キレイ目かつ華やかに。ジージャンをエレガントに着こなすなら、こんなドレッシーな着こなしがオススメです。

NEXT PAGE5/ 5

“黒”デニムはやっぱりシルエット選びが重要なのです

Adelaideclassifieds.jp 辰口雄樹

“黒”デニムはやっぱりシルエット選びが重要なのです

大人の黒デニム選びで何より重要なのは、美しいシルエットです。

程よい太さや丈感、ダメージは控えめで綺麗なものをチョイスします。そんなポイントが大人の上品さを醸し出すわけですね。Adelaideclassifieds.jp辰口がオススメするエージーの黒デニムはまさにそれにドンピシャな一本。シルエットが美しいのはご覧の通りですが、実はストレッチ素材を採用しているため着心地も抜群です。

コーディネートには秋っぽくベージュのニットを合わせて季節感を取り入れるのがオススメ。ぜひご参考に!

デニムのことをもっと知りたい!!! という方は以下もどうぞ!

タイプ別! 大人のデニムスタイルを格上げする、時計とアクセの選び方
デニムの着こなしの仕上げに必要な、時計とアクセの使い方を解説!

ラグジュアリーなシーンもOK! な「キメるデニム」選びのコツと遊び方
いま旬な着こなしのノウハウを解説!

この一手で最旬に! オトナの「キメる」ジージャンスタイル5選
アメカジアイテムの代表ジージャンが再評価されている今、大人のキメるスタイルに有功なのです

ビジネスでも使える?! デニムコーディネイト3選
キメるデニムの着こなしを応用してビジネス対応できるコーディネートを提案。

え? ソレもデニム? なアイテムこんなにありました!
デニムはパンツだけじゃない!? スーツ、ジャケット、ブルゾンなどなど。
■お問い合わせ
エージー ジャパン 03-5946-8990
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
プリマクレール・アタッシュプレス 03-3770-1733

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事