• TOP
  • FASHION
  • 編集部員が実践する、大人なデニムのこなし方【王道ブルーデニム編】

2017.10.02

編集部員が実践する、大人なデニムのこなし方【王道ブルーデニム編】

デニム特集をお届けしているAdelaideclassifieds編集部員が、いま選ぶべき大人のデニムと着こなしを2回に渡って紹介! 今回は王道のブルーデニム編です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/Adelaideclassifieds.JP編集部

特集でお届けしてきましたデニムのアレやコレ。シメは手前味噌ながら、編集部員たちがリコメンドする、大人なデニムと、その着こなしをご紹介いたします。

ジョグジーンズを筆頭に、デニム顔のウールや、やっぱり気になるヴィンテージまで、一口にデニムといっても、そのバリエーションは本当に豊富。そんな中から、いま大人のオトコが選ぶべき一本とは?
そして、それをどう着こなすのか? 

編集部員10人が、なかでもコレ!という1本を選出。この秋オススメの着こなしとともに解説します。
まず前編では王道のブルーデニムから、5スタイルをご覧くださいませ!

王道ブルーデニムの着こなし5選

Adelaideclassifieds 副編集長 堀川正毅

これぞデニム! 定番色インディゴブルーも選びを“サラリ”で今っぽく

副編集長の堀川が選んだのは、アクネの新デニムライン「ブロ コンスト」。色味はこれぞデニム!なインディゴブルーで、シルエットもクラシックなストレートですが、だからこそ多様なデニムが登場している今、新鮮に映ります。

そんな王道の一本は、抜け感のある色落ちと絶妙な丈のおかげで“サラリ”とした印象。つまり、キレイめな着こなしに、絶妙なハズしの効果をプラスしてくれるんです。

コーディネートのポイントは、“ブロードの白シャツ”に“タッセルローファー”、“黒のアウター”であくまでシンプルリッチなキレイめにすること。無骨なボトムの大代表的デニムも、こんな風に合わせることで、その個性がいい意味で効いてくるのです。
PAGE 2

Adelaideclassifieds 市村広平

タフなイメージを払拭、マッキントッシュのジージャン

ジージャンといえば、アメカジスタイルの大定番。タフでワイルドなイメージが最大の魅力ですが、大人な一着は、周到にアップデートされたものを選ぶのが正解。そういう意味で、マッキントッシュのこちらは最適。

一見するとかなりアジが出ていますが、そこはかとなく上品なのには理由があります。よく見ると、フロントボタンはフラットなメタルボタンに変更。さらに本来タイトなジージャンのシルエットを、アームやボディを”ほどよくゆったり”なサイズ感にすることで、ソフトな雰囲気に仕立てています。

その着こなしのポイントは、ジージャンのタフさをグレートーンで中和させていること。ほどよくゆったりなグレスラ、グレーのニットカーディガンならソフトな印象なので、ジージャンともしっくり。だから、あくまでジージャンが主役でいながら、全体としては上品な印象になるんです。
首元と裾から白Tを覗かせれば、クリーンなイメージも加わりますので、ぜひお試しを!
PAGE 3

Adelaideclassifieds.JPチーフディレクター 高橋 大

リーバイスの「赤耳」が、いま丁度いい?!

デニムといえばはずせないのがやっぱりリーバイス。代表モデルの「501」は、世界中に多くのファンを持つデニムの代名詞的存在で、Adelaideclassifieds.jpチーフディレクターのタカハシがオススメする古着もそのモデルの一本。

古着といっても、ヴィンテージと呼ばれるものではなく、通称「赤耳」と呼ばれるタイプをチョイス。「赤耳」の特徴は、サイドに現れる“アタリ”(この独特な色の落ち方はセルビッジ付きのみ)と、縦落ちではないムラっぽい色落ち。ヴィンテージマニアからすると、実は評価の低いこの色落ち感が、クリーンでさらりとした着こなしにぴったりなんです。もちろんダメージなしというのもポイント。

コートは、デニムとのなじみを考えてコーデュロイですが、黒ならシックな印象に。足下はビットローファーで艶っぽくまとめるのもお忘れ無く。さらにトレンド感をプラスするなら、柄の開襟シャツを加えるのも手です。
PAGE 4

大人の着こなしにピッタリのおすすめダメージデニム

Adelaideclassifieds.JP編集長 前田陽一郎

本物を知る大人だからこそ履きこなせる変化球デニム

Adelaideclassifieds.jp編集長の前田がオススメするのはその名も「尾道デニム」。ハイクオリティの繊維業で名高い備後地方(尾道)で、機械加工を一切加えずに作られる一本です。人の手で丁寧に色落ちの進行具合や状態を見極め、洗い方や加工を変えて仕上げられます。

さらにこちらのデニム、「尾道デニムプロジェクト」の1本。世界各地の人々と1本のデニムを引き継ぎ合うバトンレースのようなこの企画では、履く人の背景の物語を共有することで、デニムの変化や人との縁を楽しむことができます。

第1弾で創り上げたデニムの総数は540本。まずは職人の魂を受け継いだ尾道のリアルワーカー270人にそれぞれ2本ずつ渡し、週ごとのローテーションで穿いてもらい、その後毎週「回収・配布」 → 「洗う」 → 「穿く」を交互に繰り返しその工程を1年間続けてようやく最初のデニムが完成します。

そんなストーリーをもつ主役級のデニムだからそれに合わせるアイテムは極々シンプルがオススメ。たとえばライダーズジャケットやスニーカーを合わせれば大人の上質スタイルが決まります。
PAGE 5

Adelaideclassifieds 武田一希

バイカーデニムも、選び次第ではオトナにこそオススメ

手間暇かけた加工に定評のあるイタリアのデニムブランド、ディースクエアードのなかでも「タイディ バイカー」は、腰から足首にかけて急激に細くなるテーパードシルエットで美脚効果抜群の大人気モデル。立体裁断による仕立ての無骨な見た目とは裏腹に、その実脚の動きにフィットする快適な履き心地なのです。

その名の通り、バイカーパンツから着想を得たステッチ使いによりこなれ感が生まれ、コーディネートのアク足しに最適です。程よいダメージと太すぎず細すぎないシルエットも大人のスタイルにピッタリ。

オススメのコーデは、往年のバラクータの「G9」。モードなデニムにクラシック感漂うアイテムを合わせることでバランスが上手く取れ、今っぽく着こなせるのでおすすめです。

デニムのことをもっと知りたい!!! という方は以下もどうぞ!

ラグジュアリーなシーンもOK! な「キメるデニム」選びのコツと遊び方
いま旬な着こなしのノウハウを解説!

この一手で最旬に! オトナの「キメる」ジージャンスタイル5選
アメカジアイテムの代表ジージャンが再評価されている今、大人のキメるスタイルに有功なのです

旬な着こなしがキマる! 人気デニム8選
デニスラ、テーパードデニム、黒デニム、ダメージデニムから注目のモデルをご紹介!

この秋、デニムでモテるアウターは「サラリで色気アリ」!
秋もだんだんと深まっていくこの季節に、デニムに合わせたいアウター3点をご紹介!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL