• TOP
  • FASHION
  • ファッションとアートを繋ぐリオデジャネイロ発、オスクレンの挑戦

2017.09.24

ファッションとアートを繋ぐリオデジャネイロ発、オスクレンの挑戦

CATEGORIES :
写真/Naoko Maeda
取材・文/菅 礼子(本誌)
ブラジル・リオデジャネイロ発のライフスタイルブランドとして1989年にスタートした「オスクレン」。日本に上陸してから早10年、今夏にはGINZA SIXにフラッグシップショップをオープンしました。

クリエイティブディレクターのオスカル・メツァヴァト氏が見せるアートとファッション、さらには社会的な支援活動としてのサステナビリティーが融合した新しいファッションは色あせることを知らず、さらに進化しています。
PAGE 2

ファッションとアートこそコミュニケーションの手段

リオデジャネイロにある「オスクレン」のヘッドオフィスは、吹き抜けになったインテリアと外光のさす開放的で居心地のいい空間。普段は世界中を飛び回るクリエイティブディレクターのオスカル氏もオフィスで新作コレクションの最終チェックに入っていました。

GINZA SIXの新店オープンを期に、さらなる日本市場拡大に意欲を見せる「オスクレン」ですが、ラテン発ならではの鮮やかな色遣いに加え、氏が表現するファッションは日本でも特異な存在です。「オスクレン」をブラジルを代表するブランドに押し上げながらも、自身はペインター、写真家などとしても多くの功績を残しています。
PAGE 3
ファッションとアートのインスピレーションの棲み分けはあるのか?という質問に対し、オスカル氏はこのように述べています。

「ファッションもアートも区別はしていないんです。だいたい私の実体験をもとに形にしています。ファッションもアートもコミュニケーション手段です。アマゾンに行った際、『アイオアスカ』という先住民族の儀式を見たことが人生に衝撃を与える体験でした。そこでの体験は写真としてアート作品となり、そこにいた先住民のかたたちの協力を得て、“ピラルク”のコレクションを作ることにしました」

”ピラルク”とはアマゾンに生息する大魚で、その革を使ったバッグやスニーカーなどのレザーコレクションが新たなアイコンとして発表されています。

「昔からゴージャスで煌びやかなものが”上質”なファッションとされていますが、「オスクレン」が考える”上質”、とは真逆のアプローチです。人間の体系的な暮らしのビジョンをファッションとして捉えています。だから、ゴミになっていたピラルクスキンはソフトで強度のあるレザーグッズに生まれ変わりました。それこそ、真のラグジュアリーなのです」

”ピラルク”以外にも、森を守り、美しい水を守るなど、地球のためにできるサステナビリティーの一環としてさまざまな素材が“e-fabrics”としてオスクレンから発表されています。ケミカルな原料を一切使わずリサイクルで紡がれる糸は、ハイテクノロジーによってモダンな服に姿を変えます。

「サステナイビリティーとテクノロジーの融合が21世紀の私たちが考えるラグジュアリーです」
PAGE 4
PAGE 5

オスクレン流“サステナビリティー”という概念はさまざまな分野で力を発揮しています。

現在ブラジルではコレクションラインを取り扱う「オスクレン」ストアの他に、潮の香りを感じさせるリラックスウェアが揃う「オスクレン プライア」、サーフィンのガジェット系を扱う「オスクレン サーフィン」がリオデジャネイロの高級ショッピングエリアのイパネマにお店を構えています。

また、アマチュアサーフィン大会のスポンサードを務めるなど、オスカル氏の活動はファッションデザイン、アート活動、地域活性のサポートと、止まることを知りません。
PAGE 6

2018年春夏コレクション

オスクレンのリオデジャネイロ各店舗、GINZA SIX店舗、商品の紹介はVol2に続きます。

■オスクレン
お問い合わせ/オスクレン 銀座店 ☎03-6264-5560
URL/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

https://avrora-trans.com

oncesearch.com

центр реабилитации наркозависимых