• TOP
  • FASHION
  • 金ボタンの黒ブレザーで、色気と不良さを醸します

2017.09.02

金ボタンの黒ブレザーで、色気と不良さを醸します

本誌10月号では、歳を重ねたオトコならではの"色気"を「サラリ」とこなすコツを提案中! Adelaideclassifieds.jpではその中からピックアップした情報をご紹介します。

CATEGORIES :
写真/人物・片桐史郎(TROLLEY)、静物・小林孝至(イタルスタジオ) 
スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/星 隆士(SIGNO)
文/竹内虎之介(シティライツ)、持田慎司、Adelaideclassifieds編集部
撮影協力/メルセデス・ベンツ日本
2017年10月号より
近頃何やら無性にブレザーが気になるという人、いらっしゃいますよね。それも近年の軽やかなファッションの空気をちゃんと読んでいる証拠です。そしてブレザーは、大人のオトコにとてもよく似合うアイテムですから、着ない手はありませんね! さらに大人の色気を引き出すなら断然「黒」がオススメです。

自然な色っぽさを醸し出せるのが第一の魅力

白いカットソーの上に、まるでカーディガンでも羽織るように黒ブレザーをサラリと纏う。昼間の色気ともいうべき、こういう自然な艶っぽさを薫らせられるのも、元来スポーティな黒ブレザーの魅力です。
ブレザーは下の写真参照。デニム11万円/バルマン オム(ブルーベル・ジャパン)、Tシャツはスタイリスト私物
ブランドのアイデンティティを反映したセクシーな黒ブレザー
厳選された作り手による、手仕事を駆使したイタリア製の一着は、タイトなシルエットと細いラペルを備えたセクシーな印象の仕上がりが魅力。大振りの金ボタンはフランス軍服と同じサプライヤーによって生産されるブランドのアイコン。
28万円/バルマン オム(ブルーベル・ジャパン)

黒フランネルのブレザーはドレポロでエレガントに

黒ブレザーを、黒のドレスポロシャツとキャメルのパンツで作る茶×黒のコーディネートのなかに落とし込む。そうすることで、サラリとした軽やかな雰囲気にも、上品な色気が薫ります。
男性●ブレザーは下の写真参照。ポロシャツ3万3000円/ジョン スメドレー(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ3万8000円/インコテックス(シップス 銀座店)、サングラス6万3500円/マイキータ(コンティニュエ)、時計77万円/ウブロ 女性●シャツ4万6000円、パンツ5万5000円/ともにマディソンブルー
オーソドックスにしてクールな艶黒フランネルのブレザー
オーソドックスなブレザースタイルを黒のライトウェイトフランネルで仕上げた一着。起毛素材でありながら光沢感を帯びた生地が、色っぽい雰囲気を強調。あえてのシンプルな金ボタンもクールな印象です。
7万8000円(オーダー価格)/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

夜に映えるのが実は一番のポイントだったり…

もちろん黒の一着は夜のシーンにも似合います。さらに紺ブレと違い無彩色の黒ブレザーには、どんな差し色も映える。だから、チビスカーフをチラリと覗かせればさらなる色気増しを図れます。
艶なムード漂う黒ブレザーゆえ夜仕様の色気増しもキマります / 男性●ブレザーは下写真参照。ニット3万円/ジョン スメドレー(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ2万9000円/ベルウィッチ(アマン)、スカーフ1万3000円/フィオリオ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、時計565万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京) 女性●ワンピース9万6000円/レ・コパン(サン・フレール)、ピアス1万7000円、ブレスレット3万6000円/ともにリンクス オブ ロンドン(リンクス オブ ロンドン青山店)
ピーノ氏への直談判で生まれたAdelaideclassifieds別注の真っ黒ブレザー
タリアトーレのピーノ・レラリオ氏にAdelaideclassifiedsが直談判して誕生した黒ブレザー。もともとはレディス用のストックだった生地をAdelaideclassifiedsが発見し「大人のオトコのために!」とワガママを通したスペシャルな一着です。ボタンも黒に合わせ色気漂うゴールドに。
9万円/タリアトーレ(買えるAdelaideclassifieds)

そして、着こなしはサラリが正解です

黒という不良なカラーに包まれることで、俄然艶っぽいアイテムに姿を変えるブレザー。大人のオトコはこれをサラリと着こなし、年齢を重ねたことでしか出せない色気を漂わせるのです。
ブレザーにはジャケットよりも軽やかでスポーティなニュアンスがあります。かしこまらずカジュアルスタイルにサラッと羽織れる……そんな自由な感じが、いまの気分にぴったりなのです。しかも、元来トラッドの代表選手であるブレザーは、我々にとってなじみ深いアイテム。加えて、その金ボタンにはリッチさも漂うので、大人のオトコとしてはとても手に取りやすい一着といえます。
 
ただし、どこか品行方正なブレザーには、もうちょっと不良な薫りが欲しい、というのが本音かと。そこでお届けするのが「黒」のブレザー。少しだけ色味が濃くなっただけじゃないの? と言うなかれ。そもそも紺というレギュラーカラーがあるブレザーなればこそ、その微差が大きな違いを生むのです。醸し出されるのは精悍でモダンな印象。そして、それを大人のオトコが纏うと、なんとも不良そで色っぽい薫りが漂うのです。もちろんブレザー本来の自由な感じはそのままなので、結果的に“サラリで色気アリ”なスタイルとなるのです。
■お問い合わせ
麻布テーラープレスルーム 03-3401-5788
アマン 03-6805-0527
ウブロ 03-3263-9566
買えるAdelaideclassifieds kaeruleon.jp
コンティニュエ 03-3792-8978
サン・フレール 03-3265-0251
シップス 銀座店 03-3564-5547
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ブルーベル・ジャパン 03-5413-1050
マディソンブルー 03-6434-9133
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
リンクス オブ ロンドン青山店 03-3408-4509

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事