• TOP
  • FASHION
  • モテる秋の黒×色コーディネイト8選 vol.1

2017.09.01

お洒落なオトナは六本木ヒルズで始める

モテる秋の黒×色コーディネイト8選 vol.1

CATEGORIES :
取材・文/長谷川剛(04)
スタイリング/吉野誠
撮影/蜂谷哲実(hachiya studio)

差別化が図れる六本木ヒルズ限定こそ狙い目

お洒落を品良くアピールする手段として簡単かつ効果的なのが、装いに季節感を盛り込むこと。特にこれからの季節は、ボルドーやブラウンなど秋らしく味わい深いカラーを取り入れることで、落ち着きと華やかさを同時にアピールすることが可能。ただし、それだけではモテるオトコとしてはまだ不十分です。
主役となるアウターの色気を十分に引きだすべく、ブラックのパンツやインナーで着こなし全体をクールに引き締めてはじめて、オトナの上級スタイルが完成するのです。
さらにその“主役”が少数六本木ヒルズ限定の別注モデルであれば、人とかぶる心配も少ない、特別なスタイルになるというわけです。

遊び心をピリッと効かせた、新世代アズーロ・エ・マローネ

ユナイテッドアローズ 六本木

コート25万円(六本木ヒルズ限定)/カルーゾ、スーツ7万5000円、ニット1万7000円/すべてユナイテッドアローズ、ベルト1万4000円/ハーディ&パーソンズ、靴8万5000円/クロケット&ジョーンズ(すべてユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)
いわゆるイタリア人が好む“アズーロ・エ・マローネ(伊国語で紺と茶)”を軸にアレンジしたリッチなオフスタイルです。襟や胸回り、それにベルトや靴などの要所をブラック小物にて引き締めているのが大きなポイント。それゆえに単なるコンサバな味わいのみならず、都会的なシャープさがアピール可能なのです。注目すべきはコートの衿上にあしらわれたデコラティブなアストラカン・ファー。決して派手ではないのに強印象なディテールが、オトナの遊び心をラグジュアリーに匂わせます。

強印象な衿が思わず目を引く、リッチなカシミア混コート

伝統的な仕立て技とラテンの遊び心を備えたブランドとして、世界中のドレッサーから支持されるカルーゾ。このベルテッドコートはウールカシミアをベースにストレッチ素材をブレンドした要注目の新作です。取り外し可能なアストラカンファーの衿に加え、ユナイテッドアローズの別注により、現代的なスマートフィットにアレンジされているのが最大の特徴。ロング丈の優雅さと細身によるスマートさが同時に味わえる至福の一着です。

甘辛ミックスがクセになる! レザー×スポーティな合わせ技

エストネーション

シャツジャケット34万8000円(六本木ヒルズ限定)/セラファン、ニット3万円/ジョン スメドレー、チーフ1万円/ターンブル&アッサー、パンツ2万7000円/ジャブス アルキヴィオ、ベルト1万4000円/マキシマム ヘンリー、靴4万8000円/ソロヴィエール、メガネ3万4000円/ネイティブ サンズ(エストネーション 六本木ヒルズ店)
テーラードのジャケットではかしこまりすぎ。とは言え布帛のブルゾンでは学生っぽい。そんなときにハマるのがレザー製のシャツジャケットです。ボルドーカラーの一着は、レザーの重厚感とシャツジャケットの軽快さを備えた洒脱な仕上がり。ブラックのイージーパンツと合わせることで、シックで都会的なスポーツカジュアルスタイルが完成します。小粋に見せるポイントはスニーカー。シャツジャケットとカラーを揃えつつも起毛感豊かなベロア素材のアッパーが、エレガントな雰囲気を引き立てます。

3シーズン以上活躍必至の中綿入り革製シャツジャケ

世界的トップメゾンのレザーアイテムも手掛ける革のエキスパート、セラファン。なかでも高い完成度を誇るのが、スポーティなシャツデザインの一着です。色気漂うボルドーカラーに加え、ウォッシュ加工による独特のくったり感が、羽織ったときにこなれた洒落感を漂わせる高感度な仕上がりです。実はこの一着、一枚仕立てではなく保温性に優れた中綿仕様。インナーを選ぶことでいろいろな季節に着回せるところも見逃せません。
◆ モテる秋の黒×色コーディネイト8選 『vol.2』

  http://adelaideclassifieds.info/articles/6227
◆ モテる秋の黒×色コーディネイト8選 『vol.3』

  http://adelaideclassifieds.info/articles/6228

◆ モテる秋の黒×色コーディネイト8選 『vol.4』

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事