• TOP
  • FASHION
  • ジャケットを今どきに見せるこの一手

2017.07.29

ジャケットを今どきに見せるこの一手

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木克典、椙本裕子、
小澤 達也(STUDIO Mug) 文/池田保行(04) 協力/山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04) イタリアスナップ/Massi Ninni、前田直子

オトナはどんなときでもジャケットを一枚持っていたいもの。

特に近年のそれは芯地や肩パッドもなく、ビジネスシーンをはじめとしたオンタイムに限らずカジュアルな装いにもピッタリなものが数多くラインナップされています。

そんなジャケットを、気取らす洒落て魅せるなら、いまどきはドレスなシャツではなく、クルーネックのTシャツがベターというお話。

ラウンドネックの無地Tシャツがジャケットをモダンに魅せる

ジャケットを簡単に着流すなら、インにラウンドネックのTシャツを合わせるのがオススメです。本誌でも着流しとしてご紹介してきましたが、コレが街のお洒落なオトナたちにしっかりと浸透している様子。

Tシャツの襟のカタチは、胸元の開いたVネックより、主張しすぎないクルーネックが最適です。しかもシンプルな無地なら、ジャケットの色や柄を気にせず合わせやすいうえ、シックな装いに見えますから。ジャケットのインには無地のラウンドTが真似しやすいでしょう。

ちなみにここでもやっぱり白Tは鉄板の様子。そんな白Tをインナーに使う場合、襟周りのリブは細いものより太いものを選ぶほうが、下着っぽく見えないのでスポーティにこなせますよ。

ラウンドネックの無地Tシャツがジャケットをモダンに魅せる

内田貴之さん(33歳)はイッセイミヤケのポリエステルジャケットを愛用。ムラ染めやステッチなどでアレンジされたものですが、こういった個性的なトップスのインナーこそ白Tに限ります。パンツがクロップド丈ゆえ、ジャケットの袖を捲っているのも、上手いバランスの取り方ですね。
足元はイッセイミヤケのレザースニーカーを素足履き。ぽってりしたフォルムが、モードな気分を薫らせます。

NEXT PAGE2/ 2

街のオトナはジャケット×ラウンドTを巧みにこなす

街のオトナはジャケット×ラウンドTを巧みにこなす

イタリアオトコに見る、ラウンドTをジャケットで着流すテク

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事