• TOP
  • FASHION
  • 腕元のジュエリーは、ほどよくコクが出るネイティブ仕様

2017.07.29

腕元のジュエリーは、ほどよくコクが出るネイティブ仕様

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log)、椙本裕子、鈴木克典、小澤 達也(STUDIO Mug)
文/吉田 巌(十万馬力) 協力/山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04)、池田保行(04) イタリアスナップ/Massi Ninni

薄着となる夏はほかの季節以上に腕元のお洒落が重要なポイントになります。では、巷の大人はこの最大の魅せどころを、どんな方法でカバーしているのか? 実際に街に出かけて調査したところ、バングル使いが浸透していたのでした。
 
なかでも“ちょいネイティブ”なモチーフのタイプが圧倒的人気であることが判明。ネイティブといっても、比較的シンプルで細身のタイプなら、いまどきの着こなしの絶好のポイントになるのです。

街ノリならいつもの格好に気負わずつける

今年の夏の大人の腕元にはシルバーのバングルやブレス愛用者が多数でした。しかもよく見るとネイティブ系の装飾が施されたものをしている人が多いんです。今回の街頭スナップでもそのことを改めて実感。
 
ただ、そういう御仁の装いを観察すると、ネイティブジュエリーから連想する男臭さがプンプンと匂い立つような暑苦しいカジュアルではなく、どちらかといえばシンプルでクリーンな着こなしに合わせているのでした。
 
ここ数年の服のトレンドがよりシンプルな方向にシフトしているため、腕元のジュエリーは程よくコクが出るネイティブ仕様がいいアクセントになるのです。
 
とはいえ、大きなターコイズがセットされたものや、極太サイズという主張の効いたデザインのものは少なめで、いまどきの装いに合わせやすい細身で華奢なタイプを選ぶ人が多数。袖口を邪魔しないので、Tシャツからジャケパンスタイルにまで汎用性あり。
 
また、これらを複数本重ね付けしたり、ビーズブレスなどほかのアクセと併用してさらに腕もとにコク足し、というのも夏の大人の手なのです。

夏気分をさらに高めるのが腕元のバングル

ネイティブアクセの伝統モチーフのひとつである羽根(フェザー)デザインのシルバーバングル。フェミニンにも見えるデザインですが、そこにチャン・ルーなどのビーズアクセをグル巻きし、男らしさを高めています。
PAGE 2

街のオトナも腕元はちょいキラリ

イタリアオトコに見るネイティブジュエリーのこなし方

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

imagmagnetsns.ua

У нашей компании полезный блог с информацией про дизайнер интерьера киев https://engi.kiev.ua
запчасти на тойота