• TOP
  • FASHION
  • モテ色=派手色なのか? イタリアオトコを例に検証してみた

2017.07.28

モテ色=派手色なのか? イタリアオトコを例に検証してみた

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/吉田 巌(十万馬力) イタリアスナップ/Massi Ninni、前田直子

ここ数シーズン流行りの着こなしといえば、黒、白などのモノトーンや、上下で色数を控えた着こなし。
 
そんなシックなスタイルにキレイな色を少しだけ差すというのも、強い日差しの下、夏の大人の着こなしには有効なのです。
 
そこで参考になるのが、イタリアオトコたちの着こなし。元来シックなスタイリングのなかにカラフルな色を上手にポイント使いし、さりげなくセンスをアピールするイタリアオトコたちのテクニックをチェックしてみましょう。

派手色使いはサジ加減が重要です

“派手色使い”と言っても、何も無闇にカラフルな服を纏って目立つことを推奨しているわけではありません。あくまでシックな見栄えを崩さないなかでの、ちょっとした遊び、あるいはサジ加減が肝要というお話。
 
でも、こうした着こなし、じつは簡単なルールに則れば、誰もが即再現できるものなんです。
 
そのルールとは、“Vゾーン”や“足元”といったごく一部のポイントにのみ色を挿すという法則。仮にジャケットやパンツといった面積の大きなものをビビッドな色にしてしまうと、よほどのお洒落巧者でもない限り、浮いてしまう事しきりですよね。
 
これはイタリアオトコとて同様で、皆さんベースはコンサバティブ。そんな中でポイントに派手色をちょい挿しすることで華やかさや色気、大人の茶目っ気を巧みにプラスしているんです。この絶妙な塩梅を参考にぜひお試しくださいませ。

簡単で効果的! ネクタイとチーフでチラリ艶色

ビジネスシーンにおいては、定番のテクニックですが、はじめてのかたでもマネしやすいのがこのネクタイとチーフに色を差すワザ。

とはいえ、紺スーツに赤いネクタイというようなコントラストを効かせる組み合わせよりも、まずは同系色で鮮やかな色合いを選ぶのがベターですよ。
明るいブルーのスーツに白シャツというコンバディブな装いを、胸に挿したオレンジベースのポケットチーフでぐっと洒脱かつ色っぽく仕上げています。ニットタイとエルメスのベルト、さらにブートニエールを全てブラウンで統一していた洒脱なかた。

NEXT PAGE2/ 2

イタリアオトコはVゾーンが巧み

イタリアオトコはVゾーンが巧み

足元でサラリと派手色がオトナの小ワザ

靴は全身のなかでもカラダの中心から遠くにあるアイテム。面積が小さく、また動きがあるので、多少色味が派手であってもポイントになりやすいのです。たとえば発色のいいカラフルなスニーカーを合わせて、オトナのハズしを楽しむというのもアリですよ。
シャカシャカした生地のネイビーのダブルジャケットに、共生地のクロップド丈パンツを合わせた御仁。こういういまどきのセットアップを白Tシャツ&白スニで攻略するのは定石ですが、あえて足元に蛍光グリーンのランニングシューズをチョイスしてしまうのがさすが。じつは足元はこういう強い色味を持ってきてもありなのです。

イタリアオトコは足元にキレイ色

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事