• TOP
  • FASHION
  • 冬のオトコは「ニット」と「コート」

2016.11.24

冬のオトコは「ニット」と「コート」

秋冬のお洒落には、使えるアイテムが多い。<br>つまり、経験豊富なオヤジの腕の見せドコロ。<br>しかし、その分手間がかかるのは悩みドコロ。<br>「ニット」と「コート」の選びと着こなしで、労なく簡単に決まるコツを教えます。

CATEGORIES :

「ニット」は男の内面 「コート」は男の顔です

秋冬のお洒落はオヤジの腕の見せドコロ。だって使うアイテムが多い分、豊富な経験値が大いに役に立ちますからね。とはいえ正直なところ、労なく簡単にキマるならそれに越したことはないというのも本音かと。

そこでAdelaideclassifiedsは考えました。例えばカットソーの上に一枚着るだけで装いが完成するアイテムはないものかと。で、そこから導き出された答えが「ニット」と「コート」というわけです。

もちろん両者とも決して目新しいアイテムではありません。でもですね、今季のソレらは選びとこなしが違うのですよ。

Knit&Coat 01 オヤジにこそ似合う「ミドルゲージニット」

オヤジの余裕を演出する"ざっくり"ニット

この秋のニット選びのポイントはズバリ、ミドル〜ローゲージ手前くらいのざっくりニットをチョイスすること。これなら一枚でサマになりますゆえ、複雑な小ワザが不要。

加えて、そのほっこりとした雰囲気は、小僧よりも経験がにじみ出るオヤジのほうが断然似合います。しかも、カラダのラインがはっきりとわかるハイゲージと違い、七難隠す効能もある。

と、どこをとってもオヤジ向きの一枚なのです。で、例えば淑女を家に招く際、上質なざっくりニット一枚でいれば、それこそリッチなリラックス感が漂います。つまりは簡単なのに間違いなくオヤジの余裕を演出できるというわけ。
Sloane[スローン] リッチなリラックス感
ネック周りを、流れるような独特の編み地に仕上げたこのブランドのアイコンモデル。立体的な成形と美しい畦を備え、袖や裾周りの細部にいたるまでこだわった一枚。そのゆったりとしたサイズ感も、オヤジの余裕を醸す武器になるのです。2万9000円/スローン

Knit&Coat 02 オヤジにこそ似合う「フード付きニット」

甘さと優しさを演出するかぶりのニットパーカ

ダッフルコート然りですが、それがあると途端に若々しさが際立つ、フードというディテール。しかもかぶりタイプなら、ジップなどの金具がないためよりリラックスした印象に。

着ればいつもの自分とは異なる"あの頃"の気分までカムバック。もうひとつの武器でもある優し気でお茶目な雰囲気も演出可能ですよ。
Ralph Lauren[ラルフ ローレン] ほっこり感がオヤジに優しさをナイスブレンド
二枚仕立てのフードが放つ肉厚な立体感は、さながらマフラーのごとき温かみ。首周りの表情をデコラティブかつリッチな雰囲気に格上げしてくれます。あえてのかぶりのニットなら、ボタンやジップのないシンプルな仕上がりと、ニットだけからくる柔らかさが、オヤジの優しさを最大限に演出してくれるという算段です。15万6000円/ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)

NEXT PAGE3/ 2

オヤジにこそ似合う「フーデッドコート」

Knit&Coat 03 オヤジにこそ似合う「フーデッドコート」

高い襟ぐり&デカフードがモードなアナタを作ります

フーデッドコートのフードが大きく、襟ぐりが高くあればあるほど顔周りにボリュームが生まれ、なんだかモードな雰囲気が高まる算段です。

都会的で洗練された雰囲気を放ちながらもどこか怪しげ。そんなルックスが手に入るのが、フーデッドコートの魅力というわけです。
Norwegian Rain[ノルウェージャン レイン] バサッと羽織るただそれだけで良い
フード付きのバサッとコートのインナーのコーディネートは、シンプルに。むしろ、曲線をもたらすフードが際立つことで、モードな印象にヌケ感を演出することができるのです。コチラの真っ黒なフーデッドコートはまさにその最たる例で、羽織れば即、モードに。面積が大きいアイテムだけに、存在感も絶大。13万円/ノルウェージャン レイン(エリオポールメンズ銀座)

Knit&Coat 04 オヤジにこそ似合う「ベルテッドコート」

七癖隠すベルト付きコートはオヤジの強い味方です

ベルト付きのコートは、ウエストをシェイプさせて見せたり背中をたくましく見せたりと、その体型補正効果は抜群。

しかもベルトを結ばずに着用すれば、ノンシャランとした雰囲気を演出できるうえにゆったりフォルムとのコントラストで、さらなる着痩せ効果も期待できますよ。
Sovereign[ソブリン] ゆったりフォルムが七癖隠すポイント
ウールに10%ナイロンを混紡させることでヴィンテージ調の雰囲気を見事に表現したラップコートがコチラ。ダブルフェイスの生地の表面はベージュ、裏面はオリーブの配色になっており、風にたなびいた際に裏地がチラ見えする設計です。
ベルトを前で結べばウエストのくびれを、逆に後ろで結えばたくましい背中を演出してくれるため、体型補正効果は抜群。あえてベルトを結ばずポケットにしまい、ノンシャランと着こなしても、ゆったりフォルムのお陰で着痩せ効果を期待できます。10万円/ソブリン(ザ ソブリンハウス)
写真/人物・川田 有二、静物・小林 孝至 スナップ・木村 金太 スタイリング/四方 章敬
ヘア/Ryohei Katsuma(MASCULIN) メイク/粉川 敦、森野 友香子(Perle management)
文/竹内 虎之介(シティライツ)、長谷川 剛(04)、持田 慎二

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事