• TOP
  • FASHION
  • プロに人気の軍モノ・スニーカーといえば?

2019.10.03

プロに人気の軍モノ・スニーカーといえば?

ミリタリーな武骨さをにじませながら、そのルックスは品良くクラシカルと評判の「スパルウォート」。大人が履くミリタリー顔スニーカーにおける理想を具現化した、その背景とは?

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

人気の理由は、軍用シューズのメッカ、東欧にヒントあり

いかにもミリタリー顔のスニーカーは、ただでさえカジュアル過ぎるのを気にする大人には、やはり難があります。そんな中、大人にちょうどいいミリタリー系スニーカーと好評なのが、スパルウォートです。
 
設立は2010年のスウェーデン。まだまだヤングなブランドですが、ここが作るスニーカーは実にシックでクラシカルです。その理由は、ブランド設立に至る経緯にあります。

東ヨーロッパには、かつて軍用トレーニングスニーカーを生産する靴工場を持つ国が沢山ありました。代表的なのがスロバキア。実はスパルウォートは、同国で既に閉鎖された工場を再稼働させ誕生したブランドなのです。その工場なんですが、なんと1950年代に使われていた型や機械が現存。それを生かして、スニーカーを作っているってわけなんです。
 
軍用シューズの歴史と技術をもってして作る、シックでクラシカルなルックスのスニーカー。まさに、大人のミリタリースニーカーにおける理想です。
PAGE 2

◆マラソン・トレイル 

野暮ったくならない、洗練されたレトロラン

各3万7000円/スパルウォート(メイデンズショップ)
1970年代に生産されていたモデルをベースに、トレイルランニングスタイルでアレンジした「マラソン・トレイル」。アッパーはスエード×ナイロンで、ライニングにはカーフを一部使用するなど、クラシカルなルックスとともに上質さも楽しませてくれます。細身なフォルムも、大人好み。
トレイルと名付ける通り、ソールはハイグリップなパターンを採用。アッパーのナイロンも、エアバッグに使われる耐久性の高いものになっています。
PAGE 3

◆ブリザード ロー 

アウトドア顔だけど、雰囲気は大人シック

各4万6000円/スパルウォート(トゥモローランド)
こんなシックなカラーリングも、ここの人気の理由。90年代のアウトドア系スニーカーを想起させる「ブリザード ロー」のアッパーは、スエードにスムースレザー、メッシュのコンビ使いに。ソールには色違いのミッドソールを配し、やや厚みを持たせています。ぽってりしていますが、シューレースが細い丸紐なので野暮ったくありません。
ヒールにもポイントが。スエード製のヒール中央にはリフレクター素材を採用し、アクセントを効かせています。
PAGE 4

◆トレイル ブレイザー 

ミリタリーというより、モードな香りがプンプン

7万1000円/スパルウォート(ミュージアム アーク)
厚みのあるソールと相まった、ボリューミーなフォルム。ダッド系スニーカーを想起させる、トレンド感たっぷりな「トレイル ブレイザー」。アッパーは、スエードとスムースレザー、そしてナイロンメッシュ。アッパーのデザイン自体はクラシカルですが、その配色にはモードな香りが漂います。
モードな印象を与えるさらなる理由が、ヒールのパテント使い。この光沢によるラグジュアリー感は、大人の足元に魅力です。
PAGE 5

◆スペシャルVスリッポン 

飾り気の一切ない、素朴さがポイントです

1万7000円/スパルウォート(ミュージアム アーク)
キャンバスアッパーを採用した「スペシャルVスリッポン」。その名の由来は、甲の部分にデザインされたV字型のスリット。履き口が広いことから、夏コーデやワンマイルスニーカーとして人気です。大手ブランドのキャンバススニーカーとは違う、良い意味で粗野な感じにミリタリー感が滲みます。
インサイドには、ベンチレーションホールを配したラバー製のパーツが。ここにも、ミリタリーな雰囲気が出てますよね。
※掲載商品は税抜です

■ お問い合わせ

トゥモローランド 0120-983-522
ミュージアムアーク 028-633-5620
メイデンズショップ 03-5410-6686

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL