• TOP
  • FASHION
  • 【人気】大人なレトロスニーカー8選。そのポイントは…

2019.10.03

【人気】大人なレトロスニーカー8選。そのポイントは…

リプロダクション=再現。クラシカルなルックスにぴったりの名前ですが、単に昔っぽいというだけではありません。そのプロダクトには、ミリタリーと密接な関係性があるんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

マニアも納得する、ヴィンテージミリタリーの再現

クラシックなルックスのスニーカーを展開している「リプロダクション オブ ファウンド」は、見つけ出す:FOUND、再現する:REPRODUCTIONをコンセプトに、2016SSよりスタートしたブランド。ここの真髄は単にヴィンテージ顔というだけではありません。実は展開するモデルは、昔のミリタリースニーカーを復刻させたものなのです。

ミリタリースニーカーといえば、ドイツ軍が採用していたジャーマントレーナーや、アメリカ軍が採用していたデッキシューズなどは皆さんご存知でしょうが、世界にはまだまだミリタリースニーカーにおける名作があります。リプロダクション オブ ファウンドは、それらを現代に蘇らせているってわけ。その再現度&クオリティの高さは、有名セレクトショップがこぞってセレクトしていることで、証明されています。

さらには、ヴィンテージのミリタリー好きからも高評価を獲得。なにせ、生産は東欧における軍用シューズの名産地であるスロバキアですからね。それも、ハンドメイドで!

そこで今回は、世界7カ国計8モデルをご紹介。ちなみに、インソールロゴには国と年代が記されているので、手に取った際は見てみてくださいね。
PAGE 2

◆ドイツ 

大人ミリタリースニーカーの決定版といえばコレ

黒:2万1800円、白:2万1800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
ミリタリーのトレーニングスニーカーといえば、これは鉄板でしょう。ドイツ軍が採用していたことで知られる、通称ジャーマントレーナー。メゾンブランドもサンプリングする名作です。アッパーはレザーとスエードで、細身なフォルムはスラックスにさえ馴染んでくれます。

◆フランス 

さすがフランス、ミリタリーもお洒落です

左:2万1800円、右:2万2800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
1990年代にフランス軍で採用されていたフレンチトレーナー。アクセントカラーの利かせ方に、90年代らしさが伺えますよね。そのカラーリングは、フランス軍らしくトリコロールがベースに。右はスリッポンタイプで、メッシュにリフレクター素材をレイヤードした、レトロフューチャーなルックスが魅力です。
PAGE 3

◆アメリカ 

内羽根のベーシック顔が、大人コーデに合います

左:1万2800円、右:1万2800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
1940年代頃にアメリカ海軍で採用されていた、通称デッキシューズ。ヴィンテージ市場では状態が良いものがなかなか見つからない名作を、ソールの形状までも再現。一方で、アッパーにはテフロン加工したコーデュラナイロンを採用し、アップデートを図っています。

◆アメリカ 

より大人っぽく履ける、イタリアンスエード

左:1万6800円、右:1万6800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
左のラバー製キャップトゥも、アメリカ海軍が採用していたモデルが元ネタ。ともにイタリア産の柔らかなスエードを採用しています。クラシックなスタイルですが、1.5cmもあるインソールはクッション性抜群です。
PAGE 4

◆イギリス 

都会に馴染むミリタリーカラーリング

2万1800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
スエード多めなナイロンメッシュとのコンビアッパーの質感と、シックなカラーリングが抜群に雰囲気あるブリティッシュトレーナー。90年代にイギリス軍に採用されていたモデルとあって、まさしく今欲しいデザインです。スエードはイタリア製という点も、大人が履くに相応しい理由です。

◆イタリア 

ワンマイルスニーカーとして、欲しくなります

2万2000円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
1990年代にイタリア軍が採用していたトレーニングシューズを再現。アッパーのセンターにゴムを配したスリッポンタイプで、アッパーにはイタリア産のリアルムートンを採用しています。テフロン加工を施した、コーデュラナイロンタイプもあり。

◆ロシア 

クラシックなだけじゃなく、ハイテク顔もあります

上:2万6800円、下:2万2800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
1990年代のロシア軍採用モデル。30年近く前とは思えない、今どきなデザインです。ロシア軍の払い下げ品はあまり市場に出回らないため、マニアにとっては垂涎のモデルでしょう。永久凍土が存在する国だけに、ソールはハイグリップなビブラムソールを履かせています。

◆オーストリア 

90年代リバイバルの今、まさに理想的です

2万2800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド)
1990年代のオーストリア軍用トレーニングスニーカーがベース。スエード×ナイロンのアッパーは、そのカラーリングと共に90年代ストリートに打ってつけのデザイン。良い意味でチープな感じが、ミリタリースニーカーの魅力です。それでいて、細身なので履き姿は意外に大人っぽいです。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

アイ ファウンド 03-6434-7418

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL