• TOP
  • FASHION
  • 【解説】この秋、大注目のバッファローチェックを大人に着こなす方法

2019.10.10

【解説】この秋、大注目のバッファローチェックを大人に着こなす方法

アメカジを通ってきた世代にとって、バッファローチェックは永久定番なチェック柄。それが今季、再び注目を集めています。とはいえ、大人がどう着ていいかわからない、という人も多いのでは? そこで、ほどよくアメリカンな大人の着こなしのコツをご紹介いたします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 文/安岡将文

アメカジ、渋カジは卒業! 大人なバッファローの楽しみ方

英国トラッド&カントリーなチェック柄が注目を集める一方で、その対抗馬として頭角を現しているのがアメリカンなバッファローチェック。アメカジにおける王道のチェック柄であり、90年代ストリートでも流行した柄です。

基本的にワークやカントリーといった印象が強い同柄。映画『パーフェクトワールド』でケビン・コスナーが同柄のジャケットを看守から奪いますが、その看守もテンガロンハットをかぶったウエスタンな男でした。

そんな背景もあって、田舎っぽく見えてしまう懸念がありますが、旬とあらば取り入れない手はありません。でも、野暮ったくならないよう着こなすコツは意外に簡単。それは、ダークカラーに合わせること。目立つ柄なので、他は引き算的に考えるのが賢明です。加えてドレス要素を組み合わせると、都会的に見せられますよ。

● Coordinate 01 

好発色だけに、小物でも十分に存在感アリ!

マフラー2万5000円/ジョシュアエリス(グリニッジ ショールーム)、ブルゾン13万円/デラン、ニット2万3000円/フィリッポ デ ローレンティス(ともにトヨダトレーディングプレスルーム)、パンツ4万7000円/PT01(PT JAPAN)、メガネ3万1000円/モスコット(モスコット トウキョウ)、時計86万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
別名ブロックチェックと呼ばれるだけあり、柄サイズが大きいのが特徴のバッファローチェック。それだけに存在感は抜群で、ストールとして合わせるだけでも十分にアクセント効果を発揮します。

ダブルライダースとのコーデは一見武骨感が過ぎそうですが、レッドとブラックの両方に好相性なブラウンをスラックスで合わせれば、意外にもシック。メガネによる知的演出も、武骨さを和らげてくれます。
PAGE 2

● Coordinate 02 

ハズしつつ馴染ませる、これがミソです

シャツ2万6000円/インディビジュアライズド シャツ(ユーソニアングッズストア)、スーツ10万1000円、同パンツ3万6000円/ともにルイジ ビアンキ マントヴァ(トヨダトレーディングプレスルーム)、時計126万円/ゼニス、ベルト2万2000円/イル ミーチョ(トレメッツォ)、靴3万6000円/ポルペッタ(ビームス 六本木ヒルズ)
フランネルシャツにおいては定番中の定番となる柄だけに、アメカジ顔は避けられないかと思いきや、実はこんなスーツに合わせるのもありなんです。

ただ、気をつけるべきは質感。イタリアの生地メーカー「レダ」のレダ・アクティブは、フランネルの温かみある質感と、ナチュラルストレッチや防シワ性といった多機能を両立し、カジュアルなチェックシャツともバランス良し。チグハグ感回避には、ウエスタンベルトのひと押しも有効です。
PAGE 3

● Coordinate 03 

ブラックのワントーンとなら、モード顔にも

ブルゾン9万4000円/991、ベルト1万9000円/メゾン ボワネ(ともにビームス 六本木ヒルズ)、ニット5万5000円/ヘリル(アンシングス)、パンツ3万7000円/PT01(シップス 銀座)、時計126万円/ゼニス、靴10万7000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
主役のピーコートで取り入れるなら、その他のアイテムはダークトーンでまとめてモードな印象に。バッファローチェック柄のアウターは、例えダブルフェイスで軽やかに仕立てたこの1着でも、見た目に武骨さが際立ちますから。

インナーはカシミアニット、パンツはスラックス、色はモノトーンで。そうすることで、コートの色柄を引き立てつつ洗練された印象を生み出します。
PAGE 4

◆ ラルフローレン 

注目チェック柄を、一挙に楽しめちゃいます

1万7000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)
メリハリの効いた発色が魅力でもあるバッファローチェックですが、こんな感じにこなれた色合いもまた良し。

古着と見間違うほどリアルにヴィンテージ加工されたウエスタンシャツの裏地には、タータンチェックを採用。ともにトレンドのチェック柄とあって、興味をそそられますね。

◆ ディースクエアード 

一見アメカジの定番顔ですが、背中には秘密が

13万4000円/ディースクエアード(ディースクエアード 東京)
ラグジュアリー×ストリートを得意とするイタリア発の「ディースクエアード」からも、バッファローチェックシャツが登場。

ヘビーネルの表地に対して裏地にはキルティングを配し防寒性を確保するなど、シルエットこそコンパクトですが、実に武骨に仕上がっています。背中に施されたネオンカラーのプリントも斬新なアクセントに。
PAGE 5

◆ フィルソン 

これが似合ってこそ、男と言えるのです

5万2000円/フィルソン(アウターリミッツ)
これこそがバッファローチェックの本懐! 林業に携わる人に向けて作られたマッキノーです。1914年に特許を取得した同アイテムは、24オンスの分厚いウールが高い保温性と耐久性を実現。

現行モデルでは、さらにミルスペックを満たすほどの硬いメラミンボタンを採用するなど、一生モノと呼ぶに相応しい作りになっています。

◆ ウールリッチ 

見た目にも温かみのある冬対応スリッパー

2万3000円/ウールリッチ(ウールリッチ 青山店)
キルティングされたバッファローチェック柄のヘビーネルが、つま先を温かく保護する一足。ルームスリッパー、ワンマイルスリッパー、そしてアウトドアでも活躍してくれそうです。

バッファローチェックはトラッドやオールドといった印象が強いですが、グラフィカルなインソールのプリントやバックルデザインは、今どき感がありますよ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アウターリミッツ 03-5413-6957
アンシングス 03-6447-0135
ウィリー 03-5458-7200
ウールリッチ 青山店 03-6712-5026
グリニッジ ショールーム 03-5774-1662
シップス 銀座店 03-3564-5547
ゼニス 03-3575-5861
ディースクエアード 東京 03-3573-5731
トヨダトレーディングプレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
パラブーツ青山店 03-5766-6688
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
PT JAPAN  03-5485-0058
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
ユーソニアングッズストア 03-5410-1776
ラルフ ローレン 0120-327-420

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL