• TOP
  • FASHION
  • 【最新】いま、大人のB系スタイルが新しい!?

2019.09.12

【最新】いま、大人のB系スタイルが新しい!?

原色を効かせたウエアにヌバックブーツ、そしてブリンブリンなアクセサリー。そんな、90年代的なBボーイ的なニュアンスが、いま再び注目されています。とはいえ、大人がそのトレンドを取り入れるにはちょいテクが必要なわけで。そのポイントをご紹介しましょう。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

トーンダウン、上質ゴールド、ダークブーツが、大人なBの3原則

昨今のファッションにおいて、いくら90年代ストリートとリンクしてヒップホップがトレンドを牽引するといっても、流石に当時のスタイルを"まんま"真似することは、大人にとってなかなかハードルが高いもの。

とはいえ、諦めるのは尚早。大人には大人のヒップホップスタイルがあるんです。

まず、ウエアはビビッドカラーからシックにトーンダウン。サイズもやや細身に。そして、アクセはゴールドを踏襲しつつも、ブリンブリン感をやや抑制して、極端な大振りはやめておきましょう。

最後にブーツですが、スエード素材とぽってりとしたアメリカンなフォルムはそのままに、色味をダークに。これら3原則を守れば、ヒップホップらしさをあくまで大人顔に楽しめます。
PAGE 2

● Coordinate 

これが、大人なBのお手本コーデ!

アウター10万9000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)、カットソー5500円/パイレックス(チンクエ ステッレ)、ネックレス42万9000円、ブレス108万円、リング64万6000円/全てシンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、パンツ2万4000円/ジェルマーノ(ビームス 六本木ヒルズ)、ブーツ2万4000円/ティンバーランド(ティンバーランド/VFジャパン)
コーチジャケットにゴールドアクセ、そしてヌバックブーツという、90年代ヒップホップにおける王道アイテムでまとめながらも、全体の印象は実に品よく落ち着きあり。

その要因は、まず全体の色味をトーンダウンし、パンツもスラックスで細身にしたこと。そして、アクセのゴールドもナローなデザインで主張を控え、ブーツもブラックヌバックでシックに。

こんなコーデなら、ポップさを醸しながら、大人っぽさも担保できるってわけです。
PAGE 3

Point 01 ゴールドアクセ

細身な上品ゴールドで、脱ブリンブリン

ネックレス42万9000円、ブレス108万円、リング64万6000円/全てシンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)
ゴージャスな雰囲気を演出するのに、もってこいのK18イエローゴールド。ブレスレットの馬蹄モチーフやリングの印台には、その豪華さをさらに強調するダイヤモンドが。

それだけ聞くとブリンブリンな印象を抱きがちですが、実際はどのモチーフも細身で繊細。ゆえに、ネックレス、ブレスレット、リングをゴールドでまとめても、大人な雰囲気に留めてくれます。

◆ アンブッシュ® 

ストリートとラグジュアリーの良い塩梅

USBネックレス11万円、ブレス9万円/アンブッシュ®️(アンブッシュ®︎ ワークショップ)
「アンブッシュ®」といえば、m-floのMCとしておなじみのバーバルと、グラフィックデザイナーのユンによって設立されたジュエリーブランド。そう聞くだけで、ヒップホップな空気感は十分伝わりますよね。

"トーキョーストリート"を意識したデザインはヒネリを効かせているのが見所で、このブレスレットではゴールドカラーがゴージャス感をアピールしながらも、モチーフはカラビナと実にカジュアル。

ペンダントも、実際に使用できるUSBをモチーフにしています。

◆ ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ 

現代的ヒップホップのゴールドアクセといえばコレ

ネックレス85万7000円、ブレス52万円、リング120万円/全てジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ(JBHジャパン)
こちらは、ややヒップホップ度高め。なにせ、ペンダントトップに採用するモチーフがインゴッドですからね。「ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ」は、その名の通り、ビバリーヒルズ発のハイジュエリーブランドです。

セレブタウン発とあって、ゴージャスさは言うまでもありません。素材はイエローゴールド、石はもちろんホワイトダイヤです。シグネットリングの印台にライオンをデザインするなど主張は一見強めですが、その彫金は繊細な仕上がりです。
PAGE 4

● Point 02 ぽってりブーツ 

あの名作も、色が変わるだけで印象激変!

2万4000円/ティンバーランド(ティンバーランド/VFジャパン)
90年代ヒップホップスタイルの足元において、絶対に外せないどころか、これ以外にないと言っても過言ではない存在が、「ティンバーランド」の通称イエローブーツ。

イエローに染まるヌバックからそう呼ばれるようになった同ブーツですが、ご覧の通りブラックヌバックになることで印象は一変。ぽってりしたシルエットはそのままながら、顔つきは断然大人です。

◆ ピエール アルディ 

ボリュームソールも落ち着く深グリーン

9万3000円/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)
ラグジュアリースニーカーでお馴染みのブランドですが、今回ご紹介するのはブーツ。スエードアッパーの7アイレットブーツで、注目ポイントはソールにあり。スニーカーで披露するボリューミーなソールを採用しています。

足元を大きく見せるのが定石なヒップホップのデザインコードを押さえつつ、シックなダークグリーンのスエードアッパーで、落ち着いた印象にまとまります。

◆ ブッテロ 

ぽってりといえば、このタイプは見逃せません

7万3000円/ブッテロ(ブッテロ トーキョー)
ぽってりフォルムのブーツといえば、マウンテンブーツは適役。こちらは、約4cmもの極厚クレッターリフトソールを採用したゼノ。丸みのあるトゥとともに、足元で存在感を主張します。

マウンテン系ならではのメタルDカンに通したシューレースは、重厚なレザー製。とはいえ、アッパーがスエードなので無骨さは控えめで、大人な上品さを漂わせます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アンブッシュ®︎ ワークショップ 03-6451-1410
S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
JBHジャパン 03-3572-1077
チンクエ ステッレ 03-6721-0970
ティンバーランド/VFジャパン 0120-953-844
ピエール アルディ 東京 03-6712-6809
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
ブッテロ トーキョー 03-5766-1718
マッキントッシュ青山店 03-6418-5711

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL