• TOP
  • FASHION
  • 【鉄板スニーカー】 キレイめ夏スタイルには「ローカットの白」でキマり!

2019.08.14


【鉄板スニーカー】 キレイめ夏スタイルには「ローカットの白」でキマり!

ジャケパンやスーツといったキレイめスタイルに履くスニーカーは、単色が基本。特に「ローカットの白」ならヌケ感とクリーンな印象も手に入り、大人が全方位的に上品に履けるのですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・前田 晃(maettico)、静物・Shunya Kawai スタイリング/村上忠正 ヘア/勝間亮平 メイク/吉田葉づき 文/瀧川修平

2019年9月号より
ジャケパンには無論、スーツ姿にも合わせられるほど存在価値が高まった近年のスニーカー事情。とはいえどんなデザインでも良いかといえば決してそうではありません。

キレイめなスタイルに履くならまずは単色が基本。なかでも万能なのが"ローカットの白"でしょう。素足履きして足首のヌケ感がでることでジャケットありきのスタイルをとっても軽やかでこなれてみせてくれるわけです。

白のローならキレイめにもマッチします

ひとくちに"キレイめ"といっても、そのスタイルは千差万別。そこで、スーツ、ジャケパン、ユルリな白シャツと、ローカットの白スニをコーディネート。軽快にして、一流のドレスシューズにも引けを取らない抜群の相性を証明いたします。

1. 白ジャケを軽やかに演出

スニーカー13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)、ジャケット25万円/バーニーズ ニューヨーク、シャツ2万7000円/マリア サンタンジェロ(ともにバーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、スカーフ1万2000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、パンツ3万7000円/PT01(PT JAPAN)、サングラス3万9000円/アイヴァン(アイヴァン PR)、時計116万5000円/IWC
ジャケパンのカジュアルダウンにも白スニは有効。淡色を基調としたスタイルとの相性は抜群で、涼しげな印象を加速させるだけでなく、パンツとのつながりによる美脚効果まで叶えてくれるのです。

2. 白スニで何気ない装いがリッチに昇華

スニーカー13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)、シャツ3万2000円/エストネーション、パンツ3万8000円/PT01(ともにエストネーション)、メガネ2万8000円/アイヴァン(アイヴァン PR)、時計365万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
白シャツにグレスラでこなす、小誌イチオシの初夏スタイルとも好相性。上半身と足元のリンクで、潔いツートーンに仕上がります。また、シンプルな着こなしほど小物の選びが肝要。その点ジョンロブの『ポース』は、品格、デザインともに非の打ちドコロなし。巷の若者に差をつけるベストチョイスです。

3. スーツ姿のハズしにも白スニが効く

スニーカー13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)、ジャケット8万6000円、ジレ3万円、パンツ3万4000円/すべてタリアトーレ、カットソー2万円/フェデッリ(すべてトレメッツォ)、チーフ6500円/ステファノ ビジ(バインド ピーアール)、時計220万円/ジャガー・ルクルト
ハズし技の定番となったスーツにスニーカーの合わせならやはり白スニが正解。オールレザーの白なら、ドレッシーな雰囲気を崩すことなくヌケ感が演出できます。着こなしとのコントラストが強いほど周囲の目は足元に向きやすいもの。その存在感は時にドレスシューズ以上とお心得いただきたく。
13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)

◆ ジョンロブ

大人が履くにふさわしい白スニーカーの最右翼

世界三大紳士靴に数えられる名門製の『ポース』。軽量化につながるサチェット製法や贅沢な一枚革アッパー、ヌメ革ライニングなど、ビスポークで培われた意匠が随所に。
PAGE 2

◆ ブリオーニ

ストレートチップ感覚で
ドレッシーにこなすなら

10万8000円/ブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)
スエードボディにキャップトウを重ね、見栄えと補強を兼備。アッパーをミシンでインソールに縫い付けるストローベル製法で、フィット感と屈曲性の高さも備えています。

◆ ヴァンズ

美脚効果が期待できる
ロングノーズな新定番

6500円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン)
外羽根の7ホールが特徴的な定番『ユニオン』を、軽くてクッション性の高いハニカムソールでアップデイト。着脱可能なEVAカップインソールも相まって、履き心地抜群です。

◆ ジャンヴィト ロッシ

ハリウッドセレブも
御用達のミニマル顔

6万9000円/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)
モダンでタイムレスなデザインが大人のカジュアルに最適。トウの2本ステッチやブラウンライニングなど、さり気ないアクセントが通好みです。
PAGE 3

◆ ケー・スイス

1周回っていまこそ気分な
80年代の密かな名作

9800円/ケー・スイス(凛)
世界初の総革テニスシューズとして名高い、スイスを冠するカリフォルニアブランドの代表作『クラシック88』。アッパーの伸びを防ぐ5本線や登山靴から拝借したDリングなど、機能美が満載です。

◆ シーキューピー

タンのロゴのみ主張する
北欧デザインが潔い

4万2000円/C.QP(アイネックス)
2014年発のスウェーデンブランドから、イタリアンレザー製のモデル『ターマック』。一見、高めのシルエットですが、足の出し入れがスムーズな履き口のつくりでくるぶしを痛めません。

◆ パントフォラ・ドーロ

シンプルでいて
ラグジュアリーが叶います

2万3000円/パントフォラ・ドーロ(カメイ・プロアクト)
カーフレザーを使用し、イタリア靴最大の産地、マルケで培った技術を生かしたアイテム。シンプルだからこそ分かるつくりの美しさで、大人の余裕を演出します。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン PR 03-6450-5300
IWC 0120-05-1868
アイネックス 03-5728-1190
ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624
エストネーション 0120-503-971
カメイ・プロアクト 03-6450-1515
ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
ジャンヴィトロッシ ジャパン 03-3403-5564
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
トレメッツォ 03-5464-1158
バインド ピーアール 03-6416-0441
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
PT JAPAN 03-5485-0058
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ブリオーニ ジャパン 03-6264-6422
凛 03-3407-3419

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL