• TOP
  • ITEMS
  • 吉田カバン・ポーターの定番バッグが大人に最適だった件

2019.08.03

吉田カバン・ポーターの定番バッグが大人に最適だった件

1年を通して、はたまたコーデを問わず愛用できるバッグが欲しいなら、皆さん当然地味な色を選ぶはず。その代表例が黒。しかし、ただの黒一色なんて、正直つまらないと思いませんか?

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

抑制を効かせつつ、脱・退屈を実現した大人の理想バッグ

夏に限らず、春も秋も冬も通年で使えるバッグが欲しい。それも、なるだけ幅広いスタイルに合わせたい。となれば、黒をはじめとしたダークカラーを選ぶのは当然です。しかし、主にカジュアルで使用するなら、単に黒一色は味気ない。やっぱり、そこにさりげないデザイン性も欲しいところ。

で、ポーターの定番「ポーター ヴァーブ」は、まさにそんな要求に応えてくれるシリーズなんです。

見どころは、ゴブラン織り。古くからヨーロッパを中心に紡がれてきた織物で、繊細で複雑な柄が特徴です。本来なら多色使いを披露する織りですが、それをあえて黒一色に。

その結果、遠目にはシンプルな黒のワントーン、でも近くで見れば華やかな総柄バッグになるというわけです。こんなさりげな〜い「盛り」が大人には最適なんですね!

◆ ポーター ヴァーブ「トートバッグ」

伝統織りを用いながら、あくまで実用的に

[W38×H34.5×D16cm] 2万7500円/ポーター(吉田)
本来ならレーヨンやコットンなどを使用するゴブラン織りですが、ポーター ヴァーブではナイロン糸を採用。強度や軽量性、撥水性など実用性を得ています。こちらはトートバッグ。ベーシックな形も、ゴブラン織による華やかさがおしゃれ感を程よく主張してくれます。開口部には、軽い樹脂製ながら金属のように見えるジップを採用。使い勝手の面においても、魅力を備えています。
PAGE 2

◆ ポーター ヴァーブ「メッセンジャーバッグ」

ストリートな中に、織り柄でエレガンスを注入

[W42×H30×D17.5cm] 3万3000円/ポーター(吉田)
繊細で複雑なゴブラン織りを、さらに異なる柄を縦横変えてミックスしている点にも注目です。ランダムにミックスすることによる不揃い感が、黒一色をさらに表情豊かに演出してくれます。伝統的にしてモダンさも両立する生地は、ストリートなメッセンジャーバッグを大人顔に。大きなメッセンジャーのフラップで、ゴブラン織りの迫力が楽しめます。

◆ ポーター ヴァーブ「ショルダーバッグ」

ミニでも上質なのは、日本製だからです

[W18×H25×D7.5cm] 1万6500円/ポーター(吉田)
取り外し可能なストラップを採用したミニショルダー。コンパクトですが、近くで見れば相変わらず柄の存在感を楽しめます。フラップを開ければ、ジップ仕様のメインコンパートメントと、マチ付きのオープンポケットがお目見え。生地だけでなく、収納性にも一家言ありです。こんな凝った作りで高品質なのは、素材・縫製ともにメイド・イン・ジャパンなればこそ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL