• TOP
  • FASHION
  • 【夏必須】スポサン買うならこの3ブランドを狙うべし!

2019.06.13

【夏必須】スポサン買うならこの3ブランドを狙うべし!

涼しくて、長く歩いても疲れないスポサンは一度履いたら手放せないアイテム。あらゆるブランドがリリースしていて、市場はもはや混乱状態ですが、まずチェックすべき名品は、シーンを牽引するこの3ブランドですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/笠島康平 文/石井 良

大人のスポサンは、見た目良し、履いて良し

ここ数年で一気に市民権を獲得したスポーツサンダル、通称スポサン。夏には欠かせないファッションアイテムとなりましたが、それでも、大人が履くならちょっとしたポイントに気をつけたいところです。
 
特にスポサンでありがちなのは、見た目だけでコンフォート性が伴っていないもの。これは大人のスポサンに相応しいとはいえません。単なるファッションアイテムとしてだけでなく、履いて気持ちよくなければダメなのです。我々大人にとっては、オフの日にだけ許されたご褒美なのですから。
 
ということで、格好良くて快適な名作揃いの3ブランドを歴史や魅力と共にご紹介します!
PAGE 2

◆ テバ 

シーンを盛り上げた立役者

7800円/テバ(デッカーズジャパン)
スポサンと言えば、ブームの火付け役となったテバは外せません。何を隠そう、1984年にテバが生み出した「オリジナル ユニバーサル」こそがストラップ式のスポーツサンダルの元祖なのですから。足の甲、足首、かかとの3点でホールドする画期的な「ユニバーサル ストラップシステム」によるフィット感で、世界中に多くのファンを獲得しています。
 
当時のモノは今よりも薄いシンプルなラバーソールでしたが、アップデイトされた現代の定番モデル「ハリケーンXLT 2」は、Durabrasion Rubber™(デュラブレーション ラバー)フットベッドを採用することによってクッション性が大幅に向上しました。もちろん、自然の中から街中まで、どんなシーンで履いてもOKです。

変化球なスポサンはいかが?

左:4800円、右:1万1000円/テバ(デッカーズジャパン)
元祖のブランドだけに、ラインナップも豊富です。定番のハリケーンをオールEVA仕様にした「ハリケーン ドリフト」(左)は水に浮くほど軽量で、川遊びにも最適。「ハリケーンXLT 2 ALP」(右)は、90年代に人気を博した「ALP」サンダルのクロスストラップを採用。グラディエーターっぽい見た目が新鮮です。
PAGE 3

◆ スイコック 

快適なビブラム製フットベッドを共同開発

1万5000円/スイコック(オージー)
ちょっぴりモードなエッセンスを感じる日本発のスイコックは、街中で履いて様になる大人なスポサンの代表格。「本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを作っていく」というコンセプトを掲げているだけあって、履きたいと思わせる見た目と快適性が魅力です。妥協せずに作り込んだスポサンはこだわりが満載で、あのビブラム社と組んでオリジナルのフットベッドを共同開発。ソール専門のビブラム社にとって、フットベッドの開発は史上初のことだったとか。
 
そのフットベッドを採用した定番が、「KISEE-V」というモデル。柔らかいのに反発性があり、独特の履き心地はやみつきに。ストラップにはクッションが付いており、過去にスポサンで靴擦れに悩まされたという方もぜひお試しを。

今季の新作にも注目!

左:1万円、右:9000円/スイコック(オージー)
2017SSから展開している「KAT-2」(左)は、雪駄を彷彿とさせるような、どことなく和テイストなデザインが新鮮。オールEVA素材の「URICH」(右)は、見た目通りのボリューミーな履き心地。甲がベルクロで調節できるので、よく足にフィットします。
PAGE 4

◆ チャコ 

アウトドアシーンでは頼れる1足として人気爆発

9500円/チャコ(エイアンドエフ)
靴職人だったマーク・ペイジェンによって1989年に設立されたチャコ。足を専門とする整形外科医の協力を得て、人間工学に基づいたデザインを採用しているのが特徴です。最初は手に持つと重く感じますが、その分ボリュームのあるソールが抜群のクッション性を生んでくれ、安定感は抜群。簡単なトレイルくらいなら歩けてしまう運動性能が魅力です。
 
名誉のために言うなら、履いてみると持ったときほどの重さは感じません。Zウェビングと足のアーチに自然と沿うフットベッドによるフィット性の高さがその理由です。定番の「Zクラウド」なら、それを最も体感できるはず。オリジナルのアウトソール「チャコグリップ」も滑りにくいと評判で、いろんなシーンで頼りになる1足ですよ。

ストラップのレイアウトもバリエーション豊富です

左:8500円、右:9500円/チャコ(エイアンドエフ)
チャコを象徴するZウェビングには、いろんなバリエーションがあります。かかとのウェビングを省き、着脱を容易にしたのが「テグ」(左)。「Zクラウド2」(右)は「Zクラウド」に親指のループがついたバージョンで、ホールド性がよりアップしています。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

エイアンドエフ 03-3209-7575
オージー 03-6659-6962
デッカーズジャパン 0120-710-844

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL