• TOP
  • FASHION
  • 「ブシュロン」の新作リング『キャトル』に隠された“隙間”の秘密とは!?

2019.06.11


「ブシュロン」の新作リング『キャトル』に隠された“隙間”の秘密とは!?

アイコニックなジュエリーの代表格としてお馴染みの「ブシュロン」の『キャトル』。イエローゴールドのみで作られる『キャトル ラディアント』の新作は、4つあるモチーフのうち、なんと1つが“隙間”で表現されていました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・川田有二、静物・Shunya Kawai スタイリング/村上忠正 ヘアメイク/吉田葉づき 文/鈴木賢二(本誌)

2019年7月号より
「隙間(すきま)」という言葉の意味をふと考えてみました。もちろん「物と物との間の、わずかにあいている所」であり、「普通には気づきにくいところ。盲点」でもある。これは「隙間産業」という使われ方もして……。そもそもなぜ、この言葉を考えるにいたったかといいますと、それは下の写真を見ていただければ、おわかりになるかと。
3つのモチーフで「4(キャトル)」を表現
今回ご紹介したのは、『キャトル』のなかでもイエローゴールドだけで作られる『キャトル ラディアント』の新作。アイコニックなイメージがあるからこそ、こんな遊びを効かせた逸品ができるのです。[18KYG]37万5000円/ブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)
そう、アイコニックなジュエリーの代表格、「ブシュロン」の『キャトル』です。それはフランス語の「4」を意味し、「ゴドロン」、「クルドパリ」、「グログラン」など4つのモチーフを組み合わせたものですが……、「あれ、このキャトル、モチーフが3つしかない!?」。そうなんです、本来あるべきプレーンな層を、まさに「隙間」で表現し、普通には気づきにくいところに着目したリングなのです。

“ないのにある”と思わせるのは、『キャトル』のアイコニックな強さの為せるワザですが、このリングのもっとも素晴らしいところは、指を通した時に空間が埋まり、付けた人ならではの4層が完成する点。まさに隙間が埋まり、心が満たされる瞬間が訪れるのです。ということで、「指を通してごらん。ほら、君だけの4層が完成した♥」と、彼女にちょいプレを。モテる名台詞が、またひとつできあがりましたね。
PAGE 2

ペア付けにオススメです

素敵なストーリーを秘めた逸品ですから、ぜひとも彼女と一緒に楽しみたいところ。というわけで、ペア付けを強くご推奨いたします。
男性●リング[18KYG]37万5000円、ブレスレット76万円/ともにブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)、ジャケット8万6000円/タリアトーレ(トレメッツォ)女性●リング[18KYG]37万5000、ピアス12万2000円/ともにブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)、ドレス11万5000円/クラウディア リー(インターナショナルギャラリー ビームス)
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ブシュロン カスタマーサービス 03-5537-2203

トレメッツォ 03-5464-1158
インターナショナルギャラリー ビームス 03-3470-3948

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL