• TOP
  • FASHION
  • シャツ一枚で大人が艶めく、リネンシャツはこの4枚

2019.06.07

SPONSORED

シャツ一枚で大人が艶めく、リネンシャツはこの4枚

シャツは大人の男性には切っても切れない存在。たった一枚で男らしいタフで知的な雰囲気を作ります。そんな数あるシャツの中でも、独特の素材感と爽やかさ、そしてリッチ感が特徴なのが、リネンを使ったシャツ。そんな注目のシャツはが、ルイジ・ボレッリから今シーズン目白押しです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/Adelaideclassifieds.JP

たった一枚でラフかつエレガント! これぞ大人が似合うシャツ

真夏のような日差しの時もある昨今、日中は少々汗ばむ季節になってきました。

こんな時に重宝するのが、やはりシャツ。中でもリネン素材のシャツはそのドライなタッチが肌に心地良く、シャリッとした質感は見た目にもエレガントです。ひと昔前ですと、リネン特有のシワが気になるという方もいらっしゃったようですが、いまどきはそんな素材感がむしろ味となり、着こなしのポイントになってくれます。

ということで、ジャケットのインナーにさらりと合わせるもよし、裾をアウトし腕まくりして一枚でラフに着るのもよしなシャツをご用意しました。大人だからこそ似合うリッチでツヤ感のあるリネンシャツを存分に楽しんでください。

● おすすめのリネンシャツ 01 / リネン混のストライプシャツ 「ニシダ」 

オンもこなせるリネン混のシャツ

3万6000円/ルイジ ボレッリ(ルイジ ボレッリ トーキョー)
今季からドレスシャツ最注目としてラインナップに加わった「ニシダ(NISHIDA)」です。ナポリの南東に位置するニシダ島からその名をとった同モデルは、ルイジ ボレッリが創業した間もない頃から存在する数少ない衿型のひとつ。

初代当主ルイジ・ボレッリ氏が考案したブランドを象徴する衿型でもあります。この「ニシダ」はセミワイドカラーになっているため、タイドアップするドレススタイルにもふさわしいモデル。

また、他のドレスシャツに比べ第二ボタンの位置が低めなので、首元のボタンを外して着用すると、フロントから襟にかけて生地がキレイに返り、襟周りのツヤ感が際立ちます。普段のジャケットスタイルからネクタイを外しただけのスタイルでどこか物足りなさを感じている方には、ぜひ試していただきたいシャツです。
ボディ(フィッティング)は、ボレッリの新基軸「EVボディ(SLIM FIT)」になります。肩周り、胸周り、どちらもコンパクトな設計ですが、決してタイトな作りではなく、多少の遊びが設けられているのが特徴。

熟練したシャツ職人の手縫いによるイセ込んだ肩と、袖の後付けによって高い運動性を実現しているあたりに老舗カミチェリアのプライドが感じられます。“動きやすさ”と“美しさ”を合わせ持つ、究極のスリムボディなのです。
また素材は最高品質のリネンとコットンを原料にした細番手糸を低速で織り上げたポプリン。リネン混とは思えないような目の細かさでサラッとした肌触りは、汗をかいてもベトつきにくいので春夏にもってこいなのです。麻55%、綿45%
PAGE 2

● おすすめのリネンシャツ 02 / イタリアンカラーシャツ 「ヴェスヴィオ」 

シャツ一枚で着るなら、前開けが似合うコチラを

3万4000円/ルイジ ボレッリ ラグジュアリーヴィンテージ(ルイジ ボレッリ トーキョー)
2018年春夏から再スタートした「ラグジュアリーヴィンテージ(LUXURY VINTAGE)」。洗いシャツの元祖とも言える同ラインでは、現代的な感覚を取り入れたカジュアルシャツを中心に、ファビオ・ボレッリ氏のフィルターを通して再構築されたアメリカンカジュアルが提案されています。

ここでご紹介するのは、日本のリクエストで誕生した衿型「ヴェスヴィオ(VESUVIO)」です。ナポリの象徴ヴェスヴィオ火山からその名をとったコチラは、衿と前立ての裏部分がオープンカラーのように縫い目のない、衿が一枚の生地でできている点が特徴で、別名ワンピースカラーとも呼びます。
もともとは南イタリアで生まれたリゾートシャツですが、エレガントで開放感のある佇まいから今ではノーネクタイ専用シャツとして日本でも広く親しまれています。クールビズスタイルにもお勧めしたい、涼しく程よくセクシーな衿型です。

こちらのシャツは第一ボタンを外して着るのがセオリーですが、タイドアップも可能。ときにはセクシーに、ときにはきちんと着られる、イタリアンカラーとホリゾンタルカラーのいいとこ取りのハイブリッド衿型です。
厳選されたリネン素材(最高品質のアイリッシュリネン)を原料にした細番手糸を低速で織り上げた、春夏らしい薄手の平織物(ポプリン)です。リネンならではの涼しげな風合いで、シャリサラッとした爽やかな肌触りとなり、生地が肌に張り付かないので夏でも快適に着用して頂けます。洗いを施すことでソフトな風合いに仕上げられているので、袖を通した瞬間から肌に馴染みます。洗いざらしでもお洒落に決まるので、面倒なアイロン掛けは不要です。麻100%
PAGE 3

● おすすめのリネンシャツ 03 / プルオーバーシャツ 「バチャート」 

大人のリラックス感が漂う被りタイプのシャツ

3万4000円/ルイジ ボレッリ ラグジュアリーヴィンテージ(ルイジ ボレッリ トーキョー)
こちらはカプリシャツの新モデル「バチャート(BACIATO)」です。カプリシャツとは、”青の洞窟”で有名なイタリアのリゾート地カプリ島の休日着をイメージして作られたシャツのこと。素材に麻を用いたものが多く、胸元に切れ込みが入ったスキッパーのプルオーバーシャツで、ループ留めボタン、カッタウェイの衿型、七分袖のディテールが特徴です。

イタリア人の夏の装いに欠かせないカプリシャツですが、近年ポロシャツに代わる夏の装いとして日本でも着実にファンを増やしています。ショーツスタイルにマッチすることも人気の理由でしょう。
胸元はスキッパーでループ留めボタンが1つ付きます。襟からボタンまでの距離が長く、深く切れ込んだ胸元から素肌がチラリと覗いて男の色気が引き立つように計算されています。裾はスクエアテイル(直線)になっているのでパンツアウトしてきるのが基本。裾脇にスリットがデザインされているので、運動性が損なわれることはありません。

カプリシャツの基本ディテールを継承しつつも、熟練したシャツ職人の手縫いによるたっぷりとイセ込んだ肩と袖の後付け、鳥足ボタン付けなど、ナポリの伝統的なハンドメイドの技術を取り入れることによって最高の着心地を実現した、老舗カミチェリアの矜持が感じられる大人にこそ相応しいワンランク上のカプリシャツです。

通常のカプリシャツは七分袖ですが、こちらのモデルは珍しい長袖仕様。長袖のカプリシャツなので、リゾートすぎる雰囲気にならず、タウンユースでも使いやすいことが特徴。初夏はジャケットのインナーとして、真夏は袖をぐるっと捲って一枚で着て下さい。
ボディ(フィッティング)は、プルオーバーシャツ専用の「スキッパー(SKIPPER)」。通常のEVボディに比べて肩まわりや胸まわりにゆとりがある、加えて背面ダーツがなく、ウエストシェイプがユルくなっているので、リラックスした着心地が楽しめます。裾をパンツアウトした際にバランスよく見えるよう、着丈はやや短めに設計されています。
PAGE 4

● おすすめのリネンシャツ 04 / ホリゾンタルカラー 「NA35」 

小柄がリラックス感ある、

3万1000円/ルイジ ボレッリ ラグジュアリーヴィンテージ(ルイジ ボレッリ トーキョー)
こちらは現当主のファビオ・ボレッリ氏がオススメする「NA35」です。 NA35は、ドレス・カジュアル共通の衿型として開発されたホリゾンタルカラーです。 衿羽根が水平に近い角度で開くホリゾンタルカラーのお手本とも言える衿型なのですが、 やわらかめの衿芯(フラシ芯)が使用されているため衿羽根に自然なふくらみが生まれます。

襟を正面から見ると、衿羽根がゆるやかなカーブを描いていることが分かります。 このカーブが、ナポリシャツらしい独特な色気を生み出す大きな要因になっています。 衿腰および前台衿はドレスシャツ同様の設計になっているので、くだけた印象になりすぎず、 タイドアップしてもお洒落に決まります。もちろんボタンを外してラフに着てもOKです。 クセがなくて合わせやすい、非常にバランスのいいホリゾンタルカラーだと思います。 
生地表面には、洒落っ気たっぷりの小花柄がプリントされています。遠目からでは小花柄とは分からないほどの小さなプリントになるので、可愛くなりすぎず大人らしく着こなせます。春夏らしい爽やかなカラーリングも秀逸。洗いを施しているので、袖を通した瞬間から肌に馴染みます。洗いざらしでもお洒落に決まるので、面倒なアイロン掛けは不要です。

肌に吸い付くようにフィットして、身体の動きに 合わせて自在にストレッチする、まさに第二の皮膚と呼べる着心地のよさです。 シワになりにくくケアが容易、加えて型崩れしにくく扱いやすいこともポイント。
使用している素材は、コットン素材を原料にした細番手のコンパクトヤーン(糸表面の毛羽を伏せて製造された糸)を平織りにしたポプリンです。ストレッチ素材(ポリウレタン)が 混紡されているので、独特な弾力があり、縦、横、斜め、全方向にストレッチし、とにかく着ていてラクチンです。

ファクトリーを一新させて、アウターやシャツがさらに進化

今回ご紹介しているアイテムは、すべてナポリの名門ルイジ・ボレッリのコレクションです。1957年にナポリのカミチェリア(シャツ業)として創業し、手仕事を多用した着心地のよさと美しい仕立てで、世界中の洒落者たちに愛されてきました。最近はシャツのみならず、ジャケットやボトムズ、ニットなどを揃えたトータルラグジュアリーブランドに成長を遂げています。東京にも品揃え豊富なショップがありますので、ぜひ足を運んでみてください。

■ ルイジ・ボレッリ トーキョー

TEL/03-6419-7330
HP/http://www.luigiborrelli.jp

● リネン混のストライプシャツ 「ニシダ」 
https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/NISHIDA/1001911301

● イタリアンカラーシャツ 「ヴェスヴィオ」 
https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/Casual_Shirts/1001913301

● プルオーバーシャツ 「バチャート」 
https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/Casual_Shirts/1001911601

● ホリゾンタルカラー 「NA35」 
https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/Casual_Shirts/1001912701

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL