• TOP
  • LIFESTYLE
  • 吉田カバン・ポーターが本格傘を作ったら、かなりの高クオリティで驚いた件

2019.07.04

吉田カバン・ポーターが本格傘を作ったら、かなりの高クオリティで驚いた件

恵みの雨とは言え、雨の日はテンションが上がらない方もいらっしゃるでしょう。ですが、「愛用品」と胸を張れるスペシャルな傘があれば、そんな気分も上向きになるのではないかと。そこで日本が誇る二大老舗が手掛ける限定傘をおすすめします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(04)

雨が待ち遠しい? 実力派コラボ傘を発見!

これからの季節に、ニーズが高まる傘。ですが、いつ降るか分からない場合も多いわけで、そういう意味でもバッグにすっぽり収まる折り畳み式が何かと便利。

折り畳み傘といえば1928年にドイツで発明されて以来、多くのバリエーションを生んでいますが、愛用の一本を探すなら、実力ブランドのコラボモデルなどクオリティやこだわりの面でも突出したスペックを持つモノが理想です。

なかでも、今季特にオススメの一本なのが、「ポーター×前原光榮商店」製のジャパンタッグによるコラボモデル。一番の見どころは、傑作と呼ばれるバッグの素材を大胆に採用しているところですよ。

◆ ポーター × 前原光榮商店 

あの名品素材を大胆に使用しています!

各1万6000円/ポーター×前原光榮商店(ポーター 表参道)
「ポーター」に関してはすでに言わずもがなの名門バッグブランド。また、「前原光榮商店」も創立70余年にして生地作りから骨組み、それに加工やハンドル作りまで、すべての工程を熟練職人が手掛ける遺産クラスの傘工房です。

「ポーター」を手掛ける「吉田カバン」が80周年を迎え、その記念として制作された特別なコラボ傘がコチラなのです。

注目すべきは傘に張られた生地。なんと「ポーター」の傑作鞄である『タンカー』のナイロンツイルが奢られているのです。緻密な職人仕立てに加え、重厚&艶やかなツイル素材やポーターならではの意匠を随所に取り入れた一本は、まさに愛用品の名に恥じない堂々スペック。雨が待ち遠しくなること間違いなしの一品なのです。
PAGE 2
8本もの支柱をガッチリと組んだ構造は、強度に関しても折り紙付き。オレンジのパーツが「ポーター」らしさをさり気なく主張します。

また、このコラボ折り畳み傘は「吉田カバン」の靴職人による特製のカバー付き。タンカーと同様の金具が使われるなど、随所にこだわり深い仕上がりです。
「前原光榮商店」といえば天然素材による手元(ハンドル)がポイントです。

このコラボモデルも、折りたたみ式には珍しい天然ウッドが使用されており、繰り返しの塗り上げによる味わい深い艶感も見どころのひとつに。昔ながらのメタル製トンボプレートが、前原謹製の証として手元を飾ります。
※掲載商品は税抜き価格です

ポーター × 前原光榮商店イベントを開催!

「前原光榮商店 イン ザ ポーター ギャラリー」
「前原光榮商店」とのコラボに際して、東京・大阪で1箇所ずつイベントを開催します。記事内で紹介した折り畳み傘をはじめ、長傘や人気のインラインアイテムを豊富に展開します。この機会に梅雨支度をしちゃいませんか?

開催期間/2019年6月1日(土)~7月1日(月)
会場1/ポーター 表参道 ザ ポーター ギャラリー 1
住所/東京都渋谷区神宮前5-6-8
営業時間/12:00〜20:00
☎︎/03-5464-1766
URL/https://www.yoshidakaban.com/shopinfo/omotesando/

会場2/ポーター 大阪 ザ ポーター ギャラリー 3
住所/大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 ショップ&レストラン南館3階
営業時間/10:00〜21:00
☎︎/06-6359-3055
URL/https://www.yoshidakaban.com/shopinfo/osaka/

■ お問い合わせ

ポーター 表参道 03-5464-1766

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL