• TOP
  • FASHION
  • 世界のジェットセッターが選んでいるジャケットを知らないのは日本人だけ!?

2019.05.09

世界のジェットセッターが選んでいるジャケットを知らないのは日本人だけ!?

飛行機を日常的に使い、世界を股にかけてビジネスするジェットセッターには、長時間の移動にもシワが気にならなかったり、軽くて持ち運びが便利なトラベルジャケットが必要です。多くのブランドが手がけている、このトラベルジャケット、シンガポールから発信されているブランドが、いかにも新時代らしいと注目されています。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

シンガポールでワンシーズン200着が完売! 「SACCO(ザッコ)」てなに?

明るいブルーは、ザッコのアイコンカラーです。

飛行機や新幹線などで長時間移動した先で、重要なクライアントとのミーティングを控えていたり、老舗の旅館や星付きのレストランへ向かう際は、ジャケットぐらい羽織っておきたいもの。そんな機会が多いのか、様々なブランドからトラベルジャケットが登場しています。そんな中、世界中のジェットセッターに支持されている、トラベルジャケットに特化したまったく新しいラグジュアリーブランドがシンガポールから発信されています。

そのブランドは「SACCO(ザッコ)」。ファウンダーはシンガポール在住のドイツ人アレクサンダー・ハッシャー氏。彼を中心にサヴィル・ロウのカッターをモデリストに起用し、ファクトリーはナポリで、トラベルジャケットを仕立てているとのことで、つまりはオフィスを持たず、世界中のトップの技術を持つ人々がインターネット上で集まって作り上げた、いかにも今の時代らしいグローバルブランドなのです。  

では、その仕上がりはといいますと、これがじつに絶妙でした。素材にはVBCのホップサック生地を使用しながら、肩は副資材を使わない完全1枚仕立てという非常に軽い仕上がり。ワイングラスのようなポケットデザインに、ボタンは天然の椰子の実から削り出したナットボタンを採用。ナポリの空を思わせるアズーロ(青)カラーのパイピングをデザインアイコンに、“ハンガー界のロールスロイス”と呼ばれるマイネッティ社のハンガーも同色に染めて同梱されています。

しかもカラーバリエーションは12色をラインナップ。ビジネスの定番色、ネイビーをはじめ、日本人好みのブラック、外国人に人気の高いリゾートで映えるビビッドなカラーまで揃っていることも、世界中のジェットセッターに愛されていることを裏付けます。 

ファウンダーのアレクサンダー・ハッシャー氏曰く、「今までのキャリアの中で高価なものだけが必ずしもラグジュアリーではないことに気づきました。ナポリで作られたザッコのジャケットは価格が手頃でコンパクトに畳めるので、旅先に持参して気軽に楽しんでもらうことができます。これこそがザッコの考える新しいラグジュアリーです」

日本ではビームス六本木ヒルズ店で実物に触れることができますので、まずは一度袖を通してみたいという方はぜひ。海外のジェットセッター同様、とりあえず買ってみようという方は「買えるAdelaideclassifieds」でポチればOKですよ。 
PAGE 2

一枚仕様で、オン・オフどちらも程よく使える噂のジャケット

ジャケット6万5000円/ザッコ、パンツ3万円/ジャブス アルキヴィオ(ともにビームス 六本木ヒルズ)、ニット2万9000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム)、サングラス2万8000円/イエローズプラス×ジービーガファス(ジービーガファス)、靴6万9000円/サントーニ(リエート)
アンコン仕立ての軽い着心地は、スポーティな着こなしがお得意です。白T&白スニで、気軽なジャケットカジュアルも、ザッコにおまかせください。一枚仕立てのホップサックならではの清涼感あるジャケットは、夏場でも風が通って快適そのものです。
ジャケットは同じ。シャツ3万5000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)、パンツ3万9000円/PT01、靴9万4000円/カルマンソロジー(ともにビームス 六本木ヒルズ)、メガネ3万4000円/パイン(アルファ PR)、チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)
タイドアップスタイルがキマるのは、サヴィル・ロウとナポリのテーラード技術を駆使して仕立てられているがゆえ。カジュアルジャケットではこうはいきません。今回は黒のジャケットを使いましたので、ネクタイを合わせるなら黒ベースのものを。パンツは黒と組み合わせるとモダンに映えるブラウンのスラックスを合わせてみました。
SACCO(ザッコ)のジャケットはココで買えます! 
https://kaeruleon.jp/store/productdetail.aspx?pcd=SACCO-N01_B44
PAGE 3

ザッコの魅力は多彩な色バリです

色バリその1 オンオフ使えるライトグレー

6万5000円/ザッコ(ビームス 六本木ヒルズ)
いわゆるグレージャケットは、ビジネスにはともかく、プライベートではちょっと印象が暗く見られがち。こちらのライトグレーなら、プライベートで着ても知的な大人のカジュアルといった印象です。色名はマーブルといって、大理石のイメージですね。

色バリその2 ビジネスカラーの定番ネイビー

6万5000円/ザッコ(ビームス 六本木ヒルズ)
こちらはもう間違いのないネイビージャケット。国内での普段使いから、海外出張時まで重宝すること間違いありません。ちなみにザッコで「ネイビー」というとミッドナイトネイビー調の濃紺となりますが、こちらは「マリン」という色名で展開しています。

色バリその3 お洒落上級者のライトブラウン

6万5000円/ザッコ(ビームス 六本木ヒルズ)
茶色を上手にこなせるようなったらお洒落上級者。こちらのオレンジ掛かったブラウンカラーは、コロニアル風にまとめたり、ブルーデニムとあわせて着るのも良さそうな明るいトーン。コーディネートしてみたくなる色なんです。
PAGE 4

色バリその4 遊び心を満足させるコーラルカラー

6万5000円/ザッコ(ビームス 六本木ヒルズ)
こちらはリゾートで着てみたい色・白いリネンのシャツやコットンパンツに合わせてみたくなる、コーラルカラー。ブルーのパイピングが映えることから、同じく明るいブルーのシャツやパンツを組み合わせればナポリ男な装いが完成します。

色バリその5 トレンドカラーのグリーン

6万5000円/ザッコ(ビームス 六本木ヒルズ)
最近ではビジネスにグリーンを使うのが新しい傾向。グレーやネイビーと相性のが良いのがその理由なんですが、白シャツにグレスラを合わせてネイビータイを合わせれば、そのままビジネススタイルとしても着こなせます。真緑ではなく杢調なところも着やすそうです。

色バリその6 カジュアルには目の覚める鮮やかブルー

6万5000円/ザッコ(ビームス 六本木ヒルズ)
白Tや白パンを合わせれば、まるで空に浮かぶ白い雲のように映えるスカイカラー。イタリア男が大好きな明るいブルーは、タイドアップすればビジネススタイルとしてもアクティブですし、カジュアルに着ても品の良さをアピールできる、案外使える色です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アルファPR 03-5413-3546
ジービーガファス 03-6427-6989
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281
ボリオリ東京店 03-6256-0297 
リエート 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL