• TOP
  • FASHION
  • 【新説】ベルトがモテる? 簡単でオシャレになる特効薬とは?

2019.03.08

【新説】ベルトがモテる? 簡単でオシャレになる特効薬とは?

装いの中心にあるベルトは自然と目がいくものであり、印象に残る仕掛けを凝らす絶好のポイント。で、活用したいのが、デコでアイコニックなベルトです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/静物・渡辺修身 スタイリング/四方章敬 文/竹石安宏

2019年4月号より
お手持ちのパンツも即いまどきな印象に早変わりする、5本のベルトをご紹介。デザインも多彩ゆえ、欲しいイメージに合わせて締め分けてくださいな。

■ Belt 1

ロゴバックルのナイロンベルト

装いにエッジが足りない、と感じる時ってありますよね。そんな時に締めたいのがコチラ。スマートなモードテイストを締めるだけで醸し、エッジィなスパイスに。カジュアルからキレイめまで使えますよ。
8万2000円/ディオール(クリスチャン ディオール)

◆ディオール

クールでメカニカルなデザインはさすが

キム・ジョーンズによるディオールでのデビュー、2019年春夏メンズコレクションで注目されたベルト。アリクスのマシュー・ウィリアムズが手がけたバックルがスタイリッシュ。ジェットコースターのシートベルトがモチーフであり、よく見ると、隠しロゴも凝らされています。

■ Belt 2

プンターレ付きのエキゾレザーベルト

イタリアオヤジがアクセントによく用いるのが、プンターレ(先端の飾り)が付いたエキゾベルト。ベルパンよろしく垂らせ、なおかつ抜群のアイキャッチ効果を発揮するんですね。さらにリッチなアクを装いに足せるのもポイントです。
27万7000円/ブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)

◆ブルネロ クチネリ

最高峰の素材を凝らした別格の存在感

最上質なミシシッピアリゲーターのなかでも、大判でキズのない革を厳選。接ぎのない一枚仕立てで完成させた極上品。バックルやプンターレには純度の高いスターリングシルバーを用い、繊細な模様を施すことでアイキャッチながらも上品な印象に仕上がっています。
PAGE 2

■ Belt 3

レインボーウェブ×レザーのベルト

アイコニックな色柄の大代表といっても過言でないレインボーカラーで目を引きつつ、上質レザーで大人な上品さもアピール。まさしくオヤジが腰元に欲しい要素を兼ね備えたベルトではないですか。
4万6000円/ロエベ(ロエベジャパン カスタマーサービス)

◆ロエベ

やんちゃに目を引きつつリッチに魅せる

クリエイティブ・ディレクター、ジョナサン・アンダーソンの子供時代の記憶がテーマである今年春夏のロエベ。レインボーのウェブベルトも子供のような遊び心を感じさせつつブランド自慢の上質カーフスキンでリッチさもアピール。アナグラムバックルも効いてます。

■ Belt 4

ネオンカラーのナイロンベルト

近年トレンドのネオンカラーは、とにかくアイキャッチ効果抜群。さらに旬の都会的なスポーティテイストを演出できるのがミソ。一発でインパクトを足しつつ、装いをアーバンスポーティに仕上げてくれますよ。
2万2000円/ディースクエアード(ディースクエアード 東京)

◆ディースクエアード

シンプルながらも強印象で使い勝手抜群

今季ブランドはミリタリーやスポーツウエアにフォーカス。で、ネオンオレンジの極太ナイロンベルトも、ブラックフィニッシュのメタルバックルで軍モノ風味の男らしさが漂います。いつものデニムも、コレ一本でガラリと印象が変わるはず。垂らせる長めの設定も◎。

Column 
ジローラモ別注も遊んだ腰元でした!

スーツにだって合う!?ジローラモ流デコな腰元

小誌1月号ジローラモ特集でご紹介した別注ベルト、覚えてますか?そういえばコレ、紛うかたなきアイコニックなベルトでした。スタッズとブラックのストーンを用い、ヴィンテージ加工を施すことでほどよいハードさを演出します。在庫わずかゆえ、お早めに!
ベルト1万8000円/クリオーゾ(買えるAdelaideclassifieds)、そのほかはスタイリスト私物

※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ 

買えるAdelaideclassifieds 
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
ディースクエアード 東京 03-3573-5731
ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300
ロエベジャパン カスタマーサービス 03-6215-6116

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL