• TOP
  • FASHION
  • 【新作】大人が選ぶべきバックパック6選。人気メゾンの注目作です

2019.03.08

【新作】大人が選ぶべきバックパック6選。人気メゾンの注目作です

スポーティな要素を日々の服装のなかに取り入れる。いまの時代のお洒落に欠かせないこのテクニックをバッグに応用しつつ、さらに大人っぽく仕上げるにはどうすればよいのか? 今回はその辺のコツをご紹介いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/持田慎司

ラグジュアリーなバックパックが最右翼

大人がスポーティなテイストをバッグで取り入れるためには、ブランドとカタチのチョイスが重要になってきます。と申しますのも、スポーティなアイテムは若々しさや軽やかさを演出しやすい反面、時に若づくりして見えたり、チープに映ったりしてしまうから。

そこで出番となるのが、ラグジュアリーブランドのバックパック。ひと目で上質さが分かる高級感がありながら、軽快感も十分。このサジ加減こそ、大人のスポーティなバッグ選びの基準、ですよ。

◆ ドルチェ&ガッバーナ 

人気シリーズにインパクト大の新色が登場

[W30×H43×D20㎝]14万3000円/ドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)
「ドルチェ&ガッバーナ」のなかでも高い人気を誇るロゴテープデザインシリーズの新作。新たにブラック、ゴールド、ホワイトのカラーリングを採用することで、よりインパクトのあるデザインに。

このロゴテープ部分は、プリントではなくナイロンのボディ上にブランドのロゴをあしらったテープを重ねることで、立体感を生み出しています。ところどころに用いたレザーパーツが、大胆な遊びゴコロのなかに潜むラグジュアリーなムードをさらに加速させます。
PAGE 2

◆ ディオール オム

キム・ジョーンズによるサドルバッグの新解釈

[W19×H27.5×D11.5㎝]25万円/ディオール(クリスチャン ディオール)
メゾンのアイコンであり、伝統的なクラフトマンシップのシンボルである「サドル」バッグに、メンズ アーティステック ディレクターのキム・ジョーンズが新解釈を加えたバックパック型。

デザイナーのマシュー・ウィリアムスとのコミッションワークによって、マスキュリンに生まれ変わったバッグル使いが目を引きます。素材に用いられたソフィオレザーと呼ばれる極上のスムースカーフによって、経年変化も楽しめます。

◆ サンローラン 

シンプルだからこそ、素材の良さが際立ちます

[W37.5×H40.2×D2㎝]12万5000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
「テディ」と名付けられたナップサック型。まさしく究極のシンプルを追求したかのような潔いデザインだけに、メタリックなブランドのロゴと、手に吸い付くようなラムスキンの上質な風合いが際立ちます。ちなみに実用面もしっかりと考慮されており、ラムスキン自体はしなやかながらデイリーユースに耐えうる耐久性を備え、内側にはスエードのポーチが付属しています。
PAGE 3

◆ ロエベ 

アイコンを小振りにしてさらに使いやすく

[W37×H40×D21㎝]23万5000円/ロエベ(ロエベ ジャパン カスタマーサービス)
ロエベを象徴するバッグのひとつ「ゴヤ バックパック」を小振りにし、通勤時にも活用できる絶妙なサイズ感に仕上げました。バックパックとしてはもちろん、トップハンドルによってショルダーバッグとしても使用可能。トーンの異なる3色のブラウンをクラシックカーフとソフトグレインカーフによって使い分けたり、コバの部分もハンドペイントで仕上げたりと、細部にまでこだわりが満載です。

◆ ボッテガ・ヴェネタ

トートとしても使える極上2WAY仕様です

[W38.5×H44.5cm]22万円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
ラグジュアリーカーの内装からインスパイアされたパーフォレーテッドレザーを、スムースレザーと組み合わせた本作。シンプルなデザインながら圧倒的な存在感を放つ出来栄えです。

トップ部分のハンドルによってトートバッグとしても活用できる2WAY仕様。レザーアイテムを得意とする「ボッテガ・ヴェネタ」ならではの、スポーティと洗練とを見事に同居させた秀作といえましょう。
PAGE 4

◆ エトロ 

ブルー基調ゆえパターンブロッキングでも使いやすい

[W27×H42×D17cm]12万3000円/エトロ ジャパン
ボタニカル柄とペイズリー柄が入り混じったプリントをベースに、さらに二種類のジオメトリック柄によるパターンブロッキングでフラップ型のバックパックを構築。

さまざまな柄を使用したデザインながら、ブルーを基調としたカラーリングによって爽やかさのなかに大人っぽさもしっかり滲ませます。随所に使用したメタルパーツも高級感の演出の一助に。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

イヴ・サンローラン 0570-016655
エトロ ジャパン 03-3406-2655
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966
ロエベジャパン カスタマーサービス 03-6215-6116

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL