2019.02.04

大人のミリタリーは黒! そのココロは?

ミリタリーアウターは男ゴコロが刺激されるものの、ちょっとクセが強すぎる? ならば、「黒」を選べばイイのです。武骨にして色気満点。黒ミリタリーでモテるこなしをモノにしてくださいませ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/押条良太(押条事務所)

定番ミリタリーアウターも、黒なら大人顔にガラッと様変わり

戦場で培われた機能美が本能を刺激するのでしょうか。男はいくつになってもミリタリーアウターに心惹かれる生き物。ただ、お洒落という観点でいうと、ド直球のカーキやオリーブはミリタリー色が強すぎてチョット……という御仁も少なくないでしょう。そう、そこで黒の出番。

オール黒になることで、機能美はそのままに、ミリタリーアウターのワイルドさが和らぎ、スタイリッシュかつ色気あふれるアウターへと昇華するのです。さらにコーデは全体の色数を抑えてすっきりまとめると、いっそうその洗練が際立ちます。

◆ タトラス 

進化系ミリタリーコートをモノトーンスタイルで

ライニングベスト付きモッズコート12万円/タトラス(タトラス ジャパン)、ニット4万4000円/ドルモア(バインド ピーアール)、スラックス3万7000円/PT01フォワード(PT ジャパン)、シューズ3万2000円/Amb(ハイブリッジ インターナショナル)
ミリタリーアウターの定番・モッズコートを、現代的にアレンジしたオールブラックのコート。都会的な細身のシルエットに加え、光沢とウォッシュ加工によるシワ感が特徴のイタリア製ファブリックがモードなイメージを醸し出します。

着脱できるダウンライナーが装備されているため、春、秋、冬と3シーズンの着用が可能です。コーデは白ニットを差し色に使いつつ、ダークトーンでシックにまとめます。
PAGE 2

◆ ディーゼル 

旬のビッグシルエットがソソる真っ黒モッズコート

モッズコート5万8000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
フードやフラップポケット、ウエストのドローコードなどベースはミリタリーなモッズコート。でも、オールブラックの配色やゆったりとしたビッグシルエット、背中にあしらわれたテープディテールで「ディーゼル」らしいモダンなヒネリを効かせています。マットな風合いと味のあるヤレ感が印象的な素材は、コットンをベースにポリエステルなどをミックスしたもの。

◆ アスペジ 

30年以上売れ続ける定番アウターはオール黒が気分

M65 フィールドジャケット7万9000円/アスペジ(アスペジ 六本木店)
1986年にデビューした「アスペジ」の代名詞というべきミリタリーアウター。ベースはアメリカ陸軍の傑作フィールドジャケット、M-65で、素材にはガーメントダイによってヴィンテージ風のヤレ感を演出した軽いポリエステル×ナイロンを使用。スタンド衿には着脱可能なフードが内蔵されています。デニムはもちろん、ジャケパンスタイルにもマッチする使える一着です。
PAGE 3

◆ ジョンエリオット 

名作フライトジャケットをモードにアレンジ

MA-1ジャケット5万9000円/ジョン エリオット(サザビーリーグ)
定番のMA-1ジャケットは、ココんちらしい洗練された細身シルエットが売り。モダンな印象を強めるシャイニーな素材は、はっ水加工が施された日本製のナイロンタフタです。

アームには、リリー社製のジップが使用されたポケットとペンスロットがデザインされ、中綿には軽量性と保温性に優れたハイテク人工羽毛のプリマロフトが使用されています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アスペジ 六本木店 03-5413-5699
‏サザビーリーグ 03-5412-1937
‏タトラス ジャパン 03-5708-5188
‏ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
‏ハイブリッジ インターナショナル 03-3486-8847
‏バインド ピーアール 03-6416-0441
‏PT ジャパン 03-5485-0058

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL