• TOP
  • EVENTS
  • アツ〜いディスコな夜が六本木に出現!? DISCO Adelaideclassifieds参加受付開始!

2018.05.23

アツ〜いディスコな夜が六本木に出現!? DISCO Adelaideclassifieds参加受付開始!

今年で第6回目となるDISCO Adelaideclassifiedsは、これまでとひと味違うビッグゲストをお招きして開催いたします。200組限定のイベントですのでぜひふるってご応募ください!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

イラスト/上杉忠弘 文/大石智子 協力/グランド ハイアット 東京

2018年7月号より

今年もDISCO Adelaideclassifiedsを開催します!

毎年、大盛況の「DISCO Adelaideclassifieds」が今年の夏もやってまいります! 6回目となる今回はグランドハイアット東京で開催! ゲストは3名の大御所DJに加え、なんと荻野目洋子さん!!をお招きします。煌びやかなネオンに照らされながら、胸が熱くなるメロディの数々が流れたら、フィーバーは必至。熱〜い夏のひとときをともに過ごしましょう!!

スペシャルゲスト 荻野目洋子さん

「DISCO Adelaideclassifiedsで歌えることを楽しみにしています♥ 遊び心溢れる読者の皆さん、一緒に
盛り上がりましょう‼︎」

Guest 01 DJ AKIRAさん

80年代から六本木を中心にディスコファンの心を掴んだレジェンド。ダンスクラシックス・コンピレーションCDの監修を数多く手がけ、ディスコイベントにも引っ張りだこ。

Guest 02 DJ OSSHYさん

80年代のディスコ・ムーブメントの立役者であり、近年の第三次ディスコブームを巻き起こした張本人。DJのほかテレビ、ラジオ、雑誌のレギュラー出演を多数もつ。

Guest 03 田中知之さん(FPM)

90年代からクラブカルチャーを牽引し、DJ、プロデューサーとして第一線で活躍。DJとしては全都道府県を制覇、海外でも約60都市にてプレイ。楽曲提供も含め活動は多岐にわたる。
イベント・応募詳細は以下をご確認ください。忘れられない夏の思い出を作るべく、ふるってご応募を!

◆ イベント・応募詳細

応募方法 にアクセスいただき、質問事項をご記入のうえ2名1組でお申し込みください。

一次募集 2万2000円(2名税込) 受付期間/5月24日(木)〜6月6日(水)

二次募集 2万5000円(2名税込) 受付期間/6月22日(金)〜7月2日(月)

日時 7月27日(金)19:00受付開始
19:20ディスコスタート、20:00頃スペシャルライブスタート ※受付と同時にドリンク、お食事スタート。 なくなり次第終了となります

場所 グランド ハイアット 東京3F グランド ボールルーム
住所 東京都港区六本木6-10-3
☎︎ 03-4333-1234(代表)

募集定員 200組400名(男性おふたり、女性おふたりもOK、もちろん男女カップルでもOK)

ドレスコード サムシングホワイト(例えば、男性は遊びのあるスーツスタイル、女性はグラマラスなワンピースなど、大人の遊び場にふさわしい服装に白を取り入れたり、小物としてプラス)
※当日は豪華賞品が当たる「ベスト ドレッサー アワード」を開催します。大人の遊び場にふさわしいセクシーディスコスタイルをテーマに、お洒落をしてご来場ください

イベント内容 80〜90年代から活躍する有名DJ起用によるディスコ。荻野目洋子さんによるスペシャルライブ。

主催 Adelaideclassifieds、Adelaideclassifieds.JP
協賛 ヴァシュロン・コンスタンタン、モエ・エ・シャンドン、フレッド
車両協力 メルセデス・ベンツ

協力 グレンモーレンジィ

NEXT PAGE2/ 2

そもそもDISCO Adelaideclassifiedsって?

大人だってまだまだ熱狂していいんです! 大人の社交場"DISCO Adelaideclassifieds"

いまから5年前の夏、DISCO Adelaideclassifiedsは新たな大人の社交場として幕を開けました。それは、大人が遊ぶ空間を作るとか、とびきりお洒落するための場所を作るとか、もちろんそんな目的がありました。が、ただそれだけならディスコ以外のパーティーでもよかったかもしれない。Adelaideclassifiedsがディスコにこだわるのは70年代後半からバブル時代にディスコを謳歌したオトコたちの“モテたい”という素直な野心にシンパシーを感じるから。

振り返ればその時代、オトコたちはいかにディスコで格好いいと思われるかに情熱を注いでいました。DCブランドの派手なジャケットで決め込んだり、陸の孤島だった麻布十番に最新の高級外車で乗りつけたり、「VIPルームで一緒に飲まない?」という甘い誘いを駆使する者もいました。さまざまなモテテクが交錯し、それらに向き合うように女性たちもとことん華やいでおりました。そういった男女が集まっていたわけですからディスコはそりゃもう熱気でムンムン! しかし……熱狂時代は終わりをつげ、次第にコンサバな世の中へと移り変わっていきました。大人になった皆さまには、いつしか豊富な経験と経済力が身についたと察します。安定した毎日かもしれませんが、もうちょっと、楽しく過ごしてみませんか?

そこでいま一度、呼び起こしてほしいのが前述のような“モテたい”という純粋な向上心。DISCO Adelaideclassifiedsへの参加でDISCO世代はもちろん、そうでない若い世代にも、その気持ちに火がつけば本望なのです。そんな気持ちから、当時のディスコをアップグレードさせ、遊び慣れた大人に見合う、ラグジュアリーかつソウルフルなハコを過去5回ご用意してきました。

そしてここから、DOSCO Adelaideclassifieds未経験という方のために過去のハイライトをおさらいいたしましょう。

Vol. 01 始まりはここから(2013)

第1回からDISCO Adelaideclassifiedsの舞台は「グランド ハイアット 東京」でした。ラグジュアリー×ディスコな空間は“こんな場所を待っていた!”と大好評で、キレッキレに踊る参加者が続出。さらに、ヒートアップする会場にサプライズゲストとして登場したのはシェリル・リン! 『In The Night』『Got to Be Real』といった往年の名曲を披露し、宴を盛り上げてくれました。

Vol. 02 宴は恒例行事に(2014)

初回の大盛況におこたえしようと即、第2回の開催を決定。㊙ゲストとして呼んだのは、伝説のソウルグループ「ザ・スタイリスティックス」!  クラシックディスコの名曲『Can't Give You Anything (But My Love)』が熱唱されると会場のテンションは最高潮に! Adelaideclassifiedsの夏、恒例行事へとなっていきました。

Vol. 03 大物ゲストが華を添える(2015)

もはや夏の風物詩と化したDISCO Adelaideclassifieds。海外の大物アーティストが再び登場するのが期待されるなか、現れたのは「クール・アンド・ザ・ギャング」のリードシンガーを務めたジェームス・JT・テイラーでした。80年代のヒットメドレーにカラダを揺らすと同時に、そのソウルフルな生歌に会場中が歓喜に包まれました。

Vol. 04 一体となる熱いステージ(2016)

全国でマハラジャが続々と復活を遂げ、ディスコブームの再燃がメディアでも話題となり、DISCO Adelaideclassifiedsも参加希望者がぐっと増えていきました。さらに、2016年はAdelaideclassifieds創刊15周年。そんな絶好調なこの年にスペシャルゲストとして舞台に立ったのは『ゴーストバスターズ』の主題歌でおなじみのレイ・パーカーJr! 舞台を降りて女性ゲストの手元にキスをするほどご機嫌で、そのムードが会場を賑わせました。また、シャンパン、バニーガールルーレットなど大人の遊び心をくすぐる演出も多数揃い、多くの男女を笑顔にしたのでした。

Vol. 05 世代を超えて(2017)

過去最高、800名以上が入り満員御礼となったのが昨年のパーティー。ジローラモが「ミス・ワールド2017」日本代表ファイナリストの美女3名と共に現れ、小誌編集長と乾杯の音頭をとった初っ端からボルテージは急上昇! そんなムードのなか元「アース・ウインド&ファイアー」のアル・マッケイのライブで会場全体が興奮状態に! DISCO Adelaideclassifiedsがディスコブーム再燃を牽引していることを確信できたのでした。

いかがでしたか。少しでもDISCO Adelaideclassifiedsの空気を感じていただけたでしょうか? 第6回となる本年はすでにおなじみとなったDISCO Adelaideclassifiedsが次なるステージへ。煌びやかなネオンに包まれながら心ゆさぶるメロディに身をまかせ、思いっきり心を解放してしまいましょう!

応募はから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事