• TOP
  • ELECTRONICS
  • ビジネスマン必見! デキる男は使っているデジタルツール4選

2019.07.08

ビジネスマン必見! デキる男は使っているデジタルツール4選

一昔前では考えられないほどの情報量が行き交い、技術も進歩し続ける現代。それでもデキる男たちはその波に乗り、使いこなしているものです。ここではライバルに差を付けるビジネスマン必見のデジタルツールをご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/石井 良

これは、令和を生きるビジネスマンの常識です。

初代iPhoneが登場してから早12年。日々急速に進化し続けるデジタルツールですが、特に近頃は何でもスマホと連携し、アナログなツールもデジタルの強みを得て、より機能的にアップデートしています。
 
ビジネス向けの市場においても、デジタルツールはどんどん普及しています。その一例が、ここでご紹介するアイテム。例えば、ノートに書き込んだ内容をさっとデータ化して保存&共有することができるメモ帳や、完全デジタルな電子ペーパーなど。
 
アナログなものが放つ格好良さがあるのはもちろん認めますが、反対にスマートな格好良さというのもあるもの。最新のツールを使いこなして、最先端のデキる男を気取ってみるのも、令和時代を生きるビジネスマンの嗜みと心得ておきましょう。
PAGE 2

◆ モレスキン

アナログな文字も絵も、全部デジタル化

ノート3500円、ペン2万3100円/モレスキン(モレスキン・ジャパン)
デキるビジネスマンに愛用者も多いモレスキンのノートとペンは、アナログとデジタルのいいとこ取り。一見すると普通のノートとペンに見えますが、この「ペン+」でペーパータブレットと呼ばれる専用のノートに書きこむと、内容がそのままデジタル化。手書きしたものがスマホの画面にも現れる体験は、まるで魔法のようです。
この通り、字のクセなども見事に再現できます。ちなみに、読み取ったデータはタグを付けたり、メールで送ったり、管理も共有も楽々です。
PAGE 3

◆ クアデルノ

無限のページ数と紙のような書き心地

WEBMART価格4万9800円 ※7月3日時点/クアデルノ(クアデルノ購入相談窓口)
「クアデルノ」は、文房具市場でも注目が高まっている電子ペーパーと呼ばれるガジェット。無地のメモ帳や罫線のあるノート、スケジューラーやPDFなど何でも表示でき、そこに専用のペンで自由に書き込めます。デジタルなので当然ページは無限。マットな質感で、書き心地も紙そのもの。この革命的なガジェットがあれば、紙はもう必要なくなるかもしれません。
デジタルで管理したいけど手書き派な人には持ってこいのガジェット。一般的なノート10万冊分の容量があり、A5サイズで251gと驚きの軽さも魅力です。
PAGE 4

◆ リコー

どこにでも直接印刷できる革命的な小型プリンター

実勢価格5万1700円(編集部調べ)/リコー(リコーお問い合わせ窓口)
手でスライドさせることで、様々な場所に印刷ができるハンディープリンター。アプリで入力したテキストのほか、画像やバーコードなども印刷可能で、アイデア次第で使い道が広がる汎用性の高さが話題です。例えばCDや段ボール、祝儀袋の宛名などに手軽にプリントができるため、従来の家庭用プリンターでは難しかったものにも活用できそうです。
印刷の仕方は、プリントしたいものに当てて水平にスライドさせるだけ。顔料インクをインクジェット方式で印刷するため、インクが染みる材質ならOKです。色はモノクロのみ。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

クアデルノ購入相談窓口 0120-959-242
モレスキン・ジャパン 03-5962-7603
リコーお問い合わせ窓口 0120-892-111

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL