2018.11.01

冬のふたりを近づけるのは、美食と炎!

朝夕の冷え込みが厳しくなってきた最近。しかし、寒さが本格化するこれからが、ふたりの仲を深める季節であるのはウレシい事実。今回は、そんな冬のデートにオススメしたい「炭火和食つかだ」にお邪魔しました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/清水香里(Adelaideclassifieds)

 朝夕の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。気温の低下とともに「寒いから歩きたくないな〜」なんてニキータの声が聞こえてくる季節になってきますが、今回はそんな冬のデートにもオススメな「炭火和食つかだ」をご紹介します。
 こちら、店のキモは炭火。店内に入ってすぐ中央に構える炭火が、外の寒さを吹き消すくらい暖かく迎えてくれます。なんといっても、素材によって火を使いわけるこだわりようで(藁焼き、原始焼き、炭火焼きの3種類)お料理にも期待が湧きます……!

■ 生雲丹の大トロ巻き

大トロ巻きの上にのった岩手県産の雲丹(季節によって産地は変わるそう)は、大トロに合わせても雲丹の風味がしっかり残り、美味〜
PAGE 2

■ 藁で焼いた最上鴨のたたき

くせがなく甘い脂身が特徴の「最上鴨」は、真鴨とアヒルを掛け合わせた完全オリジナルの合鴨!藁焼きで焼いた鴨は、ふっくらしながらも芳ばしい香りが広がります。塩→胡椒→山椒バルサミコソースの順につけて頂きます。

■ きんきの干物原始焼き

干物を旨味と脂身を閉じ込めるため、原始焼きで焼き上げたきんきの干物。干物ってこんなにジューシーだったけ!?とウレシい驚き。
PAGE 3

■ 酒肴三点盛り(と雅山流)

この日の酒肴三点は、あん肝ポン酢・子持ち昆布・マダコ柔らか煮。

 いくつかお料理をピックアップしましたが、お料理に合わせた日本酒のペアリングも魅力でして、なかでもご紹介したいのは「満寿泉 TORON」。刺身の盛り合わせとの相性を追求したここでしか味わえない完全オリジナルの日本酒で、すっきりとした味わいがお料理に華を添えます。

 その時々に合わせて国内外から仕入れるという食材は、ペアリングの日本酒とも相性◎。清潔な店内はデートで女性をエスコートするにもぴったりですし、なんといっても揺らめく火は、リラックス効果をもたらすそう。(食事の後は、炎で温まった頬をなでる風に「寒いね!」なんて言って、くっつくことも出来ちゃうのは、ここだけの秘密です……❤)

ぜひ、これからの冬デートにお試しあれ〜

■ 炭火和食つかだ

住所/
定休日/日曜日
営業/17:00〜23:00(L.O. 炭火料理 21:30、その他 22:00)
TEL/050-5257-4485
URL/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

Cialis 60 mg en ligne

акумулятори

аккумулятор купить харьков